今年もやっぱり筍

しばらく前の事で恐縮ですが、今年初めての筍についてです。
DSCF5268_convert_20180406022039.jpg
タラノメと一緒に買ってきました。
DSCF5269_convert_20180406022056.jpg
買ってきたらすぐに、米糠と鷹の爪で灰汁抜きをします。それから皮を剥いて水に一晩浸しておきます。
DSCF5284_convert_20180406022142.jpg
人参や干し椎茸と一緒に炊き込みご飯にします。
DSCF5287_convert_20180406022157.jpg
ありきたりですが、やっぱり美味いですね。
DSCF5286_convert_20180406022128.jpg
鯛の粗と一緒に煮てみました。鯛の旨みを吸った筍もまた美味です。

今年初めてのタラノメの天ぷら

ヒメを買った時に、というかこちらの方が主な目的だったのですが、タラノメを買ってきました。
DSCF5270_convert_20180401163228.jpg
一番太くて立派な物を買いました。
DSCF5271_convert_20180401163244.jpg
その分、値段はちょっと高めです。
DSCF5272_convert_20180401163305.jpg
タラノメは袴を取り、木の部分を削り取ります。
DSCF5276_convert_20180401163347.jpg
打ち粉をする前に、緩い衣に浸して粉を落ちにくくします。
DSCF5277_convert_20180401163406.jpg
油の温度は170℃ほどで、一分も揚げれば十分です。
DSCF5278_convert_20180401163418.jpg
今回は衣に卵黄を使ったので、ちょっとぼってりした仕上がりになりました。どうも私は、衣に卵を使うのが苦手ですね。

ヒメ

市内にある、少し離れたJA産直所に行ってみました。筍やタラノメがないかと思ったからです。予想通り、筍もタラノメもあったので買ってきましたが、値段が高いのには閉口しました。
DSCF5273_convert_20180330024931.jpg
タラノメを天ぷらにしようと思っていたので、他に種になるものを探していたところ、ヒメが売られていました。
DSCF5274_convert_20180330024947.jpg
唐揚げ用と書かれていますから、天ぷらにもなるでしょう。以前一色で買って来たことがありましたが、地元以外では消費されることがあるとは思いませんでした。
DSCF5275_convert_20180330025004.jpg
というのも、身に水分と小骨が多くて、卸しにくい魚だからです。まあ、干物にするくらいでしょうか。一応三枚に卸しました。
DSCF5279_convert_20180330025022.jpg
天ぷらもしばらくやっていません。
DSCF5281_convert_20180330025036.jpg
値段の割には、まあまあといったところでしょうか。

お知らせ
水曜日は週の中でも忙しくて、毎回ブログの更新をするのが大変です。その為、四月からブログの更新は月曜日と金曜日になります。宜しくお願い致します<(_ _)>。

柿の葉寿司

近くにあるショッピングセンターで、また駅弁大会がありました。
DSCF5264_convert_20180328031133.jpg
今回買って来たのは、柿の葉寿司です。
DSCF5265_convert_20180328031148.jpg
柿の葉寿司は、奈良県の郷土料理のようですね。
DSCF5266_convert_20180328031203.jpg
こんな感じで、柿の葉に包まれています。
DSCF5267_convert_20180328031219.jpg
中身は酢で〆た鯖とサーモンです。まあ両方とも、輸入物でしょう。素材を国産で賄うというのは、今の時代では難しいようです。そうそう、味はまあまあでした。

今年初めてです

この前ホシガレイを買った時に、一匹だけトラフグがあったのでこれも買ってきました。今年になって、ここまでトラフグとは縁がありませんでした。
DSCF5249_convert_20180325161322.jpg
一キロ弱といったところでしょうか。トラフグは時々捌いておかないと、免許があっても手順を間違えてしまいます(笑)。
DSCF5261_convert_20180325161344.jpg
てっさに皮を添えていますが、これは表面の棘を漉き取る包丁技が必要です。
DSCF5263_convert_20180325161359.jpg
それからてっちりです。そろそろフグも産卵期になって、味がガタッと落ちてしまいます。四月半ばぐらいまででしょうか。