壬生菜と豚肉の鍋

デンパークに隣接しているJA産直所で、珍しく壬生菜を見つけました。
DSCF9317_convert_20141024190658.jpg
壬生菜は伝統的な京野菜で、壬生、現在の京都市中京区で作られていたのでこの名がついたとされています。壬生というのはかつては湿地帯だったそうで、あの新撰組が屯所をおいていたことでも知られています。現在では住宅地になって畑も無くなり、壬生菜自体も京都近郊で栽培されているようです。
DSCF9322_convert_20141024190737.jpg
壬生菜に似た野菜に水菜がありますが、葉の先端がギザギザになっていません。壬生菜を「京菜」として呼ばれる場合もあるようです。ただ壬生菜を使う地域はやはり京阪神に限定されるでしょうね。
DSCF9320_convert_20141024190757.jpg
壬生菜は漬物に使われる場合が多いのですが、今回は鍋物に使います。具となるのは豚肉が一番相性が良いように思います。この豚肉ですが、市内にあるスーパーの一件がリニューアルしたので、その特売で買ってきました。円安の影響で飼料が高くなったためか、豚肉も高騰しているのでこの値段は有難いところです。
DSCF9323_convert_20141024190818.jpg
壬生菜はあまりに過ぎないようにして食べるのが良いでしょう。ほうれん草と違って、独特の辛みがあり鍋物にも向いているのは間違いないところです。
DSCF9321_convert_20141024190838.jpg
これはオマケ。金ちゃんヌードルの徳島製粉の製品は、この地方でも売っています。関東には進出していないようですが…。これは新製品のようですが、みそ煮込みうどんとは明記されていないところが地元の寿がきやなどと違って、関西系の企業だと感じさせます。
スポンサーサイト
コメント

No title

野菜も肉も高くなってしまいました
g78円は数年前までは普通だったけど
今ではこの値段だったらすぐ買ってしまいます。
壬生菜はこちらではほとんど見ない野菜です
園芸のカタログではよく見かけます。

読めない(^0^;)

おはようございます。

水菜?かと思ったら、壬生菜!?
しかも読めない。ググってやっと、「みぶな」と読むことが分かりました(^0^;)
パッとみは水菜と煮ていますよね。
漬物に使われることが多いとのことですが、
やはり一度も食べたことがないかも。

近所の丸井には八百一という京野菜を売っている店があるので、今度注意してみてみますね。

No title

 おはようございます。
 壬生菜。見た目は小松菜やほうれん草に似ていますが、京野菜なのですね、初めて知りました。^^
 漬け物に使われることが多いとのこと、ググってみましたら、やはり小松菜やほうれん草と同様に耐寒性が強い野菜らしく、寒くなるこれからの時季、緑の菜っ葉として漬け物や鍋に活躍する野菜のようですね。 今回もお鍋によく似合う緑色で美味しそうです。^^ こちらでは出回っていない野菜なので一度食べてみたいです。

No title

このうどんは、この辺りでは見かけません。

天ぷら、きつね、カレーうどんが主流です。

徳島製粉も地域によって出荷するものを変えているのでしょうかねぇ?


それにしても肉類も高くなりました。

鶏肉も高くなった感が否めません。

円安で輸入肥料等が値上がりしている事が大きいのでしょう。

円安のメリット、全く感じられません。
(もともと無いのかも分かりませんが)

No title

仙台から、おはようございます。
 あ~、冬のお料理ですねぇ。
 壬生菜は懐かしいです。壬生菜の漬物は良く食べました。仙台では、生の壬生菜を見ることはほとんどありません。漬物の方はデパートに並ぶことが有りますが。
 仙台のスーパーに、時折「京菜」という表示のものが並ぶのですが、よく見ると、葉に切れ目の入った「みずな」です。ま、みずなも「京菜」と呼ぶことがありますので、間違いではないのですが・・・

No title

せいパパさんおはようございます。
消費増税後、いろんな物の値段が揚がりましたが、ここにきて円安の影響なのか、一段と食料品が値上がりしているような気がします。以前は特売品だった肉類も値上がりした所為か、やらなくなってしまったのが痛いです。
壬生菜は関東ではウケないでしょうね。小松菜がありますから。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
みぶなと読むのが当たり前だと思い込んでいました。壬生は新撰組ゆかりの地で、それでご存知の方も多いと思ったのですが…。
よく水菜と間違える人がいます。水菜は全国で栽培されているでしょうが、壬生菜は生産地が限られています。京野菜専門店ならあるような気がします。高い物ではありませんので、買ってみても良いかと思います。

No title

kouさんおはようございます。
壬生菜はほうれん草や小松菜とは違って、独特の辛みがあります。似てはいますが、お浸しとかにはどうも向かないようです。やはり漬物にしたり、鍋物に入れたりというのが良いようです。
鍋に入れる場合、今回のように豚肉や、鯨なんかが良いですが、鯨を入れるのは難しいでしょうね。

No title

MONTAさんおはようございます。
これは愛媛では売っていませんか。TVCMも流れているので、京阪神や四国でも売っているのかと思っていました。味噌煮込みうどんとはちょっと違うのかな?肉は味噌煮込みうどんならかしわ肉ですが、これは牛肉のようですから。
ただでさえ消費増税で大変なのに、円安がこれ以上進んだら…。一体どうなることやら。

No title

あきあかねさんおはようございます。
京都におられたあきあかねさんなら、壬生菜をご存知だと思っていました。以前市民農園を借りていた時、聖護院大根と共に、壬生菜を植えて食べていましたね。炒め物には向かないのですが、鍋に入れたり、糠に漬けこんで漬物にして使っていました。それほど美味いという野菜ではないのですが、たまに食べたくなりますね。

No title

しまった・・・

仕事を諦めて みなさんのブログを
一回りして  トリで こちらに オジャマしたら・・・

空腹に  毒だ_| ̄|〇

   帰ろうっと・・

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
以前ポン酢で鍋物というのはあまり経験ないということでしたが、壬生菜の場合はやはりポン酢が合いますね。昨日はポン酢ではなく、味噌と頂いた胡桃を使って鍋にしました。詳細については月曜日に書きますので、宜しければまたお付き合い下さい。

No title

へるぞうさん、こんにちは。

壬生菜、見かけないです…。
が、豚肉!「えっっ∑(゚Д゚)?!」と
画像をアップにしてしまいました。
お安いっっ!近くに住みたいです。

ただ今、空腹な私にとって、
高忠さん同様、空腹に毒…(>_<)
なくらい、今日も美味しそうな
記事でした。

No title

杏さんこんにちは。
勝手な推測ですが、杏さんは何となく歴女なのかな?という感じがするのですが…。新撰組の屯所があったのが京都の壬生ですから、彼らを「壬生の狼」なんて呼ばれていたようです。漬物でお馴染みの京野菜といえそうです。
これは近所のスーパーの市内の系列店がリニューアルオープンしたので、特売で買ってきた物です。以前はこの値段で買うことが出来ましたが、円安の影響なのか、滅多に買えなくなってしまいました。

No title

こんにちは。
壬生菜の漬物は、シャキシャキ感が好きで
時折買いますが、生の壬生菜は見掛けません
ねぇ。お漬物の食感は、水菜に似ているなと
思いますが、葉の容量が多いですね。

杏さんのおっしゃるように豚肉が安い。
お安いだけでなく脂身が少なくて綺麗。
こちらでも豚モモ、コマ切れなど、
セールでもグラム98円くらいですよ。

No title

へるぞうさん、おはようございます。

歴女∑(゚Д゚)!!
知的なイメージでありがたい
のですが、残念ながら歴女では
ないです(^ ^;)ゞ
しかし深くハマり込む性格なので、
歴女になれたら、手がつけられなく
なりそうで…怖いですが、
今のところ豚肉g/78円に猛烈に
食いついている私なので、
心配は無さそうです。

No title

casa blancaさんおはようございます。
壬生菜はシャキシャキした歯ざわりが身上ですね。それは鍋に入れてもあまり変わらないので、我が家では鍋物に使うことが多いのです。
豚肉は本当に高くなってしまいました。この値段で買えるのは、今から二年ほど前じゃなかったかと思います。円安で輸入穀物が高騰しているのが大きいのかと。困ったものです。

No title

杏さんおはようございます。
歴女ではありませんか。それは失礼しました。ブログを拝見する限り、ほのかにペーソスが利いていて、知的なイメージを受けるものですから…。
いつも肉類は国産にこだわっています。アメリカ産ならもっと安価ですが、成長ホルモンを使うということで滅多に買うことはありません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する