志太泉 純米酒

今年になって最初の日本酒紹介になります。今回は静岡県藤枝市にある、志太泉酒造の純米酒です。
DSCF5151_convert_20180128073052.jpg
最近特に思うのですが、地元愛知の酒よりも、静岡の酒の方が私には合っているようです。愛知の酒は概して味が濃くて、ちょっとしつこいかな?という感じが(^^ゞ。それに比べると静岡の酒はすっきりしていて、魚介類との相性も抜群です。特に酸味があまり出ていないのが良いですね。最近の傾向としてあえて酸を抑えない日本酒が増えましたが、どうも日本酒とワインをごちゃ混ぜにしているようで、個人的には感心しませんね。
DSCF5149_convert_20180128072609.jpg
静岡の酒といえば磯自慢がすぐに思い浮かびますが、最近特に入手が困難になっていることと、一本¥100,000もするような酒を売り出すなどますます高級志向になってきていることで、別の酒蔵の良い酒を選んだ方が良いと思うようになりました。ということで、最近とみに評価が上がっている志太泉に白羽の矢を立てたわけです。ラベルにも「進化する酒」とあるように、能登流の西原光志杜氏になってから、更なる進化を続けているようです。
DSCF5150_convert_20180128072624.jpg
酵母は静岡酵母として有名なHD-1ではなく、NEW-5を使用しています(純米大吟醸にはHD-1を使用)。HD-1に比べると扱いやすいのが利点だとか。穏やかで酸の少ない味わいになっているので、飲み飽きるということがありません。
スポンサーサイト
コメント

No title

この辺りの酒蔵では、ここまでの表示はしてないですねぇ。

自信の表れなのでしょうか。

美味しそうなお酒で飲んでみたいです。

No title

日常、安いお酒しか飲んでないので、いつまで
たっても、へるぞうさんのように高級なお酒の
比較ができません。どうも味音痴のような気も
するし、私にはワンカップが似合ってます(笑)

No title

MONTAさんおはようございます。
表示もそうなのですが、精米歩合が60%ですから、本来なら純米吟醸を名乗ることが出来るのですが、あえて純米に留めていることからも、かなりの自信が伺えますね。そちらで取り扱いがある酒店があれば良いのですが。

No title

もりさんおはようございます。
普段は私もパックに入っている酒とか、安い焼酎ばかり飲んでいます(笑)。たまにはちょっと良い酒でも…という時ぐらいですね。飲み比べをするのであれば、日本酒が豊富な居酒屋に行くのが一番でしょう。そうするうちに、自分の好みの酒が分かるようになりますよ。

No title

下戸にはよくわからないのですが、ワインのように舌の上で転がしてみるだけで、味の違い、良さがすぐわかるんですね。

No title

こんにちは
ラベルの字が綺麗で味がありますね
父はビールにウイスキーに日本酒と大好き
でしたが、ほのかな香りがする日本酒は
今でもこういうのを見るとこちらまで
優しい香りが~

No title

nibari1498さんおはようございます。
試飲会だと、たくさんの酒を唎く必要があるので、それをすることがありますが、普段はやりません。大体一口味わって、飲み込むだけですね。それで酒の質は大体分かりますから。

No title

ムームーさんおはようございます。
こういった酒のラベルですが、小さな酒蔵だと自前で書いているという所もあります。愛知を代表する酒である「義侠」は、蔵元の奥様が筆で書いている物を使っているそうです。私も何枚かラベルを集めましたが、確かに達筆でした。

磯自慢、そんなに入手困難になっている
んですね。正月用の酒、もっと味わって
おけば良かった。気が付いたら無くなっ
てました。

愛知はこってり味というイメージがある
んですが、だから酒な味も濃いものが
好まれる、合うんですかね。

進化する酒、気になるなぁ。旦那に伝え
なきゃ!!

No title

casa blancaさんおはようございます。
磯自慢はあまりに高級志向になりすぎて、普通に味わえる酒ではなくなってしまいましたね。なので、この志太泉をこれから贔屓にしようかと思っています。磯自慢を買った静岡の酒屋でも扱っていますから、一度お試しあれ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する