アラ

一色漁港で他の店を冷かしていると、高橋カンパニーでアラを見つけました。
DSCF9305_convert_20141024034052.jpg
地方によっては「オキスズキ」とも呼ばれるようです。最近では小さな物しか見なくなってしまったアラですが、以前は五、六キロほどの大物も揚がったことがありました。それはともかく、このアラは¥1,000の値段が付いていたので迷わず購入。帰ってから測ると30㎝ちょっとで500gを少し超える大きさ。キロ¥3,000を超えることもありますから、これなら安いものです。
DSCF9306_convert_20141024034110.jpg
ただこの日はサワラなどもあって、大忙し。捌くのが結構いい加減になってしまいました。
DSCF9318_convert_20141024034139.jpg
アラはアカムツのように、脂がギトギトするほど載っている魚ではありません。身に独特の旨みがあり、それが魚好きを唸らせるという感じなのです。つまりは通好みの魚と言えるでしょう。
DSCF9319_convert_20141024034157.jpg
ですからあまり濃い味付けではなく、塩と柑橘類を搾って刺身にするのがお勧めです。もう少し大きければ申し分ないのですが、やはり美味い魚です。
スポンサーサイト
コメント

驚いた表情がグー(^-^)g""

おはようございます。

やはり今日は刺身ですね
捌く魚が多くなると、やはりへるぞうさんでも
雑になってしまうのですね。

でも自分が一生懸命に捌いても、こんなに上手く捌けません(^0^;)

塩と柑橘類!!
いいかも。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
アラは結構深場に棲息しているので、海面に引き上げられる際に胃袋を吐き出したりすることがあります。大抵こういう姿になっているのは、そういったことが原因でしょうね。
いくらなんでも中骨に肉を残してしまうとは…これでは売り物になりません(涙)。

No title

そういえば
今 塩な歯磨き粉 を モニター中で

ちょっと あらためて 塩に
目覚めているんですねえ。

って 今日も 朝から 飲みたくなるねえ…
ヽ(^。^)ノ

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
刺身の場合、醤油に山葵がつきものですが、必ずしもこれにこだわる必要はないように思います。天ぷらでもつゆではなく塩だけという場合もありますね。かえって身の味がよく分かるような気がするのでは?ただ全部の魚ではなく、やはり白身魚が一番良いでしょうね。

No title

仙台から、おはようございます。
 はい、私も板前さんから進められてヒラメの刺身をスダチと塩で食べた事もあります。魚の風味と旨みがよく判っておいしかったです。
 ところで、アラって寄せ鍋の具材に良く入っている、あの魚なのでしょうか?私が見るときにはすでに卸されてしまった後なので・・・

No title

おはようございます。
タイトルを見て、そう言えば、最近アラ煮を
してないなと思って読んだら、
アラら、アラという魚のことだったのですね。(^。^;)

スダチと塩、そういう食べ方があるんですね。

茅ヶ崎の知人を訪ねた時に、お寿司屋さんへ
連れて行ってもらって、鰻の白焼きにわさびを
乗せて食べた時も感激でしたが、こちらでは、
知らないことが多いので、勉強になります。

No title

あきあかねさんこんにちは。
鍋に入れるアラは「クエ」のことです。九州ではクエのみならず大型のハタを「アラ」と呼ぶようです。これは正真正銘の「アラ」ですから違うことになりますね。
主に塩と柑橘類だけで食べさせる寿司屋が、名古屋にあるようです。塩にこだわって世界中から取り寄せているようですが、そこまでする意味はないように思います。

No title

casa blancaさんこんにちは。
あきあかねさんのコメントに書いたように、クエとは別の種類の魚です。ただハタ科の魚に分類されていますから、近い種族なのでしょう。
私のような飲ん兵衛だと、鰻は白焼きにして酒を一献という方が好きだったりします。その場合は生姜醤油か、山葵醤油で食べます。両方食べましたが、私なら生姜の方が好きですね。

No title

クエなどと同じ仲間でしょうか。

形が何となく似ているような気がします。

美味しそうな刺身です。

醤油より塩等の方が良いのですねぇ。

No title

MONTAさんこんばんわ。
一応はクエと同じハタ科に分類されているようです。ただこれ自体が最近になって変更されたようなので、分類するのが難しい感じです。
この魚は身の持ちが良く、野締めでも二日ぐらいは十分刺身で賞味出来ます。意外と歩留りが良くないので、大きければ鍋も良さそうです。いずれにせよ、あまり濃い味付けは味を損なうので注意が必要です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する