サワラの魚すき

十月になって、サワラの水揚げが多くなりました。値段も安いので料理屋も大喜びといった感じでしょうか。
DSCF9301_convert_20141023015642.jpg
前回書いたサゴシはサワラの若魚ですが、これはちゃんとした成魚のサワラです。
DSCF9300_convert_20141023015701.jpg
サワラは乱暴に扱うと身が割れたり崩れたりするので、こんな感じで持ってきました。
DSCF9304_convert_20141023015722.jpg
身割れしないように、丁寧に卸します。
DSCF9314_convert_20141023015743.jpg
スーパーで売っているサゴシでは鮮度的にも刺身では食べられませんが、これはその日のうちに水揚げされた物なので、刺身で十分賞味できます。ただし、今回は刺身ではなく魚すきにしてみました。刺身よりも厚めに削ぎ切りにします。
DSCF9315_convert_20141023015759.jpg
野菜はありあわせの物で十分です。牛蒡があったのでささがきにして使います。
DSCF9316_convert_20141023015818.jpg
鍋に昆布出汁を張って、砂糖、醤油、酒、みりんで割り下を作ります。そこに野菜とサワラの切り身を入れて、そのまま食べます。砂糖醤油の味がサワラとよく合って、刺身よりもこちらの方が気に入っています。
スポンサーサイト
コメント

No title

へるぞうさん、
おはようございます。

サゴシ、サワラのお刺身も
いただいたことが無いのですが、
魚すきは更に想像外のお料理
でした。
すきやきの魚版、でしょうか。
サワラといえば、味噌焼きに
直結する私です。
うっかり連発で、焦がさずに焼けた
ことがまだありませんが(-。-;
味噌焼きの焦げと、ししゃもの破裂
を避けるのは私にとって難関です。

刺身で食べられるのに(>_<)

おはようございます。

刺身で食べられるのに…。
なんかもったいない。と思うのは僕だけかな?

刺身でいただいたことがないからでしょうね。
大きくぶつ切りにしてあるので、食べ応えがありそうですね。
漁師料理って感じかなぁ

No title

 おはようございます。
 以前の記事でサワラが身割れしやすい魚だということを知りました。今回、どんな料理になるのかと思っていましたが、お鍋でしたね。^^ 近頃めっきり寒くなってきましたし、牛蒡の入ったお鍋、いいですねぇ 美味しそうです。^^

No title

杏さんおはようございます。
魚すきとは、ご想像の通り魚のすき焼きです。ただ魚を焼くというよりも、割り下を作って煮て食べるといった感じなので、関東風のすき焼きに近いと思います。
味噌漬けは味噌の性質上、どうしても焦げやすくなるのは仕方ないところです。味噌につける際、晒を使って味噌に切り身を直接触れさせないようにするぐらいでしょうか。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
そう思うのも不思議ではありません。サワラの刺身は滅多に食べられるものではありませんから。ただサワラは本来加熱して食べたほうがうまいように思っているので、魚すきにすることに何ら抵抗はありません。
魚すきは漁師料理というよりも、大阪で好まれている郷土料理という感じです。もっとも、漁師もこうやって食べるかも知れませんね。

No title

kouさんおはようございます。
サワラはプロでも卸すのが難しい魚だと云われています。私も正直、この魚を扱う時は気が重くなります。勿論卸すこと自体は出来るのですが、未割れさせずに骨に身を付けないというのは、なかなか簡単な事ではないからです。
魚すきに牛蒡はどうだろうと思いましたが、結構合いますね。鱧を使った柳川鍋でも使われるので、サワラでやってみたわけです。

No title

いやあ どうして 毎朝毎朝

おいしい おかずが 画面の向こうに・・・

( ̄ー ̄) 匂いも 感じられたら
白飯だけで いけるかもなあ・・・

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
基本的にブログを書いているのは、明け方三時近くということが多いですね。勿論、漁港へ行っている時は前日の昼に書いて、予約して朝の四時半にUPしています。
というわけで、記事をUPするのは早朝ということなので、こればかりはどうしようもありませんね。それでも、毎日ほぼ料理の記事になっているので、ネタ探しには結構苦労しています。

No title

仙台から、おはようございます。
 それにしても、綺麗な魚体ですね。

 サワラの魚すきは、いいなあ。
 私は、サワラは刺身ではめったに食べたことがありません。普通は、焼き物か、このような鍋物ですね。この魚は、火が入ると旨みが増すように思えます。

 以前、テレビの旅番組か何かで、サワラの尻尾を持ってぶら下げて、テレビカメラに見せている魚屋の店員がいました。私は、テレビの前で「あっ、あっ、なにすんだ!」と思わず叫んでしまいました。いくらイキが良いサワラでも、これはいけません。

No title

あきあかねさんこんにちは。
普通サワラは頭から網に突っ込んだ跡が残るのですが、火曜日に水揚げされた物には全くありませんでした。どうやら一色の漁師が獲ってきた物だとか。普段見かけるサワラは伊勢湾、特に中部国際空港付近で獲れるそうです。
サワラはよほど鮮度が良くなければ刺身になりません。あとは扱い方次第でしょうね。ご存知でしょうが、尻尾は持っても吊り下げるのは厳禁で、頭の付近も同時に持つ必要があります。

No title

鰆は身が柔らかいので、捌くには注意が必要ですねぇ。

鰆と野菜の鍋ですか。

これは新しい食べ方のように感じます。

美味しそうです。

No title

サワラはあまり食べた記憶がないけど
どんなあじなんだろう?
美味しそうな鍋ですね。

No title

MONTAさんおはようございます。
このあたりではサワラが今一番獲れる時期に入っているようです。値段も格安なので、お金の少ない私にとっては有難いかぎりです。
捌くこと自体はある程度の人なら出来ますが、下手に捌くと身割れ、身崩れがしやすくプロでも簡単ではありません。
脂が結構載っているので、砂糖醤油の味にはよく合います。刺身ばかりだと飽きますから、時にはこういった料理法も良いと思います。

No title

せいパパさんおはようございます。
サワラの味は簡単に言えば、白身と青魚が合わさったといった感じでしょうか。鯖のような脂っこさや生臭みも少なく、それでいてさっぱりした食感もあるので、ちょっと独特ですね。このあたりでは刺身でも食べられるサワラが揚がるので、多少高くても料理屋は喜んで買っていきます。

No title

おはようございます。
刺身で頂けるくらい鮮度がよければ
勿体ない気はしますが、魚すき
いいですね。

結構大きいようですが、お刺身にはせず、
全部魚すきに使われたのでしょうか?

No title

casa blancaさんこんにちは。
魚編に春と書くサワラですが、このあたりだと秋が一番のような気がします。もう少しすると、もっと深場の方へ移動するらしいので、値段的にも食べるなら今を措いてないようです。
これで二キロちょっとでしょうか。最初の日は刺身にして、それからは魚すきです。実はもう少しだけ残っていますが、今日も鍋で片づけます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する