粕汁

この前、石狩鍋をした際に使った、酒粕が残っています。
DSCF4969_convert_20171107181830.jpg
これを使って何か料理をしようと思いました。となると、酒粕汁でしょうか。
DSCF4970_convert_20171107181847.jpg
里芋や人参は、あらかじめ下茹でしておきます。
DSCF4971_convert_20171107181904.jpg
やはり豚肉が合うようです。
DSCF4972_convert_20171107181921.jpg
ある程度灰汁を取ったら、酒粕を入れて煮込みます。
DSCF4973_convert_20171107181937.jpg
ということで、味は塩のみです。クリームシチューに見えませんか?
DSCF4974_convert_20171107181955.jpg
酒粕も入っているので、体が温まりますが、車の運転は出来ないので注意して下さい。
スポンサーサイト
コメント

No title

車の運転は出来ないほどだと
飲んべえにはたまらないのでしょう。
甘酒の味がするのでしょうか?

No title

せいパパさんおはようございます。
これぐらいだと飲酒運転にはならないと思うのですが、警察に捕まると酒気帯びに当たるかもしれないので、やはり食べた後は運転しない方が良いでしょうね。
甘酒の味はしませんね。味付けが塩だけだからでしょうか、意外とさっぱりしています。

粕汁…♪

おはようございます(^^♪

若い頃飲んでた母の作る甘酒は、
この酒粕を溶いたものでした。
最近ブーム(?)の甘酒は
麹から作るものですが…^^
粕汁は作ったことがありません…。
鍋が多くなるこれからは、目先が変わって
良いかもしれませんね…^^♪

No title

ふと思った・・・
粕汁。(*v.v)。食べたことないかも・・・
いいなぁ。

No title

cacocacoさんこんにちは。
最近は麹から作る甘酒が多くなって、酒粕が影に追いやられてしまっていますが、一時酒粕ブームの時には、スーパーの在庫がない状態が続きました。
これは普通酒の酒粕ですが、吟醸酒の酒粕はもっと柔らかくて板状ではありません。本来なら、そちらを使う方が良いのですが。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
この前作った石狩鍋は、味噌と酒粕を混ぜて使いましたが、今回は酒粕そのものの味にしてみようということで、塩だけの粕汁にしました。味噌を入れると、石狩鍋と違いがなくなってしまいそうですね(笑)。
酒粕には健康を増進させる力があると云われています。時々粕汁を飲んでいれば、体も温まり風邪にもかからなくなるかもしれません。

No title

昔「沢の鶴はいいお酒」なんてCMなかったですか。
お酒の製造元によって酒かすで作る味も変わってくるんでしょうか。
我が家では甘酒にして飲みます。料理に加えるのは面白いですね。

No title

こんにちは。
美味しそうですね、温まりますね、シチューに見えますわ、豚肉はいれたことはありませんが、食べたい~

こんばんは!

粕汁!
これもいいですね (^_-)

そうか~
運転できないか! ^^;


No title

これを食べたら、運転は出来ないのですね~。
アルコール度は相当高いのですね。
そういえば、小さなころ、父が鮭の粕汁が、大好きだったので、母がよく作っていました。
私はどうしても食べられずにいました。(^▽^;)
体が温まるんですよね~。
そういえば、シチューに見えますね。

へるぞうさん、おはようございます。

下戸なので、酒粕自体を避けて
おり、粕汁は食べたことが
ありません。
これを出されたら、
例にもれず『シチュー♪』と
飛びつくであろう私(^^;)ゞ
いや…飛びつく前に、
やはりお酒が香るかな。

No title

nibari1498さんおはようございます。
大手メーカーの酒粕は板状になっていますが、小さな酒蔵のそれは、おからのような感じだと思って貰えれば良いかと。そちらの方が、酒粕としては美味いのは間違いありません。機械で搾っているか、そうでないかということもありますね。
沢の鶴は灘の大手メーカーですから、昔からTVCMを流していましたね。今はあまり見かけません。

No title

ムームーさんおはようございます。
知らない人が見たら、まずクリームシチューと見間違えると思います。でも牛乳を入れていませんから、味は全然違う物になっています。
豚肉の代わりに、鮭やかしわを入れても良いでしょうね。ただし鮭を入れたら、石狩鍋との区別がつかなくなるような気がします(笑)。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
甘酒や石狩鍋をするために、酒粕を買っても使わなくて駄目にしてしまうことが何度かありました。ですから今回は酒粕をメインの素材として、使い切ってしまう料理として粕汁を思いついたわけです。
酒粕はアルコール分が清酒とそれほど違うわけではありませんから、風船を膨らませたら引っかかるでしょう(笑)。

No title

お啓さんおはようございます。
子供にとって、酒粕の味というのはなかなか受け入れにくいように思います。ですから、その反応はある意味当然と云えそうです。ある程度、体の中に酒に対する抗体が出来ないと難しいですね(笑)。
石狩鍋同様、鮭は酒粕と相性が良いですね。味噌を入れてしまうと、見分けがつかないでしょう(笑)。

No title

杏さんおはようございます。
下戸の人は匂いだけで酔っぱらってしまうかもしれませんね(笑)。ただし、酒粕は健康と美容には絶大の効果があると云われています。特に整腸作用ですね。以前TVで話題になった時には、スーパーの酒粕が常に在庫切れなんてことがありました。まあ今では、麹から作る甘酒なんかがありますから、アルコールに弱い方ならそちらを利用するのが無難かもしれません。でもあれで粕汁が出来るのかなぁ…。

No title

酒粕汁は初対面です。
我が家はシチューを時々作りますが、確かに
見た目はシチューに似てます。
また、豆乳鍋にも少し似てますね。

No title

もりさんおはようございます。
我が家は豆乳鍋はやったことがありません。一番多いのは、間違いなくちり鍋でしょう。魚の時もあれば、かしわや豚を使うこともあります。まあ、時々このようにちり鍋以外の鍋にして、マンネリ化を防ぐようにしています。ほぼ毎日鍋ですからね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する