うどんすき

今回はうどんすきです。
DSCF4961_convert_20171103010915.jpg
うどんすきとは、大阪堺の「美々卯」が発祥とされる料理で、薄味の出汁でうどんや具材を一緒に煮る鍋物のことです。「すき」とはありますが、すき焼きのように砂糖と醤油で味付けをするわけではありません。ということで、いつもの茹でたうどんではなく、生のうどんを用意しました。
DSCF4962_convert_20171103010931.jpg
野菜以外に入れる具材はこんなところでしょうか。生麩を入れるのがちょっと珍しいですね。出来れば生の湯葉があれば申し分ないのですが…。いずれにせよ、ちょっと贅沢な寄せ鍋といった感じでしょうか。
DSCF4963_convert_20171103010945.jpg
かしわのモモ肉は、例によって霜降りにしておきます。
DSCF4964_convert_20171103011008.jpg
出汁は鰹と昆布で丁寧に取ります。
DSCF4965_convert_20171103011023.jpg
味付けは塩と薄口醤油、煮切った酒とみりんです。
DSCF4966_convert_20171103011042.jpg
そこに霜降りにしたかしわを入れて、軽く湯がいて打ち粉を落としたうどんを入れて弱火で煮ます。
DSCF4967_convert_20171103011056.jpg
暫く煮たら、海老や三つ葉、それに生麩を入れて一煮立ちさせて出来上がりです。
DSCF4968_convert_20171103011110.jpg
卸した生姜や七味を薬味にして食べます。色んな素材から良い出汁が出て、かなり贅沢な感じですね。もっちりとした生麩の食感も癖になりそうです。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
わぁ~これだけ入ると豪華ですね。
いいお味が出ますね、満足しますねぇ。
上品なお鍋だなぁ~

No title

ムームーさんおはようございます。
関西で「美々卯」を知らない人はいないでしょうね。うどんすきは美々卯の登録商標になっているそうです。
このあたりでは、なかなか良い生湯葉が手に入りませんね。あるにはありますが、どうもイマイチの割に値段が高いので、入れるのを断念しました(涙)。

No title

豪華なうどんすきですね
自宅では出来ないけれど
食べにいった時の
ちょっぴりご褒美に食べたい鍋ですね。

No title

せいパパさんおはようございます。
多少材料費が掛かるだけで、家でも十分に作ることが出来ますよ。普通の寄せ鍋とそんなに違いはありませんから。
海老も一番安いバナメイを使いましたが、海老ではなく浅利でも美味い出汁が出ます。ただし三河湾でも浅利がなかなか採れなくなりました。

うどんすき・・・♪

おはようございます(^^♪

横浜時代、自宅からやや近い場所に
”うどんすき”の美味しいお店があり
家族や友人たちと何度か行ったことを
思い出しました・・・^^
そいいえば、鍋の〆にうどんを入れることはあっても
”うどんすき”は作ってないです。
これ、良いですねー♪

No title

なかなか上品でおいしそうな鍋焼きうどんですね。
もしかしたらみしぇらんの星が頂けそうな感じですが。

No title

cacocacoさんおはようございます。
うどんすきというと、よくすき焼きをやった後に〆としてうどんをいれることと間違われますが、薄味の出汁を使いうどんは最初から入って煮込まれるので、両社は全く違ったものですね。
肉だけでなく、魚介のエキスが出てくると、それだけでかなり複雑な味のハーモニーを奏でます。これを濾して、おでんの出汁にするのも良いですね。

No title

nibari1498さんおはようございます。
うどんすきと鍋焼きうどんを同視されているようですが、厳密には両社は違うものです。うどんすきは大鍋にうどんや他の素材を入れて煮込み、皆が小さな器に小分けして食べます。これに対して、鍋焼きうどんは小さな鍋に材料を入れて煮たら、そのまま食べますね。つまり一人分の材料しか入れないので、取り分けることがありません。中身自体は、それほど違いがあるわけではないのですが。

No title

「美々卯」のうどんすきは、結構有名ですね。
私も、一度食べた思い出があります・・確か食べたような。
こちらでも有名な店があります。
そこでは忘年会とか新年会とか、友人と、とかいろいろやりました。
生麩を入れるのが、独特ですね・・・きっと美味しいと思います。
こんどやってみます。(#^^#)

No title

お啓さんこんにちは。
うどんすきは美々卯が登録商標しているのですが、地方によって少しづつ違うようですね。地方の特産品を入れることによって、そこでしか食べられないうどんすきになるのもよいと思います。でも名古屋・うどんすき・レシピで検索すると、何やらすき焼きの残り汁にうどんを入れて煮込んだような物ばかりが登場します(笑)。名古屋流にアレンジすれば、どうしても甘辛の濃い味になってしまうようです。

No title

うどんすき
長年にわたって 何故 甘くないんだろうという
疑問を 解消してくださった今回でした!

なるほどなぁ・・・

って 鍋物って
原点から どんどんローカルに進化?して
その土地なりに オイシイ

これが いいんだよねぇ!
  σ(゚ー^*)

こんばんは!

いや~
美味しそう!
出汁から
するんですね
 
うちはもっぱら
元を買ってやってますね ^^;

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
普通「すき」というのはすき焼きが念頭にありますね。関西では、牛肉の代わりに鰆のような魚を使ったりすることがあります。このあたりなら、鶏肉を使うことも多いですね。その場合、牛肉以外の鍋物に「好き」をつけるようになったようです。魚の場合は「魚すき」、鶏の場合には「鶏すき」といった感じです。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
我が家では、市販の鍋つゆは使いませんね。わざわざ買ってまで使おうと思うような商品がありませんから。出汁はその都度引けば良いだけですし。ただし実際には、出汁を引くのが面倒という人が圧倒的に多いでしょうね。まあ、顆粒出汁は簡単ですが、美味くないし、鍋つゆは意外と高いので…。

No title

日本酒とともに、友人たちとワイワイ言いながら食べたい鍋ですねぇ。

基本がしっかりしているので、シンプルな具材で丁度良い印象です。

No title

渡辺亨さんこんにちは。
うどんすきの要はやっぱり出汁でしょうね。こればっかりは市販の顆粒出汁では駄目で、ちゃんと鰹節と昆布から出汁を引かなくては美味くありません。そこにかしわや魚介類、野菜などから出た出汁が調和して、実に豊かな味わいとなるのです。
日本酒に合うことは間違いありませんね。とはいえ、最近はウィスキーや焼酎のような蒸留酒ばかり飲んでいます。

No title

うどんすきと 鍋焼きうどん。両者の違いが イマイチわからなかったのですが、なるほどです。腑に落ちました(^O^)
わが家は去年から、鍋というと葛きり。ハマっておりますが(笑)
原点に戻って、うどんもいいですね♪

No title

キーブーさんおはようございます。
私が子供の頃は、鍋にマロニーを入れることがありましたね。正直、あの食感は好きではないので、似たような葛切りも多分やらないと思います。
大阪には「おじやうどん」がありますね。今度はこちらをやってみようかな?と思いますが、昨日一色漁港へ行って魚を仕入れてきたので、やるとしてもしばらく後になりそうです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する