ヒガンフグのちり鍋

先週土曜日一色漁港へ行きましたが、出漁した船が少なかったようで目ぼしい魚はありませんでした。
DSCF4859_convert_20170929024948.jpg
そこで買ってきたのがヒガンフグです。本当ならトラフグが欲しかったのですが、今年は去年よりも少ないようです。
DSCF4871_convert_20170929025005.jpg
ヒガンフグは皮と生殖腺が有毒部位なので、身だけにしました。
DSCF4872_convert_20170929025021.jpg
魚の鍋物の場合、必ず熱湯に浸して冷水に取る、いわゆる「霜降り」をする必要があります。
DSCF4873_convert_20170929025035.jpg
この一手間が、魚の生臭みを取り、旨みを凝縮させるのです。
DSCF4874_convert_20170929025050.jpg
白菜も出回り始めて、いよいよ鍋のシーズンですね。
スポンサーサイト
コメント

ふぐちり…♪

おはようございます(^^♪

鍋のシーズンのトップは
”ふぐちり”ですか…♪
なんと贅沢な…^^
我が家の食卓にはほとんど上がりませんよ(笑)
調理のひと手間、大切なんですよね。
前回の天ぷらをカラッと揚げる方法は…?
私は衣を作る時、冷水を使ってますが…^^

No title

cacocacoさんおはようございます。
本来ならトラフグなのでしょうが、如何せん仲買が買ってこないとこちらも買うことが出来ません。この日はヒガンフグでも、いつもより値段が高めでした。
天ぷらをカラリと揚げるコツですか。水だけでなく、小麦粉も冷蔵庫で冷やしてください。それから、水に炭酸水を混ぜて使うと、衣に気泡が出来てサクサクした仕上がりになります。一度お試し下さい。

おはようございます

うわ~
凄いですね (^.^)
こんな風に
自分で料理 いいですね (*^_^*)


No title

フグといえばこちらでは下関産。いわゆるふぐちりと刺身がよく知られています。最近はフグも少ないのか食べる機会が少ないです。

No title

おはようございます。
美味しそうですね。
出汁がきらきらしてあっさりのなか
美味しさが凝縮されていますね。

No title

さらっと 家庭で フグ

さすが 有段者!!

いや 違った 有資格者

   σ(゚ー^*)

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
このヒガンフグはトラフグと比べると、値段は随分と安価です。味そのものはトラフグとそれほど遜色ないのですから、ちり鍋にするならこれで十分ですね。流石にてっさにしようとするなら、これではちょっと物足りません。

No title

nibari1498さんこんにちは。
愛媛は下関に近いですからね。恐らくは漁場も瀬戸内なのでしょう。楽天市場で、愛媛の八幡浜のショップがフグを売りにしているようです。あのあたりのフグも下関に行くと、下関産のフグとして流通するのでしょうね。

No title

ムームーさんこんにちは。
鍋のシーズンになりましたが、やはりフグの鍋は別格です。魚は往々にして生臭みがあるのですが、フグはそれをほとんど感じさせません。とはいえ、やはりちり鍋にするのであれば、霜降りにして使うのが良いと思います。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
一応毒のないフグも、一色漁港で手に入れることが出来ます。以前はごく普通に売られていたのですが、今はどうなっているのか…。もちろん有毒のフグはそのまま渡してはもらえません。ちなみに、私は無毒のフグは買わないと思います。

No title

こんばんわ、このフグは初めて拝見しますが
これから鍋物が美味しくなる

季節、我が家でも実践してみますね~
知りませんでした。霜降りにしたら
臭みが消えるとは!

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
魚を鍋の具材にする場合、生臭みを抑えることが重要になります。熱湯に暫く浸して、冷水に漬けておくと、生臭みをかなり抑えることが出来ます。ただしこれをしたから消えてしまうということはありません。あくまでも気にならない程度になるということなのです。
フグの場合はしなくてもさほど気になりませんが、鱈なんかは必ず霜降りにした方が良いですね。

No title

私がよく買っていたのは、白サバフグというもので、かなとフグよりも、すこし美味しいと言ったものでした。
彼岸フグというのは、こちらでは聞いたことがありません・・・。
鍋物に入れる魚は、一度茹でて霜降りにすると、とても美味しくなりますね。
でも、ふぐは、そんなことをしなくても良いと思っていましたよ(^^♪

サヤ侍

2つお利口になりました。ヒガンフグは皮と生殖腺が有毒部位である!魚の鍋物の場合、必ず熱湯に浸して冷水に取る、これを「霜降り」という!ふぐは絶対にやらないので猫に小判ですが(^^;; 魚はこうすれば生臭さが抜け旨味が出るのですか!勉強になりました(^-^)/

No title

内視鏡検査で疲れたのか
一昨日から体調が悪くなり
今日は訪問だけで失礼します。

No title

お啓さんこんにちは。
シロサバフグは一色漁港でも水揚げされますが、カナトフグは見たことがありませんね。こちらは有毒のフグなので、素人だと簡単には買えないと思います。
フグは生臭みが少ない魚ですが、やはり霜降りにしてから鍋に入れるのが良いと思います。

No title

サヤ侍さんこんにちは。
フグは種類によって、有毒部位が違うばかりか、そもそも不可食フグも多いので、たとえ釣ってきたとしても、自分では扱わない方が良いでしょうね。
フグはともかく、鯛とか鱈を直接鍋に入れると、生臭くなります。霜降りは魚を鍋にする際、必須の手順だと覚えて下さい。

No title

せいパパさんこんにちは。
無理は禁物ですよ。今日は十分身体を労わって下さいね。

No title

見た目は、讃岐でんぶくのナシフグと似てるけど、
微妙な違いがあるんでしょうね。
鍋の季節がやってきましたねぇ。

No title

鍋の気季節になってきましたねぇ。
我が家は水炊きが主流です。

No title

casa blancaさんおはようございます。
この前、ヒガンフグの唐揚げをした際に、そちらで「讃岐でんぶく」と呼ばれるナシフグと思われるフグが入っていました。残念ながら、こちらでは不可食フグなので、廃棄処分にしました。食べて中毒になっては洒落になりませんからね。

No title

MONTAさんおはようございます。
我が家も水炊きにすることが多いですが、ほぼ毎日鍋なので、味付けを変えながらということが多いですね。魚を主体にする時には、大抵はポン酢だけということが多いと思います。でもこれも時々変えてみるようにしていますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する