小左衛門 純米吟醸播州山田錦

たまには違った日本酒が飲みたいと、隣の豊田市にある酒屋へ行って買ってきたのがこの小左衛門です。
DSCF9277_convert_20141020030043.jpg
これを醸している中島醸造は、創業して二百年以上を重ねた老舗酒蔵です。蔵のある岐阜県の東濃地方では、多治見市にある三千盛酒造が昔から有名で、私も何度か飲んだことがあります。小左衛門は専門酒販店のみで販売される銘柄で、近年注目されるようになってきました。
DSCF9279_convert_20141020030116.jpg
播州、今の兵庫県は山田錦の発祥地として知られていますが、それを世に送り出したのが山田勢三郎という方です。山田錦は文字通り、勢三郎氏の名字から付けられた酒米なのです。この酒は勢三郎から数えて五代目の山田正壽氏に特別に分けて貰った山田錦を使用しているとのことです。まさに「山田の中の山田」ということになるでしょうか。
DSCF9280_convert_20141019035502.jpg
裏のラベルを見てみましたが、日本酒度・酸度共にかなり高めです。こういった酒はかなり辛口になるように思うのですが…。開栓してみると、リンゴ酸系の香りがします。そして一口。ラベルに書かれた通り、かなり酸味か強いですね。甘味もあるのですが、酸味に隠れてしまってなかなか出てきません。うーむ、私は酒を選ぶ際、和食と合わせられることを重視しますから、今風の酸味が突出している酒は好きではありません。ピザや鳥の唐揚げをつまみながら飲むには良いのでしょうが…。残念ながら外れでした。


スポンサーサイト
コメント

珍しくハズレとは…。

おはようございます。

ハズレだなんて、珍しいですね。
紫のラベルが芋焼酎をイメージしてしまいます。

ピザに合う日本酒というのも、面白いかもしれませんね。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
酒を買って外れを引くことはよくあります。もっとも外れといっても、自分に合わないだけなので、パパさんなら美味いと思われるかも。
最近の日本酒は、白ワインのような味を目指しているように思います。酸や甘さを全面に打ち出してくるような酒は、脂が多い、あるいは香辛料をふんだんに使う料理には向いているので、若い人には受けると思います。ただ和食に関して言えば、白身の刺身には合わないでしょう。それが気に入らない、といえば語弊があるでしょうか。

No title

和食より洋食に合う日本酒ってことでしょうか?

刺身に合わせにくい酒は確かに辛いかも分かりません。

No title

ピザにあう 日本酒!

違う意味で 興味をひく お酒ですねえ。

って どれくらい 日本酒・・・
飲んでいないんだろう!

自分の中で 記録更新中らしい。

No title

MONTAさんこんにちは。
最近この手の酒が増えてきました。昔ながらの杜氏制度が廃れ、蔵元の跡継ぎが農大を出て酒造りに関わるようになってきたことが大きいようです。確かに若者向けの製品を作って売り上げを伸ばすのが必要不可欠でしょうが、だんだん日本酒の概念が崩れてしまうようで、昔ながらの飲ん兵衛の私は一抹の不安を持っています。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
ピザに合う、というのは私の穿った見方でして、実際どうなのかはピザ嫌いの私には分かりません。ただ脂っこい料理を念頭にして、それに見合うような日本酒造りをしているのは確かなようです。さらにこうした傾向は、農大出の跡継ぎがいる蔵に多いような気がします。勿論綿密なマーケティングをした結果だと思うので、そういった方向性を目指すのは間違ってはいないのですが…。

No title

山田の中の山田のフレーズに
やられました。
最高の酒ですね!

No title

せいパパさんおはようございます。
山田錦の生みの親だからといって、その子孫が最高の山田錦を生産しているかといえば、必ずしもそんなことはありません。山田錦が発見されたという多可郡多可町よりも、近くの加東市が最上の山田錦の生産地とされているのです。
酒米が最高であれば酒も最高だとは言えないでしょうね。もちろん酒米も重要ですが、酒の造り自体で出来が大きく左右されるからです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する