茄子の油味噌

茄子自体は一年中出回っていますが、路地物が出てくる今の時期になると値段が安くなります。我が家の夏場の定番料理である、茄子の油味噌を作ることにしました。
DSCF4667_convert_20170713231219.jpg
今の時期、一袋で¥100ぐらいになっています。
DSCF4668_convert_20170713231251.jpg
茄子は乱切りにして、水に晒して灰汁を抜きます。気にならなければ、これはしなくても構いません。
DSCF4669_convert_20170713231309.jpg
青唐辛子は茄子との相性が抜群です。今回は万願寺系統の甘とう美人を使いましたが、伏見唐辛子があればそちらの方がなお良いですね。
DSCF4670_convert_20170713231333.jpg
あとは大葉。これが絶妙のアクセントになるのです。
DSCF4671_convert_20170713231351.jpg
鍋にたっぷりの油を引いて茄子を炒めます。鍋底が乾いたら、油を追加して弱火でじっくり炒めます。
DSCF4672_convert_20170713231409.jpg
それから青唐辛子を入れて、しんなりしたら味噌と豆板醤、それに醤油を混ぜた調味料を加えます。
DSCF4673_convert_20170713231426.jpg
最後に細く刻んだ大葉を振りかけて完成です。夏の間、これを何回作ることになるでしょうか。
スポンサーサイト
コメント

おはようございます

夏の定番ですね!
秋田の義母が作る茄子の油味噌は最高です👍

No title

 おはようございます。
 茄子の油味噌、美味しいですよね。
 長野市内のおやきを販売している店では、これを具にしているところがいくつかあり、自分が好きな具の一つです。^^
 それはともかく、今シーズンはまだ茄子を使った料理をしていません。自分も茄子の油味噌にチャレンジしてみようかと思います。^^

No title

ナスの味噌料理を見ると
嵐山の京都の懐石料理を思い出します。
京都は味が薄いと信じ込んでたので
かなりしっかりと味が付いてたのに
ビックリしました。
特にナスと味噌の料理は
喉がカラっからになったので
薄い印象は全く無いんですが
実際の所はどうなんだろう?
安い店で食べたわけじゃ無いのに
京都で食べた物は普通に普通の味でした。
大阪は濃い味付けだったな
関西は本当に味が薄いのだろうか?

No title

たろさんおはようございます。
ご存じでしょうが、これを作るきっかけは、奥様の実家で振舞われた料理が元になっています。あのブログの記事がなければ、恐らくは作っていなかったでしょう。夏になると、我が家でもすっかり定番料理になっています。でも少しアレンジしていますよ。

No title

kouさんおはようございます。
そちらにも茄子の油味噌がありますか。元々油味噌は新潟の郷土料理だと聞いていましたが、たろさんの奥様の実家は秋田、それに長野と、東北の日本海側と信越では、家庭料理として作られているようですね。夏場を乗り切るには、この前のゴーヤーも良いですが、これはもっと簡単ですね。

No title

せいパパさんおはようございます。
茄子を味噌で味付けする場合、結構濃い味にしないと物足りないと思いますよ。京都だと、賀茂茄子の田楽が有名ですが、二つ割にした賀茂茄子を油で揚げて、切り口に田楽味噌を塗るのです。この味噌は濃い目にした方が、油を吸った賀茂茄子とよく合うでしょう。薄くては味がぼやけてしまいます。
まあ、関西は出汁文化であるのですが、全てが薄味というわけでもなさそうです。

へるぞうさん、おはようございます。
散歩コースにあるお宅の庭先の
茄子が気になる今日この頃。
お味噌が絡んだ画像が朝から
食欲をそそります(o^^o)
今日は私も茄子にしようかな♪
辛味が苦手な私は、
緑はピーマンで。
あと、大葉は私も取り入れます☆

No title

今はなすびのうまい時期。我が家も昨日焼きなすびにヒシオをのっけて食べました。

おはようございます

なんとも~
名古屋らしい味噌使いかなぁ
~なんて (^.^)


No title

杏さんこんにちは。
万願寺唐辛子の系列は、苦みや辛さはあまり感じませんよ。ですから、伏見唐辛子の方がちょっと辛さがあるので、向いているかな?と思っているのです。
激辛好きな私は豆板醤を使っていますが、本来は味噌と砂糖で甘辛い味付けのようです。これなら杏さんでも大丈夫でしょう。

No title

nibari1498さんこんにちは。
今の時期の茄子は、まだ種が多くないので食べやすいですね。もう少しすると、種が多くなってくるので、炒め物にしても食べ難くなります。そうなったら、秋茄子まで待った方が良いでしょうね。
この辺りでは醤は使いません。味噌や溜り醤油の本場ですから。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
名古屋は味噌と思われるかもしれませんが、実はこのような茄子を炒め煮にする場合、味噌は使いません。むしろ醤油と砂糖を入れて、甘辛い味付けにすることが多いのです。味噌を使うのは東北や信越で、味噌のイメージが強いこの辺りでは使わないというのも、なかなか理解出来ないでしょう。

No title

夏だねぇ・・・
味噌ではやらないけれど
うちでも 茄は
ドンドンでてくるなぁ・・・

 いい季節だ^-^y

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
維真尽 (^^♪さん宛のコメントにも書いたように、この辺りでは味噌は使わないと思います。とはいえ、茄子に伏見唐辛子を使って炒め、砂糖醤油で味付ける茄子の煮物はよくやりますね。子供の頃、よく食べさせられましたが、甘辛い味付けが嫌だったので、砂糖を使わず豆板醤を加えたオリジナルにしてみたわけです。これなら酒の肴にも十分なりますからね。

ナスの油味噌…♪

こんにちは(^^♪

これに似た料理、
随分以前から作ってけど、
「茄子の油味噌」というのですね。
わが家はピーマンとナス…♪
お砂糖も入り少し甘め!
紫蘇の葉、これからは入れることにします。
微妙に違うけど、茄子と味噌は
相性が良いですね^^♪

No title

茄子、この辺りでは今の時期、「絹皮茄子」と称する茄子を特産としています。

結構大きな茄子です。

機会が有りましたら一度買ってみてくださいませ!

No title

わ!ナスを見ると、買いたくなります。
でも一人なので、どうしても余ってしまって、躊躇していしまっていましたが、これは結構たくさん作っても大丈夫ですね。
作ってみます。
ありがとうございました。

No title

cacocacoさんこんにちは。
新潟では、砂糖を入れているところが多いような気がします。私は全く砂糖を使いません。豆板醤を入れてもっとピリ辛にするのがいつものやり方ですね。
最初は「何故大葉を使うのだろうか?」と思いましたが、食べてみるとこれが絶妙のアクセントになることを知らされました。ですから、大葉は入れるべきだと思いますね。

No title

MONTAさんこんにちは。
絹皮茄子ですか文字通り、皮が柔らかいのではないか?と思います。この辺りでは見かけませんね。似たような茄子といえば、奥三河特産の「天狗茄子」でしょうか。この前人の顔に似た茄子を紹介しましたが、あんな感じで天狗に見えるからこの名がついたそうです。皮も柔らかくて美味とのこと。JA産直所でも売られています。

No title

お啓さんこんにちは。
これはどちらかというと、作り置きしておく常備菜のようなものです。ですから、飽きることがなければ、作り置きしておくと便利ですよ。冷蔵庫に入れておけば、少なくとも三日四日は十分持つでしょう。大葉には殺菌作用がありますし、そもそも肉類は使いませんからね。

No title

こんにちは。
毎日、ナスは食べていますが、こうしたらいいですね。
シソの葉も入れていい香りですね。
この暑さでも食欲はありますの。
食べないと体が持ちませんね。

No title

ムームーさんおはようございます。
この暑い中でも食欲があるのは良いことだと思います。食べないと夏バテになってしまいますからね。茄子の油味噌は夏バテ予防にももってこいなのでは?と思っています。この前紹介した、ゴーヤーの料理もお勧めですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する