コシナガマグロ その三

続きです。
DSCF4602_convert_20170616021942.jpg
タタキにした際に、背の柵を一本残しておきました。
DSCF4603_convert_20170616022000.jpg
皮を引いて…
DSCF4604_convert_20170616022016.jpg
薄くへいで起きます。
DSCF4605_convert_20170616022029.jpg
これを醤油とみりんを入れたタレに一晩浸すわけです。要はヅケにするわけですね。こうしておけば、生のままよりも保存が利くのです。ただしマグロの赤身のように一度熱湯に浸して漬け込むのは向かないように思えたので、直接タレに浸すことにしました。
DSCF4612_convert_20170616022059.jpg
寿司飯に煎り胡麻を振りかけて、
DSCF4613_convert_20170616022944.jpg

ヅケちらしにしてみました。
スポンサーサイト
コメント

へるぞうさん、おはようございます。
赤、黄、緑で彩り良し☆!
ヅケチラシ、ご飯が
すすむこと間違いないですね(^^)
明日出張でくる母との夕食、
何作ろうかなぁと迷っていたの
ですが、お刺身を買って来て、
これを作ってみようかなぁ♪と。
アイデアいただきです( ^ω^ )v

鮪のヅケちらし…♪

おはようございます(^^♪

ヅケちらし、いいですねぇ~♪
食事前には堪りませんよ^^
ちょっと気になること・・・
マグロの赤身を熱湯に浸す・・・とは?
これはどうなるのでしょうか。
知りたい!・・・笑

おはようございます

漬けチラシ、これはいいなぁ
自分好みに漬けることができるのがいいですよね。

No title

 おはようございます。
 彩が綺麗ですねぇ
 梅雨入りしたとはいえ、晴れた暑い日がまだ多いので、さっぱりした酢飯にコシナガマグロのヅケがとても美味しそうです。^^

No title

杏さんおはようございます。
普通のマグロの赤身を、ヅケにして使ってみるのも良いでしょうね。その場合、一度熱湯に浸してから水気を切り、その後にタレに漬け込む方がなお美味いように思います。これは江戸前の寿司屋の手法です。一度お試し下さい。

No title

cacocacoさんおはようございます。
杏さん宛のコメントに書いたように、これは江戸前の寿司屋の手法です。では何故熱湯に浸しているのかということですが、これは熱湯に浸すことで醤油が過度に染み込まないようにしているのです。一晩置くとちょっと辛くなりすぎる嫌いがあるのです。

No title

たろさんおはようございます。
漬けにしたことで、買って三日目も生で食べることが出来ました。フグやホシガレイはともかく、普通三日目はもう生食は無理です。それに我が家は冷凍するという概念がほとんどありませんから(笑)。

No title

kouさんおはようございます。
去年駄目になった木の芽ですが、今年再び鉢植えにして育てています。こういったちらし寿司に使うと、彩が非常に良くなりますね。
梅雨時には、酢を使った料理がピッタリです。体調を崩さないように、お互い頑張りましょう。

おはようございます

お~
ずけちらし!
ヘルシイで 美味しそうです
7変化まで~~! (^.^)


No title

おはようございます。
おおお~綺麗な身ですね、ヅケちらしですかぁ。
彩も良くて美味しそうだなぁ~
最近、自己流ちらし作っていませんが
酢の食べ物が美味しいですね。

No title

スッカリっ出遅れて
昼ごはんまで秒読み・・・って

この時間に 来るんじゃなかった

 (-_-)ううううう うまそう過ぎる。

No title

漬けマグロ美味しそうですね
せい君とせいママが漬けマグロが好きだから
作ってあげたくなっちゃいました。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
本来なら、これぐらいの魚は二日で食べきってしまうところですが、今回は三日かかりました。そういえば、以前四キロはある鰆を買ったことがありました。刺身や塩焼きだけでなく、西京味噌の味噌漬けにしてみました。数日かかる場合は、保存方法が大事ですね。

No title

ムームーさんこんにちは。
鰹の場合はてこね寿司で、それは少し前に書きました。今回もそれに近いのですが、タレに一晩漬け込んでいる点がちょっと違います。
本来なら熱湯に漬けるところ、意外と脂があるようだったのでそれはしませんでした。コシナガマグロは何となくですが、熱湯に浸さない方が良さそうです。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
鰹やマグロだと、ちらし寿司にしてみようか?と思ってしまいますね。これが白身魚だったら、そうは思わないでしょう。ネタとしてちらし寿司に向いているのでしょうか。
そろそろ毎年恒例のあれをするつもりです。来週月曜日に書きますよ。

No title

せいパパさんこんにちは。
日本人はマグロが大好きですからね。私はマグロよりも鰹の方が好きなので、マグロがなくても困ることはありません。
漬けマグロ自体は、難しいものではありません。ここを参考になさっては如何でしょうか?
https://matome.naver.jp/odai/2139225327906655001

No title

この欄に投稿される方は料理のできる人が多いのでびっくり。私など食べるのが専門なので、いつもこのブログ情報を家内に垂れ流しです。

No title

ズケにした方が保存がきくとは初めて知りましたが、考えてみると江戸時代の寿司はズケ等の処理をしたものでしたので、やはり保存が目的だったのだと改めて思いました。

散らし寿司ですか、美味しそうですねぇ。

サヤ侍

これが一番好みですね、でも作る自信はまったくありません。こういうものはやはりちょっとおいしいお店に行くしかありません。v-8

No title

nibari1498さんおはようございます。
ご指摘のように、私のブログには料理上手な方が多いですね。基本的にレシピブログなのですから、当然といえばそれまでですが。とはいえ、以前と比べると、魚が入手し辛くなってきました。もう一月以上一色漁港へ行ってないので、ある意味仕方ないのですが。

No title

MONTAさんおはようございます。
昔はマグロはヅケが当たり前だったように思います。今と違って冷蔵技術が発達していなかったので、それも当然でしょうね。そう考えると、トロや大トロのような部位が「猫跨ぎ」なんて呼ばれていた事も分かりますね。醤油に漬け込むには向いていないから、すぐに傷んでしまうからです。もちろん、脂身が「美味い」という味覚の違いも大きいのですが。

No title

サヤ侍さんおはようございます。
スーパーで売られているマグロの柵を買えば、ヅケは簡単に作ることは出来ます。問題は錦糸卵を焼くことでしょうか。これが結構難しいのですよ。私もあまり得意ではありません。時々破ってしまうことがあります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する