コシナガマグロ その二

月曜日の続きです。
DSCF4601_convert_20170614020546.jpg
刺身にした翌日、腹側の柵をタタキにすることにしました。近所のスーパーのチラシを見ると時々マグロタタキとありますが、あれはネギトロを指しているようなので、これとは違います。
DSCF4609_convert_20170614020607.jpg
塩を振っておいて、ガスコンロで表面を炙るのですから、鰹のそれと何ら違いはありません。
DSCF4611_convert_20170614020631.jpg
ただし鰹のように癖があるわけではないので、薬味にはニンニクや玉葱のような臭いの強いものは使わない方が良いですね。ですから、大根おろしと茗荷、それに大葉だけを使いました。
DSCF4610_convert_20170614020702.jpg
鰹をタタキにする時同様、心臓も炙って酒の肴にします。
DSCF4606_convert_20170614020649.jpg
それから卵があったので煮付けてみました。マグロの卵なんて初めて見たように思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
おおお~美味しそう~
こういうのでお酒を頂くと至福の時間ですね。

No title

心臓に卵と
食べられるのですね
ちょっと抵抗感があるけど
見慣れないからなんだろうな。
タタキをガスコンロで大胆に炙る光景
いい絵ですね。

No title

 おはようございます。
 出来上がりまでを見て鰹のタタキを連想しましたが、鰹のように癖のないタタキになるのですね。^^
 それにしても、1尾丸ごと買うと、心臓から卵までコシナガマグロを堪能できるんですね。^^

No title

ムームーさんこんにちは。
マグロというと、どうしても刺身の短冊を思い浮かべてしまうでしょうが、私は一匹物を見る機会が多いので、短冊が一体どの部位なのかの方に関心がありますね。ちなみに、大トロが取れるのは、クロマグロとインドマグロ(ミナミマグロ)だけです。

No title

せいパパさんおはようございます。
鰹の場合、心臓以外の内臓は捨ててしまいますね。これは鮮度があまり良くないので、食べることが出来ないからです。もっとも抜群に鮮度が良ければ、酒盗(塩辛)に使うことになります。
鰹の卵は、私も見たことがありません。

No title

kouさんおはようございます。
鰹の場合、タタキにすると肉のような感じになりますが、このコシナガマグロはもっとあっさり目ですね。そのため、臭いの強い薬味はちょっと向かないような感じです。
ですから、タタキのような料理法は今一つなのかもしれませんね。

No title

このブログ、お魚の勉強になります。
コシナガマグロは初耳です。こちらでは売ってないような…

No title

冷やした一升瓶から
まんま 桝へ なみなみついで・・・・

 ♪( ´θ`)ノ妄想 ナウ!

No title

nibari1498さんこんにちは。
市場にはあまり出回らないマグロだと思います。小型で鮮度落ちが早いこともあるのでしょうが、ヨコワ(クロマグロの幼魚)とよく間違われるようです。
まあ料理については、今までやってきたことを繰り返し書いているような感じですね。お役に立っているのであれば幸いです。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
そういえば、最近日本酒は飲んでいませんね。先週、料理用に買った紙パックの酒を一口飲んだぐらいでしょうか。暑くなると、どうしても炭酸の刺激が欲しくなるので、ウィスキーか焼酎を炭酸で割って飲んでいます。
そろそろクリアブレンドのシールも貯まってきたので、応募してみます。

No title

鮪のタタキですか。

これは初めてです。

冷凍物の安い鮪は売られてますので、次はタタキにしてみたいと思います。

こんばんは!

たたき!
美味しそうですね (^_-)
ポン酢で 一杯ですね (=^・^=)



No title

MONTAさんおはようございます。
鰹とマグロは近隣種なので、料理法はどちらも似たような感じになりますね。タタキにすることで、多少鮮度落ちした物でも、美味く食べることが出来ます。
冷凍マグロの場合だと、明日登場する料理の方が良いかもしれません。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
この歳になると、脂ぎった物よりも、あっさりした物をつい選んでしまいますね。このコシナガマグロは、冬場ならもっと脂っこいのかもしれませんが、今の時期は脂が落ちているようです。それもあって、割とあっさりした味になっていました。

No title

美味しそうですね!
塩を振って表面を炙るマグロは、時々回転寿司で食べて
ますが、大好物です。
今日は、同じ回転寿司店でサーモン大魚フェスが始まるの
で行こうと思ってます。サーモンハラス炙り甘醤油、店内
仕込み塩漬けなどを舌鼓する予定です。

No title

もりさんこんにちは。
炙るのは鰹だけでなく、マグロでもありますね。皮がついたまま炙るので、香ばしさがあり人気があるのも分かります。和食の店だと、ガスバーナーで表面を炙った刺身を提供する店もあります。
私はサーモンの刺身が苦手なので、恐らく食べないでしょうが、回転ずしにはなくてはならないネタになってしまいました。

鮪のたたき…♪

こんにちは(^^♪

鮪のたたきですか…♪
初めてです^^
炙ると生とは違った旨味があるように思います。
多分食べる機会はないと思いますが、
ちょっと香ばしくて美味しいんでしょうね。
妄想してます・・・笑

No title

cacocacoさんおはようございます。
マグロのたたきというと、ネギトロのような細切れがスーパーで売られていて、鰹のたたきのような感じではないようです。ただ鰹とマグロは近隣種なので、同じような料理法は可能だと思いました。そうはいっても、あのような土佐作りは、鰹のような癖がある方が旨さを引き出しているようにも思えますね。

サヤ侍

ふえー心臓も食べられるんですねv-14まあ我々おろしたものしか食べませんのでお目にかかることは無いのですが。卵と言うものも初めて目にしました。ただただ関心です(^^ゞ

No title

サヤ侍さんおはようございます。
もっと新鮮であれば、鰹同様内臓も塩辛に出来るのですが、そんな鮮度の物はまず手に入りません。仕方ないので、心臓と卵だけ取り分けて、使っているのです。
以前三重の漁師が一色漁港に鰹を持ち込んで来ることがありましたが、あれぐらい新鮮なら内臓も使うことが出来ました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する