コシナガマグロ その一

金曜日、三河安城駅近くのスーパーでコシナガマグロを買いました。
DSCF4596_convert_20170612025651.jpg
二キロは十分あります。
DSCF4597_convert_20170612025705.jpg
コシナガマグロは腹から尻尾にかけて、小さな斑点があります。
DSCF4598_convert_20170612025719.jpg
マグロを捌くのは、基本的に鰹のそれと同じです。
DSCF4599_convert_20170612025735.jpg
いやぁたくさんありますね。
DSCF4600_convert_20170612025749.jpg
初日は刺身にしてみました。

コシナガマグロ その二に続きます。
スポンサーサイト
コメント

おはようございます

コシナガマグロって初めてですが、
マグロなんですよね。

贅沢だなぁ〜(笑)

へるぞうさん、おはようございます。
私もコシナガマグロって初耳です。
色が薄め…ビンナガのような味
なのでしょうか?
どちらにせよ、マグロは大好物!
お刺身美味しそうです( ^ω^ )

No title

 おはようございます。
 自分もコシナガマグロという名前を初めて聞きました。
 それにしても2キロを超えるマグロがスーパーで売られているとは驚きです。^^

No title

コシが長くても短くても
いい!
嗚呼 一升瓶抱えて
遊びに行きたいねぇ
(^_-)

おはようございます

マグロの刺身
なんとも贅沢~って感じですが (^.^)

醤油との相性がありますからね

No title

TVで見て以来魚の寄生虫が怖くなり、刺身は控えていますが、安全な魚とそうでないものの区別がつきません。

No title

こんにちは。
聞いたことがない名前です。
お刺身美味しそう、ミョウガもいいなぁ。
ぱくぱく食べたい~

No title

たろさんこんにちは。
市場に行くと、普通にマグロが売られていますよ。もちろん切り身もありますが、一匹で売られていることも珍しくありません。でもコシナガマグロは見たことがありませんね。

No title

杏さんこんにちは。
そうですね、ビンナガに似た身質だと思います。身が柔らかいので、すぐに身崩れをしてしまうのが残念な点ですが、値段も安かったので特に不満はありません。ただし鮮度落ちは早い感じです。

No title

まず、刺身。
おいしそうですね!
私も初めて聞くマグロです。
コシナガと言うからには、何か名前の由来がありそうですね。
2kmもあるので、食べきるまでの、調理が楽しみです。


No title

kouさんこんにちは。
市場にはあまり入ってこないマグロのようです。これから夏にかけて、多くなるのがキハダマグロでしょう。コシナガマグロも本来は冬が旬のようですから、その時期ならもっと脂が載っていると思います。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
このコシナガマグロの名前の由来は、仰ったように腰の部分から長くなっているからだとか。ウソのような本当の話なのです。クロマグロなら、腰の部分はもっとズングリしていますからね。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
このコシナガマグロですが、山陰地方の沖合でよく獲れるそうです。ただし足が早そう(鮮度落ちが早い)ですから、あまり市場には流通しないのでしょう。漁師が自分で食べてしまうのかもしれません。

No title

nibari1498さんこんにちは。
大まかに言って、アニサキスは青魚とイカに寄生していると考えて良いでしょう。青魚でも特にサバ、イワシですね。イカならスルメイカが多いようです。逆に白身にはまず規制しないように思います。鯛は大丈夫ですよ。

No title

ムームーさんこんにちは。
これからの時期、刺身の薬味には茗荷が大活躍しそうです。何しろ口に入れると独特の香りがあって、歯ざわりもシャキシャキしているので、刺身を引き立たせる名脇役だと云えそうです。

No title

もりさんこんにちは。
名前の由来については、└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん宛のコメントにも書いたことらしいのです。小型のマグロは時々捌きますが、コシナガは初めてでしたね。普段はヨコワ(クロマグロの幼魚)かキハダが多いので。特にヨコワがあると、初夏を感じますね。

コシナガマグロ…♪

こんにちは(^^♪

初めて聞く名前です^^
まずはお刺身で…♪
添え物の茗荷がまた良いですねー!
刺身の後は何ができるのでしょう。
楽しみです^^♪

No title

cacocacoさんおはようございます。
コシナガマグロは、市場関係者でも間違えるぐらい知られていません。でもこれにはちゃんと「コシナガ」と書いてありました。私もそれがなければ、ヨコワ(クロマグロの幼魚)かな?と思っていたでしょう。
まあ鰹とあまり変わり映えしない料理になってしまうと思います。宜しければお付き合い下さい。

No title

食べ応え十分ですね
次々とマグロ料理を作って楽しんだ事でしょう。
ワクワクしますね。
聞いたことがないマグロですが
意外とメジャーな魚何でしょうか?

No title

せいパパさんこんにちは。
これだけあると、三日ほどかかって食べるぐらいの量でした。まあ鰹の場合とそれほど違う使い方はないような気がしますが、全く同じというわけでもないのです。強いていえば、ハガツオという鰹の仲間に似ているかな?という感じでした。

サヤ侍

すごい!2kのマグロをカツオを捌くようにサラサラと、私もかくありたいなあ(^0^;) 出刃包丁だけは貝印だったかちょっと頑張って買っては見たんですが・・・・(´;ω;`) おろしの動画ってあるんでしょうかねえ?あるのでしょうね。出汁巻き玉子のようにへるぞうさんのさばきも見てみたいですねえ(^-^)/

No title

サヤ侍さんおはようございます。
このブログに移って最初のうちは、魚を捌く動画をいくつか載せていました。ですから、過去のアーカイブを辿れば、見ることが出来ます。まずはそちらをご覧になって下さい。
まあマグロも鰹も同じようなものですよ。二キロ越えの鰹も珍しくありません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する