蕨でちらし寿司

近所のJA産直所に蕨がありました。今年初めての蕨です。
DSCF4526_convert_20170502183603.jpg
デンパークに隣接しているJA産直所に蕨が並んでいれば、この時期に初めてということはないのですが。
DSCF4527_convert_20170502183623.jpg
蕨はそのまま食べると灰汁が強くて食べられません。そこで灰汁抜きをするのですが、今回は一番間違いない木の灰を使いました。
DSCF4528_convert_20170502183640.jpg
やり方は簡単。鍋に湯を沸かして木の灰を入れ、そこに蕨を入れてしばらく煮立ててから自然に冷まします。
DSCF4529_convert_20170502183703.jpg
こちらは筍の灰汁を抜いているところです。筍も一緒に使います。
DSCF4530_convert_20170502183719.jpg
冷めたら蕨を洗い流し、水に浸して一晩置きます。
DSCF4531_convert_20170502183741.jpg
蕨は先の部分だけ使い、根本はお浸しにして食べることにします。
DSCF4532_convert_20170502183756.jpg
蕨と筍を使ったちらし寿司です。この前筍で作ったちらし寿司とは、蕨がある分違う程度ですね。

p.s. 金曜日の更新は休みにするので、次の更新は来週八日になります。それから皆様のブログには原則訪問しませんのでご了承下さいm(_ _)m。
スポンサーサイト
コメント

No title

蕨も子供の頃に
母親と一緒に山に入って
採ってきて食べてました。
当時はそれが普通だったけれど
今は採りに行くことは無いなと
懐かしい気持ちになりました。

No title

おはようございます。
まぁ~季節ものいいですねぇ~
最近こういうのは家で食べたことがありません。
いい香りがして綺麗な盛り付けで美味しいでしょうね。

ワラビ…♪

こんにちは(^^♪

ワラビが入ると、
グッと春らしいお寿司になりますね♪
いつもながら丁寧な仕事ぶりを見せて貰い、
主婦としては少々恥ずかしいです。
ワラビのあく抜きの為の”木の灰”も
売られているのでしょうか…!
こちらでは見たことがありません。
私は重曹を使ってます。

No title

蕨など触ったことも無いかも分かりません。

JAの直売所で売られてますが、調理法が分からないので買う事は有りませんでした。

筍とともに、炊き込みご飯にしても美味しそうです。

No title

今時ワラビが取れるんですか。こちらはとっくに終わりました。
ワラビの散らし寿司、ほのかに香りが残ってるでしょうか。

こんばんは!

わらび~
まさに~旬ですね (*^_^*)

贅沢な一品ですね (=^・^=)


サヤ侍

蕨の灰汁の取り方勉強になりました。寿司は自信がありませんので、ワラビだけを食べたいと思っています(^^♪

No title

オッハぁ
昨晩は夜の10時過ぎから
美和さんと 家庭内宴会!
ガッツリ体重増えているだろうなぁ
ワラビかぁ(^_^)
いいネェ 寿司をいただいてのち
酢の物で ムカイ酒したいなぁ🍶

って ゲームのƪ(˘⌣˘)ʃ
了解でーす。

No title

せいパパさんこんにちは。
私も子供の頃、親に連れられて蕨やゼンマイを採りに行った覚えはありますが、その時食べたであろう蕨の味はすっかり覚えていません。まあ、子供の味覚からすれば、大して美味くもない味だったのでしょう。ある程度大人にならないと、蕨の味は分かりませんね。大人になっても分からない人も当然いると思います(笑)。

No title

ムームーさんこんにちは。
今では蕨を食べる習慣がある家庭がどれだけあるのか?そもそも灰汁の抜き方すら分からないでしょうね。せいぜいスーパーで売られている、山菜ちらしを買って食べる程度ではないかと思います。
春のわずかな時期だけ出回る蕨を食べることは、今では贅沢の極みなのかもしれませんね。

No title

cacocacoさんこんにちは。
JA産直所で売られている場合、灰を付けてくれる農家があるのです。もちろん、何も付けない生産者も多いのですが。私は灰が余った時に取って置いた物を使ったわけです。
重曹で灰汁抜きをする場合、どうしても蕨がクタクタになってしまうのが嫌なので、出来るだけ灰を使うようにしています。

No title

MONTAさんこんにちは。
それが普通だと思いますよ。使い方を知っている人の方が少ないでしょう。JA産直所に蕨が並んでいても、あまり売れ行きは芳しくはないようです。
蕨の歯触りを愉しもうとするのであれば、炊き込みご飯には向いていないと思います。どうしても、蕨が柔らかくなってしまいますから。むしろ混ぜご飯にした方が良いのでは?

No title

nibari1498さんこんにちは。
やはりそちらの方が出回るのは早いでしょうね。とはいえ、こちらでもそろそろお終いでしょう。ほんの僅かな時期しか食べられませんね。
蕨の香りはごくほのかなものですが、確かに感じることはできますね。とはいえ、私はむしろ食感の方を重視しているのです。

No title

維真尽(^^♪さんこんにちは。
御宅の近くにも、蕨が採れる場所があるのでは?そうはいっても、なかなか採りに行く暇がなさそうですが。
魯山人は「海にふぐ 山にわらび」と言っているそうで、河豚に匹敵する味覚が蕨にはあるのでしょう。私はそこまでとは思いませんが、この時期に食べないと何となく不満を感じてしまいますね。

No title

サヤ侍さんこんにちは。
蕨の灰汁の抜き方はこのような方法の他に、重曹を使うのが一般的です。それ以外にも、小麦粉を使って灰汁を抜くという手段もあります。ググってみれば分かると思います。
ちらし寿司以外だと、お浸しにすることが多いですね。これの方がもっと簡単です。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
美和さんも何かと大変でしょうから、この連休中にゆっくり骨休めが出来れば良いですね。もし近くにお住まいなら、これを差し入れに行くのですが。
今までプレイしてきたゲームを紹介しながら、忘備録として当時の自分を振り返ってみようか?と思いました。五月中に始められるでしょうか?今は何とも言えません。

No title

灰汁でわらびのアクを抜くことを誰が発見したのか、
興味深いことです。
人間の賢さには神様もビックリしてるのではと思います。

No title

もりさんおはようございます。
蕨は灰汁を抜かないと、食中毒を起こすような有毒物質を含んでいるとのことです。灰はアルカリ性なので、これで中和させるということでしょう。確かに最初に考えた人は大したものです。それはともかく、今は竈がある家などほとんど無いので、灰を集めるのも大変だと思います。

No title

お久しぶりです。
コメが増えるのは嬉しいけど、
レスコメや訪問コメ、忙しい時は
結構大変ですよね。
へるぞうさんのスタンスでやればいいと
思いますよ。

蕨のちらし寿司、産直で見かけます。
筍が美味しいうちに私もちらし寿司を
作らねば!!

No title

casa blancaさんおはようございます。
ブログを長く続けていると、だんだんとモチベーションが低下してくるのは致し方ありませんね。定期的な更新自体、かなり苦痛になってきているのは確かです。それに加えて今回の件がありますから、ネタをどうやって仕入れてくるか、これまで以上に難しくなりました。
蕨は後にも先にもこれっきりでしたね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する