岡崎城の桜とヒノアラシ その三

岡崎城紀行もこれが最後です。
DSCF4486_convert_20170420160959.jpg
城内に「三河武士のやかた家康館」という建物がありますが、その隣に家康の石像が置かれています。これはしかみ像と言って、家康が三方ヶ原の戦いで武田信玄に惨敗し、命からがら浜松城に逃げ帰った際、戒めとして自分の惨めな姿を絵師に描かせたとされるものです。
DSCF4491_convert_20170420161036.jpg
三河武士のやかた前は広場になっていて、伝統芸能である三河萬歳を舞うからくり時計があります。岡崎との境にある安城市の別所という地が、三河萬歳の発祥地とされているようです。
DSCF4490_convert_20170420161022.jpg
やかたの入り口付近には、何やら立て看板が…。写真では上が切れてしまっていますが、グレート家康公「葵」武将隊とあるようです。これってもしや…。
DSCF4492_convert_20170420161056.jpg
そう、名古屋城に行った際、城内で見た「名古屋おもてなし武将隊」の岡崎版だったのです。
名古屋おもてなし武将隊
DSCF4493_convert_20170420161113.jpg
写真に写っているのは家康で、徳川四天王と、何故か本多忠勝の娘「小松姫」が甲冑を着て登場していました(笑)。彼女が出ていたのは、去年の大河ドラマ「真田丸」の影響でしょうか。
DSCF4494_convert_20170420161129.jpg
帰りがけの道すがら、松尾芭蕉が詠んだ俳句の石碑がありました。文字が読めないので、立て看板だけ写しました。
DSCF4495_convert_20170420161145.jpg
売店には、岡崎の八丁味噌を使った味噌おでんが売られていました。以前も書きましたが、八丁味噌を名乗ることが出来るのは、この二つの味噌蔵だけなのです。
Screenshot_20170416-152050_convert_20170422075949.png
ところでタイトルに何故ヒノアラシなるものが入っているのか?と思われた方もいるでしょう。実はポケモンgoに二月から新しく加わったポケモンで、ネットによればこの岡崎城公園に大量に沸いてくるという話だったのです。ですから、桜と城以外にも、ここでヒノアラシを乱獲して、最低でもマグマラシ、あわよくばバクフーンまで進化させられたら…と思っていたのでした。しかし点在する史跡の写真撮影をしながらポケモンを狩っていくのは思ったよりも難しく、しかもあちこちにバラけて沸いてくるのでなかなか捕まえることが出来ません。それに所謂「新御三家」と呼ばれる捕獲の難しいポケモンですから、ボールに入ってもすぐに逃げられてしまいます。さらに悪いことに雨が降ってきたので、やむなく予定を切り上げて帰ることに。結局当初の予定とはほど遠く、たった二匹しかゲット出来ませんでした(涙)。
スポンサーサイト
コメント

No title

おお、この石像は
あの戒めの掛け軸の権現様ね!
(^_−)−☆
して 随分と2枚目が演じているようなぁ?
って コトよりも 前掛け‼️
いいなぁ
欲しいかも なんて語りつつ
今朝も出汁巻 焼きますかぁ。
(^^)


No title

八丁味噌を名乗れるのは
この二社だけだったとは
全く知らなかったです。
戦国イベントなど
行ったことが無いので
こんな感じに盛り上がってるのですね。

おはようございます

今年は、お花見ができませんでした。
土日の天候が良くなかったですからね。

明日からの週末はノンビリしたいです。
お花見の時期が明日だったらよかったのに残念です…(泣)

八丁味噌…♪

おはようございます(^^♪

赤だしのお味噌汁が懐かしいです。
こちらではほとんど作ってませんので・・・笑
八丁味噌はカクキューしか知りませんでした。
八丁味噌は隠し味に使うと
とても深いコクが出るように思います♪
ところで・・・ヒノアラシはどうなりましたか^^

No title

 おはようございます。
 今年の大河ドラマも今のところは対今川家との話が中心ですが、時期に岡崎や徳川四天王にも及んでいくんだろうと思って見ています。
 それはともかく、本多忠勝といえば昨年の「真田丸」の影響で、藤岡弘、が演じたあのイメージが染み込んでしまい、この記事を読んだ際も頭に浮かんできてしまいました。^^;

おはようございます

お~
3次元石像もあるんですね
 
人間
戒めを肝に銘ずる
本当大事ですね (^.^)
 

No title

おはようございます。
名古屋おもてなし武将隊ってあるのですね。
やっぱり、家康はみなさんの心の中にありますね。
赤だしのお味噌汁大好きです~

No title

自分の惨めな姿を絵師に描かせたところが家康公
らしいですね。
どちらかというと新参者だった井伊家が徳川四天王と
評されるようになったいきさつが、ちょうど今ドラマで
語られているところで、注目してます。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
しがみ像の絵の方は、名古屋の徳川美術館にあるということです。とはいえ、それは写しのようで、実物が何処にあるのかは分からないようです。
武将隊のオーディションは結構厳しいようで、そこで厳選されてくるのでしょう。詳しくは分かりませんが(笑)。

No title

せいパパさんこんにちは。
以前も書いたように、豊田の枡塚味噌も製法としてはほとんど同じです。しかし岡崎城から八丁離れた八丁村で作られた味噌という意味なので、除外されてしまうわけけです。
こういったイベントは、集客力がありますね。名古屋城ほどではありませんが、当日かなりの見物人がいました。

No title

たろさんこんにちは。
今年も桜が満開になっている時期は短かったですね。必ず途中で雨に降られて、花が散ってしまいます。週明けにはもう葉桜になっていました。
今年は体調も悪かったのでは?マラソンの悪影響ともいえそうです。

No title

cacocacoさんこんにちは。
全国的にはカクキューでしょうね。まるやの方は地元岡崎を中心に、県内及び東海三県で販売しているといった感じでしょうか。
実はですね、新しいスマホの写真をPCに入れられないので、まだ書いていないのです。それが出来次第、追加で書く予定にしています。

No title

kouさんこんにちは。
私は大河ドラマを視ていないので、今年の女城主直虎がどんな話なのかは分かりません。ただ井伊直政を育てた人のようなので、直政に多大な影響を与えたであろうことは容易に推察出来ます。
藤岡弘は、以前から本多忠勝を演じてみたかったそうです。以前「おんな太閤記」で織田信長を演じていたことがありましたね。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
家康館の近くにあったのは、この石像だけでなく、本多忠勝の石像もありました。少し離れて、家康の銅像が立っているといった感じですね。銅像の方は、趣味の鷹狩りの様子を模しているようです。
トップに立つと、厳しい事を言ってくれる人がいなくなるので、その戒めの意味もあったのでしょう。

No title

ムームーさんこんにちは。
岡崎の人にとっては、家康はそれこそ神様のような存在でしょうね。その家康ですが、実はあまり岡崎に居つくことなく、遠江を手にしてから浜松に拠点を移しました。そのせいか、浜松では家康の地元は浜松だと言い始めているようです。ちょっと困った事ですね(笑)。

No title

もりさんこんにちは。
仰るように、井伊直政は徳川四天王の中では新参者で、しかも三河以来の家臣でもありません。酒井忠次は家康の縁者ですし、本多忠勝や榊原康正は幼少期から家康に仕えてきた忠臣です。
ですから、直政がここまで出世したのは、よほど家康に気に入られたのでしょうね。武力だけでなく、官僚的な面でも優れていたのでしょう。

No title

歴史的に意味深い地域ですねぇ。

その後の江戸幕府に向けた野望が生まれた場所なのでしょう。

八丁味噌はその二つしか名乗れないんですか。

てっきり、あのような色をした味噌を総称して八丁味噌と呼ぶのかと思ってました。

No title

MONTAさんおはようございます。
信長が生きている間は、家康には天下を取るなんてことは考えてもいなかったと思いますよ。信長が本能寺で死んで、命からがら伊賀越えをして岡崎に帰ってきた時に初めて「ひょっとすると天下が取れるかも?」と思ったのではないでしょうか。ただし信長の家臣であった秀吉が台頭してくるなんて、全然考えてもいなかったことでしょう。
八丁味噌は産地の地名なんですね。ですからカクキューとまるやだけなのです。

へるぞうさん、こんばんは。

武将隊、岡崎城にもっっ(*゚∀゚*)!
名古屋城には姫は居ませんでしたね。
甲冑を着た姫、機会があれば
見てみたい!

英語を話す信長様に、
利家慶次のW前田。
武将隊、今思い出しても
カッコよかった。
いい思い出です(*^^*)

No title

杏さんおはようございます。
岡崎城にも武将隊があることは知っていましたが、実際に見るのはこれが初めてです。ただし名古屋おもてなし武将隊とやっていることは何ら変わりません。出てくるのが徳川四天王という重臣と何故か姫武者(笑)がいるという違いはありますが。
英語を話していたのは、信長ではなく家康ですよ。あの時、外人が飛び入り参加したのには笑ってしまいました。

サヤ侍

家康が家康が三方ヶ原の戦いでの惨敗を後悔して描かせた画は有名で何度か見ましたが、少しコケティッシュな感じがありましたが銅像ではなかなかあの味のある表情は出せませんね(^^)
東海地方で売る味噌はすべて「八丁味噌」だと思っていましたが、2社の専売とは知りませんでした(^^;;

No title

サヤ侍さんおはようございます。
あの有名な絵ですが、浜松城に居た時に書かせたものなので、実は岡崎とは何の関係もないのですね。そんなこともあって、浜松が家康ゆかりの土地だと盛んに言っているようです。
八丁味噌は二社だけの登録商標になっています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する