鯛の天ぷら

二週間振りに一色漁港へ行ってきました。今年になって、出漁状況のメールが無くなったので、一色詣でも不便になりました。
DSCF4402_convert_20170314190420.jpg
そろそろ桜鯛のシーズンですね。
DSCF4403_convert_20170314190453.jpg
これは雌かな?と思っていましたが、やっぱりそうでした。
DSCF4404_convert_20170314190512.jpg
刺身にするには一日は寝かせた方が良いので、違う使い方をします。少し厚めの削ぎ切りにします。
DSCF4405_convert_20170314190527.jpg
それに衣をつけて油で揚げました。もうお分かりですね。
DSCF4406_convert_20170314190542.jpg
そう、鯛の天ぷらです。徳川家康はこれを食べてから、急に腹の調子が悪くなって死んでしまったと云われています。もっとも、家康が食べたのは真鯛だけでなく甘鯛もあったとか。それに天ぷらというよりも唐揚げに近く、さらにその上にニンニクを摺り卸して薬味にしていたとか。簡単に想像出来る料理とは言えませんね(笑)。
スポンサーサイト
コメント

No title

美味しそうですね。
徳川家康も鯛の天ぷらを食べて
あの世に逝っちゃうとは
残念だったな。

No title

鯛を天ぷらで(*´◒`*)で・・・・・
あさ空腹な この時間に
犯罪的にウマそうらしい!

って
天ぷら食って亡くなったってのは
ナントナク覚えていたけど
鯛ダッタンダァ〜
_φ(・_・ メモメモと。

No title

せいパパさんおはようございます。
徳川家康は日頃から摂生に努めて、あの当時では珍しい程長生きしました。それもあって晩年、少しぐらい贅沢をしても…と思ったのでしょう。今と違って、刺身で賞味するということはまずなかったようで、天ぷらにしたようですが、本来なら榧の実を搾った油を使うとか。これはまず入手出来ません。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
家康が鯛の天ぷらを食べて死んだ話は有名ですが、実は毒を盛られて暗殺されたとか、既に胃癌だったので、それとは関係ないとか云われています。実際のところはどうなんでしょうね?
昔と違って、今は真鯛よりも甘鯛の方がずっと高価です。私ももう何年も食べていません。

おはようございます

大好物の天ぷらを食べて亡くなっただなんて、
ちょっとかわいそうな気がします。
鯛が大好物だと知った暗殺者の仕業でしょうね、きっと。
徳川家康は当時としてはびっくりするほど長生きでしたから、邪魔に思った輩も多かったのでしょう。

No title

 おはようございます。
 家康が食べて亡くなったという話があるくらいなのに、自分は鯛の天ぷら料理を初めて知りました。^^;
 それはともかく、1枚目の画像の真鯛の色は鮮やかですねぇ こんな真鯛の厚めに切った身はさぞかし美味しかったのではないでしょうか。^^

No title

たろさんおはようございます。
鯛の天ぷらを食べた切欠は、茶屋四郎次郎という家康と懇意の豪商が、京都でこれが流行っていると聞いたことにあったようで、ちょうど駿河湾で水揚げされた真鯛と甘鯛が献上されたこともあって、それらを天ぷらにして食べたと云います。
以前「真田幸村の謀略」という映画がありましたが、雪村が大坂夏の陣を生き延びて家康を執拗に狙っていたという話でした。そういった連中も少なくなかったでしょうね。

No title

kouさんおはようございます。
真鯛の場合、一日ほど冷蔵庫で寝かせた方が旨みが強くなるので、買った当日は刺身にはしません。ですから別の料理法として、天ぷらにしてみたわけです。本来なら、タラノメも一緒に揚げると尚良かったのですが。
刺身にするのが、魚の一番美味い食仕方ではないと思っています。ちょっと邪道かもしれませんが、これも鯛を美味く食べる一つの方法ではありますね。

おはようございます

え~
てんぷらですか!
発想がすごいなぁ (^.^)

おいしそうですが
家康はなぜ?でしょう 

No title

食べ物には気を使っていた家康さん、鯛のテンプラ以外にも何か食べたはずですが、鯛のテンプラが一番の原因ですかねえ。
今でもそんなのありですか?

No title

おはようございます。
家康は鯛の天ぷらで具合が悪くなったとは
知りませんでした。

昨夜は一人ご飯だったんですが、
半額の鯛の刺身と牡蠣とわかめのしゃぶしゃぶ鍋
鯛もしゃぶしゃぶしようかと思ったけど
プリプリだったので刺身で。

鯛は、刺身、煮付け、塩焼き、
天ぷらはしたことがないです。
何か勿体ないような気もするけど、
美味しいのは想像できます。

No title

おはようございます。
鯛の天ぷら美味しそうですね。
昔にこんなに美味しい物を食べたのですね。
あれだけの人物もあっけない幕引きですねぇ。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
これは勿論私のオリジナルなんかではなく、四百年以上昔にモデルがありますからね。それにしても、昔は今よりももっと魚が獲れたことでしょう。献上された真鯛は、かなりの大鯛だったようです。私なら、甘鯛の方が好きなので、そちらの天ぷらにしたかったのですが…。

No title

nibari1498さんこんにちは。
家康は薬の調合も玄人顔負けで、晩年も自分自身で薬を煎じていたようです。その際の薬ですが、どうやら麻薬成分が含まれていたという説があります。恐らくは既に癌になっていて、それの痛み止めではなかったかと思うのですが?

No title

casa blancaさんこんにちは。
江戸時代には生の魚を刺身で食べることが、割と一般的になってきたようです。そもそも初鰹なんて、刺身で食べないと意味がありませんよね。ただし家康が存命中はどうだったのでしょうか?あれだけ用心深かった家康ですから、生では絶対に食べなかったでしょう。そんなこともあって、天ぷらなら油で揚げるから、家康も安心して食したのでは?

No title

ムームーさんこんにちは。
家康という人は、とにかく毎日の生活は質素倹約を貫いた人で、麦飯と味噌汁、それに野菜の煮物と焼き味噌を毎日食べていたとか。晩年駿府に移ってからもそうだったでしょうが、たまには贅沢をしてみたいと思っても無理ないでしょうね(笑)。

No title

鯛の天ぷらですか。

ある意味贅沢な天ぷらかと思います。

とは言え僕は以前、卵白、生姜搾り汁、塩、片栗粉でしばらく漬け込んで揚げた鯛に、ケチャップベースの甘酢餡をかけたものを作った記憶が有りますが。

こちらも美味しいですよぉ~。

No title

MONTAさんおはようございます。
ケチャップベースの甘酢餡といえば、酢豚みたいな感じでしょうか?むしろ真鯛よりも、少々癖のある黒鯛を使ってやってみると良さそうな気がしますね。黒鯛は、もう少し経つとキロ¥500ほどになりますから、いろんな調理法を試してみるには格好の素材かと思います。

鯛の天ぷら…♪

おはようございます(^^♪

鯛の天ぷら、良いですねぇ~♪
チヌではどうでしょうか!
山菜なども天ぷらにすると食べやすいので、
臭みが気になるチヌも良いかもしれませんね♪
一夜干しにしたチヌを天ぷらにしても良いかなぁ~と
考えながらのコメントです・・・!

No title

cacocacoさんおはようございます。
鯛は本来刺身かもしれませんが、たまにはちょっと悪戯してみたくなるものです(笑)。チヌも悪くはないと思いますが、昨日そちらに書いたように、洗いにしてみることをお勧めします。本来はスズキやマゴチを洗いにするのでしょうが、チヌもこれをすると臭みが抜けて、結構美味いものです。チヌを揚げるとすれば、天ぷらよりもフライでしょうか。

サヤ侍

入れたつもりが入っておりませんでした、この頃ボケに磨きがかかってまいりました(^^ゞ
徳川家康の名が出ると歴爺の小生すぐに立ち寄りです。一色漁港ってどこぞな?とネットで見てみました。近くに岡崎、刈谷、安城、矢作川等々!?、山岡壮八の「徳川家康26巻」の世界が浮かんでくるようです。
若い頃夢中で読みました、家康のような偉大な人間が今のこの時代に生まれて欲しいものです。

No title

サヤ侍さんこんにちは。
この辺りは、徳川に関する歴史の宝庫ですよ。特に三河一向一揆に関する場所でもあったので、その当時一揆勢が立てこもっていた浄土真宗の寺も現存しています。これは以前書いたことがありますが、本證寺という寺は、見た目は寺というよりも城郭のような雰囲気が残っています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する