電気ブラン

市内の西友に行った際、電気ブランを買ってきました。
DSCF4398_convert_20170313034521.jpg
量販店などでよく見かけるのですが、買うのは初めてです。
DSCF4401_convert_20170313034600.jpg
分類としてはリキュールになるようです。
DSCF4399_convert_20170313034546.jpg
電気ブランを作った神谷傳兵衛という人は、一色漁港のある旧一色町(現在では西尾市一色町)の出身の人だったようです。今でも愛飲者がいるほどのロングセラー商品を作った人が、この辺りの人だったことはちょっと驚きです。まあ、味の方はさほど美味いわけではありませんが、いつの間にか無くなってました(笑)。
スポンサーサイト
コメント

No title

電気と言う言葉を付けるのが
流行ってた時代があったとは
はじめて知りました。
それほど電気は最新で斬新なイメージがあったんですね。

No title

せいパパさんおはようございます。
何故電気なのか?というと、仰るようにこれが発売された明治時代には電気はハイカラなイメージがあったことと、アルコール度数が高いので、電気に痺れたような感じがあるとされたことに由来するようです。
味の方はちょっと甘めですね。冷やして飲むと、それなりに飲めてしまいます(笑)。

おはようございます

浅草の神谷バーで売っているのとは、
パッケージも違いますね。
中身は一緒だと思いますが…。

No title

たろさんおはようございます。
それってこれの事でしょうか?
http://www.oenon.jp/product/liqueur-spirits/denki-bran/denkiburan30.html
電気ブランにはアルコール度数が30と40があるようですね。ちなみにこちらは40度です。まあ、そんなに強い酒だとも思いませんが(笑)。

このポケット瓶サイズに の他に
750位入ったボトルが存在するんだけど
この市販用を作っている会社の工場が
わが町にあるんだけど
何故か 市中では
見かけないんだよなぁ〜

みると 飲みたくなるなあ
此奴は!

No title

おはようございます。
電気ってついてるから電気製品かと
思いました。
パッケージが面白いですね。

こんにちは

お~
神谷バーのやつですね
むかし 展示会でこの辺で呑んだ事あります
 
 

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
この電気ブランですが、現在はあのオエノングループが販売しているようで、その関係で旭川に工場があるのでしょう。そういえば、旭川には以前三つ酒蔵があったような…。その一つがオエノン傘下になったような気がします。
そんな旭川で売られていないというのはおかしなことですね。この辺りだと量販店には必ず置いてあります。

No title

ムームーさんこんにちは。
まだ電気が珍しかった明治時代には、それはハイカラな代名詞だったのでしょうね。それに昔はそれほどアルコール度数の高い酒はなかったので、飲むと痺れるように感じたのかもしれません。
パッケージのデザインは、それに合わせたお洒落な雰囲気に…ということでしょう。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
神谷バーをご存知でしたか。私は存在は知っていますが、浅草に行ったことはただの一度だけ、しかも浅草寺だけなので、一体何処にあるのかすら知りません。かつてはお洒落な街だったと云いますが、とても想像すら出来ませんね(笑)。

No title

おもろい名前ですね。アルコール度が強いので、下戸が飲むと電気が走るような感じ…てっ意味かなあ。
ケースが時代物の感じ。

No title

神谷バーには何回か行ったことがありますが、
量販店で売っているとは思いませんでした。
ケースも初めて見ましたが、なかなかグー
ですね!
40度のお酒を360ml空ける元気はありませんが、
神谷バーのお店の雰囲気が好きです。

No title

知らないんですよねぇ電気ブラン。

一度呑んでみたいものです。

No title

 そうなんですか 知りませんでした  松木島の駅 ホームの格好だけ残ってます  風だけが吹いてます  
 名鉄電車 昔の色は深緑でした 

No title

nibari1498さんおはようございます。
アルコール度数だけでいえば、96度もあるスピリタスというウォッカや、68度あるバーボンの原酒などもあって、40度ぐらいでは驚くほどでもありません。まあ、昔はせいぜい焼酎ぐらいしかなかったと思いますから、これでもかなり強烈だったのでしょう。

No title

もりさんおはようございます。
浅草の神谷バーへ行かれたことがおありでしたか。明治時代から開業していたとのことですから、もう百年以上になるのですね。私はこの商品によって、神谷バーを知る程度ですが。
どうもオレンジキュラソーが入っているようで、酒飲みには今一つかな?という気がしないでもありません。それでもこれぐらいならすぐ無くなりますね(笑)。

No title

MONTAさんおはようございます。
まあ買ってまで飲むような代物でもないとは思いますが…。これを買うぐらいなら、ブラックニッカクリアブレンドの方がお得な気がします。値段も少し高い程度で、量は倍ありますから(笑)。

No title

kさんおはようございます。
神谷傳兵衛が三河鉄道の社長だったことは知りませんでした。松木島駅が昔、神谷駅だったらしいですね。いずれにせよ、三河線の碧南から先は廃線になってしまったので、今となっては往時の面影すらないでしょう。これも時代の流れなので致し方ないことではありますが。

No title

初めまして^^

神谷バーで飲んだ事があります^^
とても強かった気がします(๑*౪*๑)

神谷バー以外でも、売っているのですね♪

No title

mauloaさんようこそ。こんな拙いブログに訪問して下さってありがとうございます。
神谷バーで供されている電気ブランがどれぐらいアルコール度数があるかは分かりませんが、明治時代の人であれば、それこそ電気に感電するほど強い酒だと思ったに違いありません。今ではこれより遥か強い酒が幾らでもあるので、私はさほど強いかな?と思ってしまいましたが(笑)。
宜しければ、また訪問してコメントを頂ければ、と思います。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する