ツバスのセヴィーチェ

金曜日に三河安城駅近くのスーパーに行ってみると、ツバスが特売になっていました。ツバスとはブリの若魚で、私はあまり好きではありませんが、とにかく値段が安い!一匹¥298なので買ってみました。
DSCF4135_convert_20161211161534.jpg
これなら二日ぐらいおかずに困ることはないでしょう。
DSCF4136_convert_20161211161551.jpg
ブリのようなウロコの細かい魚の場合、ヒラメ同様すき引きにしてウロコを取ります。
DSCF4137_convert_20161211161607.jpg
ま腹の周りは、思ったよりも脂が載っているようです。
DSCF4143_convert_20161211161624.jpg
ブリを刺身で食べる場合、山葵醤油よりもカルパッチョかセヴィーチェにした方が嫌にならずに食べらえます。今回は地元のレモンを使って、玉葱とピーマンを塩揉みして載せてみました。本来なら残りの半身も次の日にセヴィーチェにする予定でしたが、胃腸風邪を引いてしまい、食べることが出来ませんでした( ;∀;)。
スポンサーサイト
コメント

No title

おっとW(`0`)W
風邪はその後カイフクシたのかな?
それにしても 爽やかに美味そうだねぇ!
よき一皿を拝んで
月曜の朝 目覚めよしだなぁ!
(^-^)v

おはようございます

ツーバス(バスドラムが2個あるドラム)かの話題かと思いました(笑)
ツバスとイナダは別物?

ツバス…♪

おはようございます(^^♪

こちらではイナダという大きさのものかしら・・・!
ツバスは初めて聞きます。
嬉しいお値段ですよね~♪
それが、こんなに美味しそうな一品に♪
あらあら…風邪ですか!
こじらせないようにして早く治しましょうね。
お大事に・・・^^

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
熱は引いて節々の痛みはないのですが、胃腸の調子が今一つよくありません。それが治れば問題ないと思います。
この前はイワシでやってみましたが、ブリなんかにも合いますね。白身には合わない料理法です。

No title

たろさんおはようございます。
ブリのような出世魚だと、地方によって呼び方が違ってきますからね。イナダは関東の呼び方で、ツバスは関西でしょう。もう少し大きくなれば、関東ではワラサ、こちらはハマチとなります。ですから、イナダと同じものだと考えてよいでしょう。

No title

cacocacoさんおはようございます。
こちらではイナダとは呼びませんが、愛媛ではそう呼びますか。西日本でもちょっとずつ違うようですね。
正直、ブリ系統の刺身はちょっとだけ食べるなら良いのですが、たくさんとなるとどうしても飽きてしまいます。こうやって柑橘類やオリーブオイルを加えてやれば、随分と食べやすくなって、飽きることがありません。

No title

関東で言うイナダの事でしょうか?
胃腸炎大丈夫ですか
子供たちの間では胃腸炎が
流行ってますので
私も気をつけたいです。
お大事にしてください。

No title

おはようございます。
綺麗な身ですねえ、胃腸にきているのですね。
早く回復されるといいですね。
お大事になさってくださいね。

こんにちは

風邪は大丈夫ですか?
栄養つけて 早く直ってくださいね 
 
玉子酒でしょうか?
効くのは (^.^)
 

No title

せいパパさんこんにちは。
たろさん宛のコメントにも書いたように、関東ではイナダで通ると思います。ブリの地方名もいろいろあって、北陸ではガンドと言ったりするとか。彼の地ではこれを養殖と言い分けているそうですから、もう訳が分かりません。

No title

ムームーさんこんにちは。
熱と体の痛みはありませんが、相変わらず食欲はありませんね。それに舌に炎症が出ているので、それがかなり苦痛です。まあ、ここしばらく無理を重ねていますから、それが出てきたということでしょうね。なるべく休息をとるように心がけるようにします。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
玉子酒、昔はよく飲まされましたね(笑)。ただし効き目はどれだけあるのでしょうか?体を温めるのであれば、むしろ熱燗にして飲んだ方が良いのでは?と思ってしまいます(笑)。玉子が入ってしまうと、酒の味が損なわれてしまうなぁ…と思うのは、飲ん兵衛の性でしょうか?

No title

ハマチは成長の程度に応じて呼び方が変わるんですね。面倒くさくて覚えれませんが、家内が教えてくれても頭に入らずです。
夏場は刺身を控えますが、いま時だとおいしいですね。昨日我が家は鯛めしでした。

No title

なるほど、思ったよりは脂が乗っているのであれば、こういった食べ方も良いですねぇ。

ツバスはどうしても脂の乗りが悪いので、竜田揚げなどにするケースが多いです。

No title

へるぞうさんは花には縁がないと言うことですが、
私は料理に縁がありません(笑)
何でも食べるし、嫌いなものはありませんが、
セヴィーチェがどんなものか、恥ずかしながら
分かりません (>_<)
画像はカルパッチョでしょうか?
美味しそうですね!

No title

nibari1498さんおはようございます。
出世魚というのはあまり多くはありませんが、どれも古来日本人にとっては重要な魚だったのでしょう。ですから呼び方もその土地ごとにいろいろあって複雑極まりないものです。
確かに冬場の方が、刺身は美味いと思いますね。ヒラメやフグもこれからが旬です。

No title

MONTAさんおはようございます。
まあ脂が載っているといっても、ブリとは比べものになりません。ですから、セヴィーチェのようにオリーブオイルを添加してやるのがよく合うようです。もっとも、私はこれぐらいならオリーブオイルは使いませんが。
竜田揚げは魚ではまずやりませんね。何となくかしわを使うイメージが強すぎるのでしょうか?

No title

もりさんおはようございます。
カルパッチョというのは、元々肉を使っていたそうです。その代用として魚を使うようになって、今ではこちらが一般的になってしまいました。
セヴィーチェは南米あたりで、魚を生のまま食べる時に使う調理法です。基本的にはカルパッチョと変わるわけではありません。まあ、料理によって呼び方が変わるといった方が正しいでしょうか。

No title

せっかくのセヴィーチェ食べられなかったとは
残念でしたね。
お加減はよくなられました?
胃腸の調子が悪いと、
私はご飯を作りたくなくなりますが、
ご家族の為にちゃんと作るあたりは
爪の垢煎じて飲まねばいかんようです。(^。^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する