紅葉鯛

十一月頃から十二月初めにかけて、真鯛が取れる時期があります。春は桜鯛ですが、ちょうど紅葉の時期と重なることから「紅葉鯛」と呼ばれることがあります。
DSCF4098_convert_20161205153953.jpg
先週の木曜日に一色漁港へ行ってきました。ちょうど真鯛があったので購入。50㎝近くあります。
DSCF4100_convert_20161205154009.jpg
三枚に卸してみたところ、どうも身質が今一つのようです。意外と身が太くなくて、透明感が感じられません。
DSCF4116_convert_20161205154030.jpg
刺身にしてみましたが、これもイマイチです。紅葉鯛は桜鯛よりも美味いと思っているだけに、これは残念な結果となりました。なぜこうなっているのか、それがよく分かりません。
DSCF4119_convert_20161205154046.jpg
そこで刺身は諦めて、鯛ちりにしてみました。切り身に塩を振ってしばらく置き、80℃ぐらいの熱湯に浸してすぐに冷水に取ります。要は霜降りですね。これをしっかりやっておくと、魚の生臭みが抑えられます。
DSCF4121_convert_20161205154103.jpg
こちらの方は問題なく美味でした。
スポンサーサイト
コメント

No title

私なら刺身で
美味しい美味しいって
食べ尽くしちゃうだろうなぁ
モア美味しいを知っている
へるぞうさんだから
・・・
久々に叫ぼう♪( ´θ`)

年上の養子!いらない?

と。

おはようございます

刺身、美味しそうにみえます(笑)
└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんは、全部刺身のようですが、
自分なら、刺身と鯛ちりの両方、いただきたいですね。
欲張りだから(笑)

紅葉鯛…♪

おはようございます(^^♪

「まぁ立派な鯛~♪」と思ったのですが、
残念な結果だったのですね。
言われてみれば、
確かに透明感がないように見えます。
お刺身を諦めて鯛ちりですか…♪
我が家ではめったのお目にかかれない
贅沢な鍋になりましたね^^
間違いなく美味しいでしょう♪

No title

 おはようございます。
 自分にも外見は立派な鯛に見えたのですが、捌いてみるとこのようなことがあるのですね。
 鯛をちり鍋で食べたことはないのですが、鯛をよく味わえる食べ方のように思います。刺身としてはイマイチでも、せっかくこれだけのサイズの鯛ですから、美味しくいただきたいです。やっぱり料理の引き出しが多いといいですね。^^

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
これがヒラメだったら、刺身で食べる他ありませんが、鯛の場合他の料理法がいろいろとあるので、今回は鯛ちりにしてみたわけです。まあ、こういったことはありますね。見たところ良さそうに思えたのですが…。
美和さん共々、こちらに移住した方が良いでしょう。雪の苦労はまずありませんよ。

No title

たろさんおはようございます。
半身は刺身、半身は鯛ちりにすれば良いですね。刺身で食べられるのであれば、鯛しゃぶしゃぶも非常に美味いものです。この鯛を買った時には、鯛しゃぶしゃぶにしようかと思っていましたが、刺身がイマイチだったので止めました。

No title

cacocacoさんおはようございます。
買ったときは活けで、私が締めて持って帰りました。ですから、こんな身質になっているとは全く予想しなかったのです。刺身にする場合、身に透明感がないと、締まりがなく美味くないのです。これがまさにそうでした。天然物はえてして、こういったことがままあります。

No title

kouさんおはようございます。
こういった場合、刺身にしても締まりがなく美味くないので、鯛ちりにしてみたわけです。これ一匹¥2,000でしたから、ちょっと勿体なかったような気もしないではありません。これがハタなんかだと、最初からちり鍋にしていたでしょうね。あるいはしゃぶしゃぶとか。まあ鯛はヒラメと違うので、鍋でも十分美味い魚です。

No title

写真で見ても透明感が
少なく感じます。
どうしてか不思議ですね
違う調理法にすぐに変えて
美味しそうな姿になりましたね。

No title

おはようございます。
刺身はやめて鍋にされたのですね。
美味しそうな鍋ですね、いいお味が
出て美味しかったでしょうね。

No title

刺身から鯛ちりに急きょ変更とは、さすがです!
紅葉鯛と桜鯛、そして霜降りのことも、とても勉強になりました m(_ _)m/

No title

せいパパさんこんにちは。
柵取りした段階で、こんな白っぽい物は刺身にしても美味くありません。これはどんな魚も共通で、フグであってもそうです。
刺身に向かない場合、加熱することでそれなりに美味く食べることが出来ますね。ちり鍋はこの時期にはもってこいの料理だと言えます。

No title

ムームーさんこんにちは。
刺身で食べるのを楽しみにしていたので、結構ガッカリしてしまいました。この時期の真鯛は、脂の載りは春よりも上だと思いますし、これが年末になってしまうと、鯛そのものが獲れなくなってしまうのです。もう桜鯛の時期まで待つより仕方ありませんね。

No title

もりさんこんにちは。
折角買ってきたのだから、何とか美味く調理して食べたいものです。煮たような料理に「鯛のしゃぶしゃぶ」があるのですが、あれは刺身に出来る鯛でないと美味くないでしょう。やはり身質が大事ですね。
魚のちり鍋の場合、霜降りにしないと生臭みが出て嫌になることがあります。これはどうしてもやっておくべき工程ですね。

こんにちは

うわ~
鯛の刺身! 絶対美味しいですよね (^_-)
いまいちですか?
舌の肥え過ぎかも (=^・^=)

 

No title

2日前海辺の道の駅で買って食べたのが鯛めしです。小骨がきれいにとってあって、実に美味しかった。
鯛めしは松山をはじめ瀬戸内海各地の名物になっています。
料理しても骨の折れる骨の多い魚ですね。

No title

魚は下ろしてみるまで分からない面があるんですねぇ。

刺身はただでさえ加食部分が減るのに、こういった事態も踏まえると高くなるのは当たり前間も分かりません。

とはいえ、すかさず別の料理にしてしまうところが凄いところだと思います。

No title

こんばんは~ さすが下ごしらえが凄い~
そうしておくことで美味しいものが食べられるんだから しないといけないけど・・邪魔くさいからしないとか 知らないからと言うことなんですね
手間ひまかけることはなんでも大事ですね~
紅葉鯛! って美味しいと聞いてましたが そうでもないのがあるんですね~ なるほどです

No title

へるぞうさん、おはようございます。

桜鯛は聞いたことがありますが、
紅葉鯛は、初めて聞きました。
桜と紅葉、時期でそのままついた
名前とはいえ、響きが美しく
感じました(^^)

お鍋にするときもちゃんと
美味しくなるひと手間を加える。
へるぞうさんのお料理を通して、
いろいろ学ばせてもらってます。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
鯛は魚の王様ということになっていますが、味に関してはこれよりも美味い魚は一杯あります。ヒラメなんかは、刺身に関しては鯛より上という人が多いのです。いずれにせよ、身質が悪い魚は、如何に鯛であっても下魚にも劣るということですね。

No title

ninari1498さんおはようございます。
鯛めしは各地にあるようですが、宇和島あたりだと炊込み風ではなく、卵かけご飯のような感じだったと記憶しています。骨が取ってあるということは、炊込み風の鯛めしなのですね。私は両方ともやったことがあります。好みとしては炊込み風の鯛めしですね。

No title

MONTAさんおはようございます。
折角買った紅葉鯛でしたが、残念な結果になってしまいました。以前の仲買なら、この時期必ず鯛を買い付けていましたが、今はそうもいかないので、この次があるかどうか…。
刺身が駄目でも、加熱すればそれなりに食べられるものですね。

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
関西だと「明石鯛」が有名ですね。味もさることながら、あのあたりの漁師は一本釣りをしていたり、〆る処理が優れていたりで、魚を知り尽くしているようです。この辺りは底引き網漁なので、活きていても魚が傷めつけられていることが多いのです。今回もそんな感じでしたね。

No title

杏さんおはようございます。
桜鯛は有名ですが、紅葉鯛はあまり聞いたことがないのでは?元々獲れる量も少ないし、知る人ぞ知るといった感じです。私はこの時期の方が美味いと思っていますが、値段は結構高めです。それに対して、桜鯛は値段が安くて買いやすいのがメリットですね。

No title

こんばんわ、十分美味しそうに見えますが。。。

我が家にももう一人

へるぞうさんが欲しいかも(^-^)

No title

鯛も季節で呼び名が変わるのですね。
桜鯛より美味しい筈の紅葉鯛がイマイチでしたか。
確かに身に透明感がないですねぇ。
鍋にしたら問題はなかったようで安心しました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する