アジのひゅうが飯

以前鯛を使って、愛媛の郷土料理である「宇和島の鯛めし」を何度か作ったことがあります。私自身、愛媛はおろか四国すら一度も訪れたことがないのですが。
DSCF9178_convert_20141005025026.jpg
愛媛には鯛めし以外にも「ひゅうが飯」という料理もあるようです。こちらは鯛ではなくアジを使うのが一般的との事。都合良く仲買でアジを貰ってきたので、これをやってみることにしました。勿論刺身で賞味できる鮮度のアジを使うことは言うまでもありません。
DSCF9179_convert_20141005025046.jpg
アジは三枚に卸して腹骨と血合い骨を取り除きます。
DSCF9180_convert_20141005025106.jpg
アジの皮を引く時は、包丁の背を当てて引くようにします。
DSCF9181_convert_20141005025126.jpg

濃口醤油と酒、みりんを合わせたタレに生卵を入れてよくかき混ぜ、そこに削ぎ切りにしたアジを浸します。あまり長い時間漬けておくと、醤油の塩分が染み込みすぎるので、せいぜい三十分程度でしょうか。
DSCF9182_convert_20141005025144.jpg
薬味には摺り胡麻、葱、茗荷、それからみかんの皮をみじん切りにした物を使います。
DSCF9183_convert_20141005025203.jpg
炊き立てのご飯にタレごとアジをかけて、そこに薬味を散らして食べます。あれれ、これは宇和島の鯛めしと変わらないような…。ひゅうが飯を鯛で作れば全く同じように思います。ただ薬味に使ったみかんの皮がアクセントになっていて、思った以上に美味いものでした。

スポンサーサイト
コメント

No title

へるぞうさん、おはようございます。

鯛めしは聞いたことがあれど、
ひゅうが飯は私も初めてでした。
ヅケ刺身入り卵かけご飯、
美味しくないわけないですね(*゚▽゚*)
捌くところを省けば、これは私にも
チャレンジできそうですp(^∇^)q
ただ、祖母宅から来た大量スダチを
活用したいので、ミカン→スダチの
『ひゅうが飯/徳島ver.』
にしてしまうかもしれません(^ ^;)

No title

杏さんおはようございます。
調べていると、鯛めしとひゅうが飯は呼び方の違いに過ぎないような気が…。MONTAさんやcasa blancaさんのように愛媛在住、または出身の方がコメントして下さるので、実際のところはどうなのかお聞きしたいところです。
今回はミカンにしましたが、最初は買ってあったスダチの皮で代用しようかと…。わざわざ近所のスーパーでミカン一つ買って、表面を良く洗って使いました。

みかんが新鮮かも

おはようございます

ひゅうが飯は初めて聞きました
「日向」と関係があるのかな?と思ってググってみたら、
日向国(宮崎県)から伝わったものという説もあるようですね。

鯵が大好きな自分としては、たまらない一品です
みかんの皮がきっといい味を出しているでしょうね。
愛媛らしいです。
casa blancaさんは地元ですから、きっとご存じでしょうね。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
「ひゅうが」とは、仰るように日向の国から伝わったという説と、伊予水軍の根拠地の一つ日振島で食べられていたので、日振がなまってそう呼ぶようになったという説があるようです。
ミカンの皮を使うというのは意外でしたが、これがよく合うのには驚きました。酸味と苦味が魚の臭みを消して味を引き締めているようです。

No title

美味しそうです
この時間だからお腹が・・・
おっと子供にご飯を食べさせて
学校に送って行かなければ!
昨日と一昨日の二日間
ミーティングで回転寿司に行って
青物を沢山食べてきました。

No title

せいパパさんおはようございます。
日曜日なのでのんびりしているのかと思いきや、息子さんは学校の行事があるのでしょうか?確か先週は運動会でしたね。
回転寿司ではマグロやサーモンが人気のようですが、魚好きは青魚を選ぶことが多いようです。せいパパさんもそうでしょうね。

No title

ひゅうが でも こうが でも いーが ら
などと つまらない洒落をこぼしている場合ではなく

美味しそうですねえ…今朝も

  σ(゚ー^*)

No title

仙台から、おはようございます。
 なるほど、これがうわさに聞く「ひゅうがめし」ですね。以前、テレビでちらと見たことがあって「ふ~ん?」と思っていたのですが。生卵を使うこともユニークですが、この薬味の使い方がおもしろいですね。摺り胡麻、葱、茗荷、そして、蜜柑の皮ですか、なるほど・・・、これはいい組み合わせですね。
 七味唐辛子の中にも蜜柑の皮が入っていましたよね。陳皮(ちんぴ)と言って漢方では食欲増進、健胃等の薬効があるのですが、なによりも、あの香りが食欲をそそります。

 ところで、以前の「鯛飯」と今回の「ひゆうがめし」の違い、casa blancaさんはどのようにコメントなさるのでしょう?

No title

おはようございます。
私は知っているだろうという期待に
あら、どうしましょなんですが、
私も初でした。(^。^;)

宇和島生まれの母が、
鯵で作っていた冷や汁(さつま汁)は
記憶にあるのですが、別物ですね。

みかんの皮を散らすあたりは、
愛媛って感じですね。
鯵の実をすりつぶし、味噌味の冷や汁より
こちらの方が好みかも。

さて、MONTAさんはご存じでしょうか?

No title

これは何杯でも食べれそうですねぇ。

鯵の皮、僕は手で剥いでますねぇ。

良いかどうかは分かりませんが。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
甲賀忍者の里だった旧甲西町に隣接してはいませんが、近江商人発祥の地から私の先祖が出ているとか。子供の頃一時期大津にいたことはありますが、それ以外は訪れる機会もなく、ほとんど縁が無くなってしまいました。
一方伊賀忍者の里は市町村合併して伊賀市になりました。いつの日にか松阪牛と並ぶとされる、伊賀牛を食べに行きたいところです。

No title

あきあかねさんこんにちは。
ひゅうが飯の名前は知っておられるわけですね。宇和島の鯛めしは何度が作っているので、今回はこれをレシピを参考に作ってみました。
ミカンの皮が七味に入っているのは知っていましたが、漢方薬としての効用もあるのですね。ミカンの皮を使うのも、昔の人の知恵でしょうね。

No title

casa blancaさんこんにちは。
宇和島の鯛めしは、愛媛の方なら知っているだろうと先入観を持っていたのかも知れません。食べる地方と食べない地方があるということを、すっかり忘れていました。
冷や汁は生のアジを使うのですか。私が聞いたのは、アジの干物をほぐして使うというものです。どちらにするかは好みの問題でしょうか。

No title

MONTAさんこんにちは。
早い話が刺身の入った卵かけご飯ですから、好きな方なら何杯もいけるでしょうね。牛丼屋よりも、これを売るチェーン店があれば良いのですが。
勿論アジの皮を手で引く場合もあります。包丁を使うならこれかな?といった感じでしょうか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する