不揃いのマルアジ

三河安城駅近くのスーパーで、マルアジを買ってきました。マルアジはマアジとは異なり、くさやの原料になるムロアジの仲間です。マアジよりも味が落ちるとされその分値段も安く買えるのですが、最近ではマアジがなかなか獲れないので、その代用品になっているようです。
DSCF3703_convert_20160918134132.jpg
¥298(税抜き)と¥198(税抜き)とがあって、もちろん安い方を買ったのは言うまでもありません(笑)。
DSCF3706_convert_20160918134154.jpg
ではなぜ安いのか?というと、これは大きさが不揃いだからです。揃っていないと、値段にも影響するわけなのです。
DSCF3708_convert_20160918134232.jpg
捌ぎ方はマアジと同じです。頭と腸を取り除き、ゼンゴ(ゼイゴ)を切り離します。
DSCF3709_convert_20160918134256.jpg
それを大名卸しで三枚に卸し、腹骨を漉き取って置きます。出来れば血合い骨は抜いておいた方が良いでしょう。
DSCF3711_convert_20160918134315.jpg
生姜と醤油、それにみりんでたれを作ってマルアジを浸し、小麦粉をまぶしてフライパンで焼きます。
DSCF3712_convert_20160918134331.jpg
マルアジの蒲焼きが出来ました。ベランダで育てている大根の抜き菜と大根おろしを添えてみました。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます!
これは素直に
ご飯の友達^ ^だねぇ。
例によって
朝から 腹がなるナリィ
_φ( ̄ー ̄ )

No title

同じ魚でも不揃いだと
金額が安いんですね
野菜もそうだから同じなんですね。
間引き苗も有効利用とは流石
私は結構ポイッとしちゃう
庭に適当にばら撒いて
風が吹いてどっかに飛んでなくなっちゃう
そんな適当な作業だから・・・

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
最初はアジフライにしようと思ったのですが、イワシのように蒲焼きにしてみてはどうか?と思いやってみたわけです。こういった使い方の他に、干物にしたりすることが多いのですが、鮮度が良ければ刺身にして食べることもあります。多少血合いが多いので、マアジよりは劣りますが、冬場は脂がよく載っています。

No title

せいパパさんおはようございます。
天然物だと、大きさや形が不揃いなのは当たり前なのですが、消費者にウケが良いように揃えて売っていることが多いのです。これは消費者の側にも問題がありますね。市場では漁師が出荷前に、必死で選別している光景をよく目にします。サイズを合わせているわけです。そうでない入り合いと呼ばれるケースだと、どうしても買い叩かれてしまいますから。

蒲焼…♪

おはようございます(^^♪

アジの蒲焼…♪
作ってそうで作ったことがない一品。
魚の蒲焼はイワシのみです。
頭の柔軟性を持たないとダメですね。
創作料理が得意でないのは、
そこに問題があるかも…笑
大根の抜き菜、上手く使いましたね^^♪

No title

魚も大きさが不ぞろいだと安くなるんですねぇ。

勿論、大きさ不ぞろいなど気にしませんので安い方が良いです。

鯵のかば焼きですか。

美味しそうです。

No title

cacocacoさんおはようございます。
蒲焼きというと、普通は鰻、あるいはイワシでしょう。時々秋刀魚の蒲焼きもありますが、何故かアジはありませんね。イワシと同じ青魚でもあり、やって見るとそれなりに美味い物でした。ちなみに、鱧は付け焼きとは言いますが、蒲焼きとは言いません。何故でしょう?

No title

MONTAさんおはようございます。
醤油と砂糖を使ったタレに漬けて焼くのを蒲焼きと言いますが、何故蒲焼きなのか?については諸説あるようです。蒲の穂に似ているからというのが有力な説のようです。
家庭で使う場合なら、大きさが不揃いでも大して問題になりません。その分、安い方が家計にも助かりますしね。

こんにちは

これも~
美味しそうですね (*^_^*)
 
なぜ~
不ぞろいはいけないんでしょうね
自然のものはみんなそうなのにね ^_^;

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
養殖物は一定のサイズに成長したら出荷しますから、どれも同じ大きさになっています。例えばクルマエビですが、天然物のようにもし大きさが一定でないと天ぷら屋は困るでしょうね。ですからほとんどの店では養殖物のクルマエビを使っている筈です。天然物でもサイズが同じであれば、競りに掛ける前に漁師が選別した物でしょう。ただしそれだけでも大変な手間が掛かります。

さっきスーパーで「朝獲り」ってステッカーが貼ってあった小田原産の鯵がありました。疲れていなければ、買って刺身で食べようかと思いましたが、やっぱり捌くのが面倒なので買いませんでした。へるぞうさんのこの記事見て、やっぱり買ってくれば良かったと後悔しています(泣)

No title

たろさんおはようございます。
小田原のアジは有名ですが、その中には小田原近郊の漁港から持ってこられたアジがかなりあるようです。まあ、小田原の市場を通せば、小田原産を名乗ることは出来ますが。
アジは捌くのは面倒ではありませんよ。もっとも、日頃から魚を捌いていればの話ですが。鮮度の良いアジなら、刺身でも生臭くありませんからね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する