三尺ささげ

市内のJA産直所にささげが売っています。毎年夏になると出回ってくるので、美味くはありませんがなんとなく買ってしまいます。
DSCF3498_convert_20160810045755.jpg
ささげは緑色ですが、これは薄緑の物です。
DSCF3499_convert_20160810045821.jpg
三尺ささげと書かれていますね。
DSCF3511_convert_20160810045918.jpg
一方よく見かけるのはこちらの深緑のささげです。
DSCF3512_convert_20160810045937.jpg
こちらには「十六ささげ」と表示しています。厳密には違う品種なのでしょうが、どちらも同じ「ささげ」とされています。三尺ささげは豆が三尺の長さになるからそう呼ばれているとのこと。一方で十六ささげは実が十六個入っているからだとか。愛知県や岐阜県を中心に栽培されている伝統野菜といえますね。
DSCF3505_convert_20160810045838.jpg
普通は茹でてお浸しなどにすることが多いのです。
DSCF3509_convert_20160810045855.jpg
卸し生姜に醤油をかけて食べるのが、よくあるパターンでしょうか。ささげは茹でても青臭みがあるので、あまり好まれる野菜とはいえません。その場合には、マヨネーズで和えると子供でも食べやすくなります。
スポンサーサイト
コメント

ささげ…♪

おはようございます(^^♪

”ささげ”の名前はもちろん知ってますが、
食べたことはないです。
”十六ささげ”は、愛知県の特産なんですね。
さやいんげんとは違った食感なんでしょうか。

おはようございます

連日の飲み会で少々疲れております(笑)
サッと茹でて、生姜でいただく
胃疲れているときなどは、いいかも…。

今日も暑くなりそうです。
次の休みまで身体が持つかなぁ

No title

 おはようございます。
 いんげんによく似てますが、それにしても長いですねぇ
 茹でても青臭みがあるとのこと、ちょっと食べ方に一工夫が必要なようですが、マヨネーズで和えるのが効果的なのですね。^^

No title

cacocacoさんおはようございます。
この辺りでは当たり前に作られているのですが、全国的には珍しい野菜のようですね。ささげというと、乾燥させた豆を赤飯に使うと云いますが、残念ながらそんな物を見たことがありません。
莢インゲンよりも柔らかい食感があります。同じように胡麻和えにしても良いですね。

No title

たろさんおはようございます。
LINEで見ましたが、飲み会も連日だと疲れますね。こういった食欲のない日にも、これならさっぱりしていますから、食べられるかもしれません。
それにしても連日の猛暑で、私もだいぶバテ気味です。もう少し暑さが収まってくれれば良いのですが。

No title

kouさんおはようございます。
京都あたりでは食べられているようですが、関東の辺りではさっぱりのようです。やはり青臭いのが嫌われているのでしょうか。
マヨネーズで和えるのは、どちらかというと子供向けですね。臭いが気になるのであれば、天ぷらにするという手もあります。これなら大丈夫でしょう。

No title

毎朝冷凍いんげんを昼に弁当に使う私的には
オット超長いいんげん!って印象だけど
味噌と砂糖とゴマで和えてみたいなあと
思う朝でありました。
V(^_^)V

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
この辺りから東は、ささげよりもインゲンの方が好まれているようですね。以前ささげを東京に持っていったことがあったらしいのですが、見向きもされなかったとか。まあささげ自体、夏季限定ですから仕方ない面もありますが。
味噌と砂糖と胡麻で和えるというのは良いと思います。ちょっとした一品料理になるのではないでしょうか。

No title

おはようございます。
ささげは横目で見ていんげんになります。
綺麗な緑に仕上がっていますね、お野菜も
余り、加工しないで食べるのがいいですね。

こんにちは

豆類は
体にいいんでしょうね (^_^)
 
夏ばてしないようにしないように
でも~
麺類が多いですね ^_^;

No title

ムームーさんこんにちは。
京都には柊野ささげがありますね。柊野ささげも三尺ささげと呼ばれているようなので、恐らく同じ種類かと思います。流石に三尺ほどの長さではありません。
地元の人でもあまり使わなくなったようですね。お浸しや胡麻和え、天ぷらの他に、卵とじにすることもあります。これは結構イケますよ。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
この辺りだと、ささげを作っている農家はそれなりにあるようです。ただ若い人には敬遠されがちなのかな?という気がしますね。売れ行きもそれほど芳しくはないようです。
昔はこれが食卓に上ると、それだけでガッカリしたものです。メインを張るのとは違い、脇役として重宝する食材ですね。それが分かるまで、随分歳を重ねました(笑)。

No title

この辺りでは「見かけない野菜です。

所変われば、色々と知らないものがあるなぁ~というのが印象です。

No title

MONTAさんおはようございます。
作られている地域が愛知と岐阜に限られているようですから、見かけないのも無理はありません。それに味が良いということもないので、食べる地域もいきおい限られてしまいます。
まあ、こんな伝統野菜があるのか…くらいに思って貰えれば十分でしょう。口にする機会があれば、この記事を思い出してもらえれば幸いです。

No title

こんばんは。
相変わらずの読み逃げばかりですみません。

インゲン豆、筋無しインゲンはよく食べています。
この「十六ささげ」も知っているのですが、
そう言えば、とんと見掛けてないです。
人気がないのかなぁ。

No title

casa blancaさんおはようございます。
東海地方の伝統野菜とはいうものの、スーパー等には置いてありません。JA産直所で見かけるぐらいです。ただし完全に熟成したささげなら、市内の西友にありました。小豆のように赤飯に使うようですが、こちらは豆が破れないので、祝い事には向いているようです。問題なのは中〇産ということでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する