背開きのアジフライ

三河安城駅近くのスーパーで、マアジを買ってきました。
DSCF3487_convert_20160808035806.jpg
それにしても四パックはちょっと多すぎですね(笑)。
DSCF3488_convert_20160808035832.jpg
まあ値段がこれなので、つい買ってしまったわけです。
DSCF3489_convert_20160808035857.jpg
このぐらいの大きさなら、アジフライにするのが良さそうです。いつもなら三枚卸しにしてフライにしますが、今回は背開きにしてやってみましょう。最初にウロコを引き、頭を落として腸を出します。
DSCF3490_convert_20160808035913.jpg
それから背開きにして、背骨と腹骨を外します。
DSCF3492_convert_20160808035930.jpg
意外と見落としがちですが、腹ビレと尻ビレを骨抜きで引っこ抜いておかないと、その部分の骨が固くて食感が悪くなります。面倒ですが、ついでに血合い骨も抜いておきましょう。
DSCF3493_convert_20160808035947.jpg
あとはフライの衣をまぶして、油で揚げるだけです。揚げすぎないようにすることが大事ですね。
DSCF3496_convert_20160808040023.jpg
全部でこれだけ出来ました(笑)。
スポンサーサイト
コメント

おはようございます

骨を抜くのがねぇ~
ちょいと面倒なんだよなぁ
ピンセットでぬくのですよね?

それにしてもいい色に揚がってますねぇ👍

No title

たろさんおはようございます。
骨を抜くのは、ピンセットなんかではなく、専用の骨抜き器があります。ホームセンターなんかには普通に売られていますし、かっぱ橋なら何処にでもあるでしょう。これがないと、血合いに包丁を入れなければならないので、無駄が出てしまいます。
揚げ時間は二分も上げれば十分でしょう。

No title

 おはようございます。
 背開き、以前にカマスでやったことがあるのですが、それ以来していないので、どのようにやったか忘れてしまいました。^^; 何かの機会に思い出さなくては・・・。
 それはともかく、びっくりするくらい安いですねぇ 長野のスーパーではアジがこの値段はあり得ないです。^^;

No title

kouさんおはようございます。
アジを干物にする場合なら腹開きですが、一匹アジフライにするのであれば、背開きにするのがお勧めです。定食で出てくるアジフライも多分背開きにしてあると思います。
恐らくは、アジは塩焼き用のサイズに満たないので、この値段なのではないかと思います。アジといえば塩焼きに使う場合が多いですからね。

No title

イイネェV(^_^)V
コレダケ揚げてもらえると
壮観だねぇ!

嗚呼_φ( ̄ー ̄ )揚げたてを
ザクサクッと
のち ゴクゴクって
琥珀色で炭酸で流し込む
至福のひと時だねぇ。
サイコー。

No title

おはようございます。
日々のお料理を見せて貰って今はいかに
手抜きのものばかり食べてると思いました。
魚も捌きましたのにねぇ、忘れてしまいました。
そのくせ魚のフライは大好きですの。
あつあつをいただきたいですわぁ。

こんにちは

美味しそうですね!!
ゆっくり~
ビールでも飲みたい感じ (最初の一杯だけ)(*^_^*)
 

No title

敦賀さんのアジとなると距離も少しありそうですが、冷凍で運搬でしょうか。
こちらでは塩焼きが多いようです。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
揚げたてのアジフライにビール、絶妙な取り合わせですね。ただし私は今、甲類の焼酎と、同級生から貰った芋焼酎ばかりです。最近思うのですが、炭酸割りにする場合、乙類よりも甲類の方が合いますね。昔のチューハイブームもそうでした。秋になったら別ですが、夏場はこれが良いようです。

No title

ムームーさんこんにちは。
ご主人が生きておられたなら、手抜きなんてしなかったでしょうが、あちらの世界におられるのでは張り合いもないので、致し方ありませんね。
魚のフライは、白身も良いのですが、青魚の方が旨みがあるように思います。イワシよりも、アジの方がより美味いように感じるのは私だけでしょうか?

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
ビールも最初の一杯だけで十分ですね。以前サッポロジャイアントなんて、¥1,000で2Lほどあるビールを三本ほど開けたことがありました。翌日は当然二日酔い。当たり前ですね(笑)。
今では金麦を一本呑んだら、すぐにアルコール度数の高い酒にチェンジしています。

No title

nibari1498さんこんにちは。
外国からの輸入物ならともかく、国内で水揚げされる魚を冷凍していては、まず売り物にならないでしょう。幾ら冷凍技術が進歩しているとはいえ、近海物の魚は鮮魚の状態でないと価値がありません。例外はマグロぐらいでしょうか。
恐らくは北陸道を経由してきたと思われます。名古屋から敦賀までは、高速を使えば意外に近いのですよ。

アジフライ…♪

こんにちは(^^♪

またまた丁寧な下処理…♪
それにしてもたくさんですねー!
アジフライが大好きなのです。
出来合いのものはほとんど買わないのですが、
アジフライはたまに買います。
やっぱり自分で作った方が美味しいですが…笑

No title

魚のフライといえば
味が定番ですね
早くアジフライが食べられるように
病気に勝つぞ!

No title

魚を捌く技術に何時も感心してます。

流石ですねぇ、このサイズの鯵を身割れも起こさずに綺麗に捌くのは技術が必要です。

とは言え、相当な数の鯵フライが出来たような・・・。

No title

cacocacoさんおはようございます。
最初は背開きにするだけで十分かと思ったのですが、腹ビレと尻ビレの付け根にある骨が意外と固く、食感が悪くなりそうだったので、取り除きました。スーパーなんかの惣菜だとどうなのか?買ったことがないので分かりません。
アジフライなんて、さほど難しいとは思いませんが、背開きの場合、下拵えが結構大変かもしれません。

No title

せいパパさんおはようございます。
今頃はまた、絶食していると思いますから、あまりこういった話題に触れるのもなんですが…。
とにかく、口から栄養を摂れるようになるのが先決ですね。そうでないと、なかなか体力がつきません。お大事にして下さい。

No title

MONTAさんおはようございます。
魚を捌くのは、大きな物よりも小さい方が大変です。まあこれぐらいのアジならそう難しくはありません。身割れするというのは、包丁を入れる時、変に力を入れた時でしょうか。骨に沿って包丁を入れていれば、創味割れしないと思います。それから魚の鮮度も重要ですね。これは割と鮮度が良かったように思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する