中華風鰹のタタキ

さて今日は鰹の身を使ってタタキにします。
DSCF3335_convert_20160707014700.jpg
鰹に串を打って、ガスで表面を炙るのはいつも通りです。
DSCF3331_convert_20160707014609.jpg
タタキの薬味としてはニンニクや生姜が一般的ですね。ただしニンニクの場合、生で使うと臭いが強烈で、翌日が大変なことになります(-∀-)。これをどう克服するか考えたところ、加熱すれば良いのでは?という結論になりました。その他にポン酢では味がイマイチぼやけてしまうということもあって、今回初めて中華風のピリ辛味にしてみました。
DSCF3332_convert_20160707014625.jpg
みじん切りにしたニンニクと生姜、それに種を取り除いたししとうも加えて炒めます。ここに豆板醤を加えてさらに炒めます。
DSCF3333_convert_20160707014643.jpg
鶏ガラスープと赤だし味噌を入れて煮詰め、水溶き片栗粉を注いで冷まします。
DSCF3336_convert_20160707014715.jpg
炙った鰹を切って、皿に盛り付けます。
DSCF3337_convert_20160707014733.jpg
当初もっと赤い色になるかと思っていましたが、こげ茶色同士なのでトマトを切って鰹の上に載せ、その上から炒めた薬味を載せてみました。いつものポン酢とは違いますが、豆板醤と赤味噌の味が鰹によく合っていました。これはお勧めです。
スポンサーサイト
コメント

No title

ククク口の中が太平洋V(^_^)V
夏だビールだ ヤッホーな
イッピンダナァ。

いや、ひらめいた。
コレに あわせるのは

ウオッカ(^_−)−☆

どうでしょう!

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
いつも同じような鰹のタタキにしてはつまらないので、今回は少しひねってみました。干焼蝦仁のように、赤いソースをイメージしていたのですが、流石にトマトケチャップはないだろうということで没に。ただしホールトマトを使ってみれば、わざわざトマトを切って載せなくても良かったかもしれません。
意外な一品ですが、結構良いですよ。ウォッカか、あるいは茅台酒(まおたいしゅ)なんてどうでしょう?

おはようございます

やはり~
これですよね (^^♪
夏にすっきり 
美味しいですよね (*^_^*)
 

No title

これは、せいママは飛びつく料理かも!
香辛料が効いた料理料理を
食べたいと思って昨夜食べたら
動けなくなりました・・・
体のあちこちが痛み
痛み止めを飲まないと動けないほど
自律神経がダメみたいです。
ブログの下書きが今夜ので最後なので
明日からブログは休息に入ったほうがいいですね。

No title

おはようございます。
鰹のたたきをこんな風にするっていいですねぇ。
色々考えると素晴らしいものがつくれますね。

鰹のたたき…♪

こんにちは(^^♪

またまたアイデア料理ですね。
鰹のたたきは、塩で食べるのが
1番好きですが・・・
この中華風のたれも合いそうです♪
へるぞうさんの創作料理には
頭が下がります^^

こんにちは

↑ 
塩で食べたことないです

かつおのたたきには
ポン酢です~自分の場合は

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
このところ、三河安城駅近くのスーパーで、鰹が安く買えるので、時々行っては買ってきています。一匹買えば二日は食べられるし、これで¥1,000程度なら家計にも優しいですね。
薬味を美味く食べる方法はないものかと思案して、今回こうなりました。ただまだ改良の余地はありますね。いずれご紹介したいと思っています。

No title

せいパパさん
もうそれは緊急入院レヴェルですよ。一刻も早く入院しておかないと、取り返しがつかなくなる恐れがあります。私なんかと違って守るべき子供達がいるのですから、貴方がここで倒れるわけにはいかないでしょう。救急車を呼んででも、すぐに!

No title

ムームーさんこんにちは。
鰹という魚は、むしろ肉に近いような身質があると書いたことがあります。ですから、和食に限らず、もっと応用範囲が広いように思います。今回は中華風ですが、イタリアンにも合うように思いますね。いずれトマトソースを使った鰹のタタキをやってみるつもりです。

No title

cacocacoさんこんにちは。
鰹のタタキは時々食べていますが、ニンニクをふんだんに使うというのは臭いの点から難しいですね。加熱すれば、臭いをかなり抑えることが出来るので、今回中華風にしてみたわけです。その点はクリアしたかな?と思うのですが、色合いがあまり良くありません。もっと赤い色のソースにしてみたいところですが、その場合、味付けが難しくなりそうです。

No title

維真尽 (^^♪さん
本場高知だと、鰹に塩を振っただけで表面を焼き、そのまま供するようで、これが「塩タタキ」とよばれているようです。四国にお住まいのcacocacoさんやcasa blancaさんはよくご存じのようです。
元々土佐造りとタタキというのは若干違っているようで、土佐造りは件の塩タタキ、単にタタキというと、薬味を載せてポン酢をかける物を指すとか。ですから維真尽さんの仰ることは正しいと思います。

No title

普段、もっぱらポン酢と下ろし生姜ですが、このような食べ方もありですねぇ。

鰹のタタキ、違ったものを試して見なければと感じた次第にございます。

No title

おはようございます。
かつおのたたきは、出来合いのを買ってくるので
オーソドックスな食べ方しかしませんが、
中華風、考えましたね。

美味しそうだけど、たれの味が強くて
カツオの味が薄れないですか?

次回はイタリアンでしょうか?
楽しみにしています。

No title

MONTAさんこんにちは。
いつも同じことをしていては進歩がないような気がして、ちょっと変わったタタキにしてみたかったわけです。ただしイメージ通りにはなりませんでしたね。頭の中でイメージを膨らませてから、実際に調理するわけですが、同じようになったということはまずありません。そこが料理の難しいところと云えるでしょうか。

No title

casa blancaさんこんにちは。
鰹のタタキは、スーパーなんかで既に加工された物が売られていますね。あれは一度焼いてから冷凍保存されていたので、手軽ではありますが風味の点では著しく劣るように思います。
鰹がソースに負けてしまうと思われるのもごもっとも。ですが、元々鰹は癖の強い魚なので、これぐらいは十分許容範囲だと思います。勿論味噌を使わなければ、鰹の風味がもっと生きるとは思いますが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する