カイワリ

昨日も一色漁港へ行きましたが、休日にもかかわらず人手は週末よりも少ない模様でした。
DSCF9081_convert_20140924035330.jpg
マメダイ(イボダイ)のトロ箱の中に、一匹だけ入っていたのがこのカイワリです。このあたりでは「ヒラアジ」、相模湾周辺では「カクアジ」と呼ばれている魚です。ポツンと一匹だけでは売りにくいだろうから、またまた貰ってきました(笑)。
DSCF9082_convert_20140924035350.jpg
尻尾を見ると、鯵の仲間を表すゼンゴ(ゼイゴ)があります。
DSCF9083_convert_20140924035407.jpg
口の中には何やら白いものが…
DSCF9084_convert_20140924035426.jpg
タイノエが付いていました。アカムツもそうですが、カイワリもタイノエが付きやすい魚のようで、これぐらいの大きさだと間違いなく付いています。
DSCF9085_convert_20140924035444.jpg
喉の奥にはもう一匹、小さなタイノエが…。寄生虫とはいえ、容易に取ることが出来るので食べる分には問題ありません。
DSCF9086_convert_20140924035504.jpg
三枚に卸すのはマアジと同じです。
DSCF9116_convert_20140924035532.jpg
これぐらいの大きさで鮮度が良ければ、刺身で食べたい魚です。鯵の仲間とはいえ、どちらかというとシマアジに近い種族のようで、青魚と白身の両方の良さがあります。脂も載って非常に美味でした。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
やったー、今朝は一番乗り?

本当ですね、よく見れば、
アジを平たくした感じです。

鮮魚店では、もしタイノエが見えたら
取り除いてくれているんでしょうかねぇ。
寄生虫は触りたくないけど、シマアジに
似ていると言えば美味しいわけで、
食べてみたいです。

No title

 おはようございます。
 ヒラアジ、食べたことありませんが、
 刺身の画像を見ると、プリプリしてそうなのが
 伝わってきます。鮮度がいいからなんでしょうね。
 さぞかし美味しかったのでしょう。^^

No title

casa blancaさんおはようございます。
私も仲買で手伝いをしている関係で、お客に色々と頼まれごとをこなしています。それでも三枚に卸すとか、エラと腸を取るならともかく、寄生虫を取ってくれというのは今までにありませんね。まあタイノエを取るぐらいなら難しくはありませんが。死んでいるから咬まれたりしませんよ。

No title

kouさんおはようございます。カイワリはウェブリブログ時代にも何度か採り上げています。値段の割には非常に美味い魚で、これぐらいの大きさなら刺身になります。マアジよりもこちらの方がずっと上です。
あまり知名度がないので、普通の客が買っていくことは稀です。その分、値段もあまり高くないので、このまま知られない方が都合が良さそうな?

なるほど!鯵ですねぇ

おはようございます

全体にみると????ですが
シッポと顔だけみると、鯵だと思ってしまいますね

鯵よりも大きくて、刺身も食べ応えがありそうです
最後の画像はたまりません

例によって朝から一杯飲みたくなります(^0^;)

No title

くるたんパパさんおはようございます。
神奈川では「カクアジ」と呼ばれるカイワリは、小田原や真鶴でよく水揚げされるそうです。あのあたりは新幹線よりも、東海道線に乗っている方が海が良く見えますね。余裕があれば、あのあたりに住んで、毎日釣りでもして過ごしたいところです。

No title

いやあ いつもながら 初見なお魚さん
勉強になるなあ…

って そげに でかいのが 2っつも
口のあたりに住んでいたら

OH! こわ でも かいわり は 美味そう!!

(^◇^)

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
タイノエは割とポピュラーな寄生虫で、アカムツやカイワリには大抵付いています。口の中から見つかることが多く、どうやら魚の体液を吸っているようです。江戸時代には縁起の良い物とされていたと言いますから「鯛の餌(たいのえ)」と呼ばれるのでしょうね。魚にとっては迷惑でしかないのでしょうが。

No title

仙台から、おはようございます。
 御免なさい、カイワリ=ヒラアジというのを今日始めて知りました。今までは、別の魚だと思っていました。ヒラアジの刺身、ということで何度かは食べていたのですが・・・
 それと、この寄生虫の名前も始めて知りました。これも、姿は何度も拝んでいるのですけど。
 今日は2つ憶える事ができました。ありがたいですね。

No title

あきあかねさんこんにちは。
この地方もそうですが、ヒラアジと呼ぶのは関西に多いようです。京都におられる時に食べたのでしょうか?
タイノエのような寄生虫の名前を憶えている人は少ないと思います。鰹に寄生しているテンタクラリアでも、正確な名前を知っている人は少ないでしょう。役立つ知識でもありませんから。ただこれで疑問が解消されたのであれば、多少はお役に立ったのかな?と思います。

No title

タイノエ初めて見た寄生虫です。
フナムシが白くなったような感じに見えます
立派なものが口の中にあるんですね!

No title

せいパパさんおはようございます。
錦織選手が食べたというアカムツには、大抵このタイノエが付いています。寄生虫といっても簡単に取れるので、あまり気にかけたことはありませんが、都会の魚屋ならクレームがくるかもしれませんね。
これに寄生された魚は、体液を吸われるわけですから、段々弱ってくると思います。とはいえ、人間のように手で取ることが出来ませんので…。

No title

この辺りでは「メッキアジ」と言ってます。

刺身で食べれるようなものは売られてないので煮つけで食べる事が多いですが、一度買って煮たところ臭みが有って食べれませんでした。

新鮮でなかったようです。

店で食べたときは美味しかったです。

刺身で食べてみたいものです。

No title

MONTAさんこんばんわ。
こういう平べったい鯵を「メッキ」という場合がありますね。釣りをしている人に多いようです。
このあたりでは割と見かけるのですが、刺身に出来るほどの大きさは少なく、もっと小さい物ばかりです。刺身は非常に美味いですが、そんな訳で塩焼きにされることが多いでしょうね。

No title

タイノエ、寄生虫ですか∑(゚Д゚)
せいパパさんと同じく、私も
初めて見ました。
体液を吸われる…可愛いのに
なかなか怖いことするなぁって、
タイノエをキモカワイイと思った
私です(^ ^;)ゞ

No title

杏さんおはようございます。
映画「エイリアン」で乗組員の顔に引っ付いたエイリアンの幼生みたいなものでしょうか。もっとも、宿主を殺してしまうところまではいかないようです。見た目からすれば、あのダイオウグソクムシによく似ていますから、キモ可愛いというのも分からなくはないのですが…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する