コノシロの酢〆

ヒラメを買った時、他の仲買で見つけたのがコノシロです。
DSCF3137_convert_20160531044454.jpg
毎年連休の頃によく見かけますね。
DSCF3138_convert_20160531044511.jpg
コノシロは大きさによって呼び名が変わる出世魚ではありますが、面白いことに小さいほど価値があります。店先でこれを見た時には、もう少し小さく見えたのですが(笑)。
DSCF3139_convert_20160531044528.jpg
コノシロの料理といえば酢で〆ることでしょう。イワシと同じように、頭と腸を取り除きます。
DSCF3140_convert_20160531044604.jpg
コノシロも幼魚のシンコやコハダの段階であれば、腹から開いて使うのですが、コノシロになってしまった物は、三枚に降ろすのが良いかと思います。背びれだけでなく、固い部分を取り除くことが出来るからです。ちょっと強めに塩を振っておきます。
DSCF3141_convert_20160531044624.jpg
一度酢水で塩を洗い流してから、生酢に漬け込みます。あまり強く〆ない感じにしてみました。
DSCF3150_convert_20160531044653.jpg
コハダよりも大きくなると、鱧ほどではありませんが骨が気になるので、皮目から切込みを入れて骨切りすることが多いですね。
DSCF3151_convert_20160531044712.jpg
山葵ではなく、芥子を使ってみました。日本酒にはよく合う一品となります。
スポンサーサイト
コメント

おはようございます

シンコ→コハダ→コノシロの順ですか?
シンコが一番価値があるってことでしょうか?

小さいほど価値があるものって、他には
IC(集積回路チップ)ぐらいしか思い当たりません(笑)

No title

たろさんおはようございます。
コハダとコノシロの間に、ナカズミを入れるところもあります。今回買ったコノシロの中で、一番小さい物が何とかナカズミに入るぐらいでしょうか。
シンコはこのあたりでも獲れるのでしょうが、大半は九州から東京へ空輸されてくるとか。キロ¥30,000することもあるぐらいで、もし市場に並んでいたとしても、とても買えないでしょうね(笑)。

No title

うーん_φ( ̄ー ̄ )
出世と関係ない人生のわたしには
難しいことは キャンとアンダースタンド!
だけど
光り物大好きV(^_^)V

今朝も 仕事を忘れて
飲みそうになっちゃうじゃん!

危ない危ない(^_−)−☆

No title

 おはようございます。
 コハダ酢は大好きなのですが、コノシロを含めて、まだ自分で料理したことはありません。^^; ですので、コノシロが入手できたら是非、酢〆にチャレンジしてみたいです。でもちょっと骨の扱いに一手間必要なようですね。^^;

No title

へるぞうさん、おはようございます。

コノシロにはピンとこない私でも、
コハダなら分かります(^^)b
とはいえ、食べたことはまだ無く。
知識はトロは中トロ、コハダアジ!
ですが、築地が移転する前には
コハダ食べてみたいです。

少し大きいと身も厚めでしょうか。
酢〆、食べ応えがありそう( ^ω^ )

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
スズキやブリなど、出世魚という魚は縁起の良いとされています。特に大きくなった段階の物は非常に高値になるのが普通です。コノシロの場合、これが逆になっているばかりか、成魚のコノシロは不吉な魚とされているのが面白いところです。なんでも「この城を焼く」というのは、武士にとって忌むべき事に起因しているとか。

No title

kouさんおはようございます。
以前からコハダの酢〆がお好きだと言っておられましたね。このあたりでは、この時期にはよく見かける魚ですが、新潟あたりではあまり獲れないのかもしれません。コノシロになってしまうと、値段は安くなるので、見つけ次第買っては酢で〆て酒の肴にしています。握り寿司とは違って、きつく〆る方が酒に合うような気がします。

No title

杏さんおはようございます。
コハダの寿司というのは、スーパーで買ってくる寿司や回転寿司のネタにはあまりないような気がします。やはりちゃんとした寿司屋で食べるほかないような気がしますね。築地も今年の秋に豊洲に移転してしまいますが、場外はまだ残るようなので、そういった寿司屋で食べるのが手っ取り早いかもしれません。
コノシロになると、骨が固くなるばかりか、脂が強くて敬遠されるのです。寿司ならコハダ程度が良いでしょうね。

おはようございます

いや~
酒に合いそう!! (^^♪

呑み過ぎないようにご注意
いらぬ世話でした (*^_^*)

コノシロ・・・♪

こんにちは(^^♪

コノシロの酢〆は私も作ります。
母も私も大好きなんです。
コノシロはコハダと同じですか。
大きさで名前や価値が違う魚、
結構あるのですね。

No title

おはようございます。
綺麗な魚ですね、つやつやしてて
好い色していますわ。
これはまた美味しいのでしょうねぇ。
お酒もすすみますね。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
コハダはともかく、コノシロとなると人気がなくて、何時も格安に買うことが出来ます。これも最初から酢で〆て酒の肴と決めていました(笑)。
山葵ではなく、芥子というのは鰹と同じで、江戸前と洒落こんでみました。白身魚はともかく、光り物には意外と合いますよ。

No title

cacocacoさんこんにちは。
コノシロが出回るのは、連休から梅雨前までですね。シンコはお盆の頃と云われますが、一色漁港では見たことがありません。あっても築地に行ってしまうでしょうね。
コハダは寿司に使われるので知名度がありますが、元々コノシロの若魚を指す呼び名です。シンコから多少大きくなった程度でしょうか。

No title

ムームーさんこんにちは。
関西では「バッテラ」という押し寿司がありますね。今は鯖を使うことがほとんどでしょうが、昔はコノシロを一匹使ってバッテラにしていたそうです。何故コノシロから鯖になったのかはよく分かりませんが、鯖も最近ではあまり獲れなくなったようで、大衆魚から高級魚になりつつあります。

No title

酢の物もかなり
食べられるようになりましたが
まだまだ食べたいと思わないから
少しづつ克服したいです。

No title

せいパパさんおはようございます。
もちろん酸っぱい物が苦手ということはあるのでしょうが、使っている酢にもよるのではないでしょうか?安い醸造酢だと、酸っぱいばかりでむせてしまうことがありますが、米酢やリンゴ酢を使うと、酸味の中に甘さやまろやかさを感じることが出来ると思います。酸っぱい物を食べようと思うのであれば、まずはそこを変えてみては如何でしょうか?

No title

おはようございます。
コノシロはよく見掛けますが、パス。
へるぞうさんの画像を見ると
美味しそうだなとは思うのですが、
魚の酢の物が苦手で...
でも、軽い酢〆ならいけそうな気がします。

No title

この辺りでは、このしろを酢で〆て押しずしにしたりしてますねぇ。

また、一度揚げておいて甘酢に漬け込んだりしてます。

仰るように、硬くは有りませんが骨が多い魚です。

ヘタすると、二尾で百円位でスーパーに並ぶこともあったような気がしてます。

No title

casa blancaさんおはようございます。
ということは、〆鯖とかも駄目でしょうか?結構好きな人が多いので、対面販売しているスーパーだと、大抵生の鯖が置いてあります。
〆鯖だと、あまりきつく〆ない方が好まれますが、コノシロの場合はちょっときつめに〆た方が良いでしょうね。これを作っておけば、三日ぐらいは十分食べられますから。

No title

MONTAさんおはようございます。
私もこれを酢で〆てから、ちらし寿司に出もしてみようか?とちょっと思いました。まあ、バタバタしていたこともあって、そのまま食べるだけにしましたが、ちらし寿司の具材としても良いでしょうね。
このあたりでも、大体同じような値段です。ちなみに、コハダぐらいの大きさだと、もっと値段は高いですね。前の仲買がそうでしたから。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する