赤からきしめん

近所のスーパーで、ちょっと変わった商品を見つけました。
DSCF3099_convert_20160518031113.jpg
お馴染み寿がきやの商品なのですが、パッケージには赤からきしめんと書かれています。伝統的な名古屋めしのカテゴリーには入らない物です。
DSCF3100_convert_20160518031133.jpg
この「赤から」という文字が入ったチェーン店は名古屋だけでなく、安城市内にもそれとおぼしき店があるのです。外食することのない我が家には正直関係ないのですが、一体なんだろう?と引っかかるものはありました。どうやら飲食チェーン店が、唐辛子と赤味噌を使った鍋を「赤から」と名付けて、それが広まったようなのです。これは寿がきやとのコラボ企画で商品化されたのでしょう。
DSCF3102_convert_20160518031205.jpg
中身はソフトタイプのきしめんと、粉末・液体スープが入っていました。スープを鍋に出して熱湯で溶かしてみましたが、確かに真っ赤な色です。ただしこれは一人前の分量しかありません。これを元に鍋をしてみようと思っていたので、このスープに水を加えて三倍の量に増やし、その分、豆板醤と赤だし味噌、それにラー油を追加してみました。
DSCF3101_convert_20160518031149.jpg
具材はお馴染みの物ですね。今回は豚ひき肉を使っています。
DSCF3103_convert_20160518031232.jpg
鍋に仕立てて正解だったようです。それにしても辛そうですね。
DSCF3104_convert_20160518031247.jpg
元々激辛好きなのであまり辛いとは思いませんでしたが、それでも結構むせてしまいました(^^;。
スポンサーサイト
コメント

No title

あら!激辛好き?ダッタンだ!
わが町に 一度食べたら
病みつきになるか
一生の思い出にするか
究極の二択なラーメンが
あるんですが・・・

(^_−)−☆興味ある?

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
激辛好きと云えるかどうかはともかく、甘い物が好きではないとなると、必然的に辛い物を好むようになりますね。我が家のカレーは五段階で一番辛い物しか使いませんし(笑)。
そもそもあまりラーメンを食べないので何とも言えませんが、恐らく唐辛子が大量に入っているのでは?食べてみたいような、みたくないような(^^;。

No title

辛い食べ物も苦手だったのですが
ここ数年で克服しようと
食べるようにして
ちょっと辛い料理だったら
食べられるようになりました。
何でも食べて鍛えれば慣れて来るのですね。

No title

せいパパさんおはようございます。
酒が飲めない人でも、鍛えれば飲めるようになるとはよく云われますね。辛い物はどうでしょうか?意外と唐辛子の辛さは、慣れれば良さそうに思いますが、山葵なんかだとちょっと違うようですね。唐辛子が良くても山葵が駄目という人もいます。私はどちらも好きな方ですね。

No title

おはようございます。
辛そう!!
パッケージの赤い色を見ただけで汗が出てきますよ

普段10㎞以上走ると、かなりの量の汗をかき塩がふき出ます
辛いの食べて塩がふき出ないのは、まだまだ辛さが足りないから…。

No title

たろさんおはようございます。
今でもスーパーにあるようですが、韓国のラーメンに「辛」というのがありますね。あれは辛いだけですが、これは辛い中にも甘さがあるとか。そう言われればそうかもしれませんが、あまり感じませんね(笑)。
汗をかいた後だと、塩分が不足するのでそれを補う必要はありますが、唐辛子の辛さではちょっと違うような気がします。

No title

 おはようございます。
 味噌、唐辛子のスープで麺を食べるのは美味しいですよねぇ 太目の麺が好きな自分にはきしめんは特に美味しそうです。きっと鍋にしても美味しいでしょうが、ちょっと癖になりそうなのが怖いです。^^;

No title

kouさんおはようございます。
この「赤から」ですが、全国展開しているようで長野市内にもありますよ。外食をしないのでこういった情報には疎いのですが、意外とウケているようですね。
きしめんを入れるというのは如何にも名古屋っぽいのですが、どうも元は名古屋ではないようです。関西にあった唐辛子の鍋を、名古屋風にアレンジしたというのが真相のようです。

No title

おはようさんです。
地元ならではの一品ですね。
激辛好きの私は朝からそそられました。
私ならそのまま食べちゃうけど、
鍋にするところは流石へるぞうさんですねぇ。

No title

casa blancaさんおはようございます。
kouさん宛のコメントにも書いたように、唐辛子を使った鍋は元々関西が発祥のようです。ただ名古屋にも台湾ラーメンという激辛ラーメンがありますから、受け入れやすい土壌はあったのでしょうね。名古屋独特の赤味噌を使ったのも、独自性を出すためだったのかもしれません。
元はホルモンなどが入った鍋だったようです。

No title

意地悪でいうのではないのですが、こういった食品(インスタント物)の盛衰は激しいのではないですか。
インスタントラーメンはあまり食べませんが、知らぬ間に消えているのも多いようですね。

No title

おはようございます。
こういうのはあまり食べたことがありませんが
これから、暑さに向かうのでいいかも
知れませんね、あっさりうどんでは
パンチ不足です~

赤からきしめん・・・♪

こんにちは(*^_^*)

赤からきしめん・・・
上手くアレンジして美味しそうです。
きしめんと言えば、名古屋駅ホームの
立ち食いきしめんを思い出します。
若い頃、何度かしか食べたことがないけど、
とても美味しかったと記憶してます^^♪

こんにちは

むせるほど
辛いんですか! 

きしめんは表面積多いから
余計にからそう (*^_^*)

No title

子供のころから辛いのはやや得意かと思っていたのですが、全然であったとこのところ思い知ってます。

この色、僕は無理ですねぇ~。

きしめんは食べてみたいですが。

No title

nibari1498さんおはようございます。
書いてありませんでしたが、これはインスタントではありません。俗にいう「ソフト麺」です。お湯をかけてすぐ出来るわけではないので、鍋に転用してみようと思ったわけです。
確かに、流行っているから商品化してみたという感はありますね。ロングセラー商品になるかは不透明だと思います。

No title

ムームーさんおはようございます。
これから暑くなってくると、どうしても素麺のような冷たい物を食べる機会が多くなると思います。ただし胃腸の働きが弱ってしまうので、たまには熱い物を食べた方が夏バテ防止にはなりますね。こういった激辛なんて、ちょうど良い暑気払いになるのではないでしょうか。

No title

cacocacoさんおはようございます。
アレンジしたというよりも、元々が鍋料理だったので、そちらに戻してみたというのが正確かもしれません。店で食べたことはありませんが、唐辛子と赤味噌のスープに、鶏肉やホルモンを入れて煮る鍋料理みたいですね。意外と夏場に食べると良さそうな気がします。

No title

維真尽 (^^♪さんおはようございます。
いくら辛い物が好きだとしても、むせてしまうということはよくありますね。辛みの成分が、喉を刺激してしまうのでしょうか?それ以外には問題ありません。
今回は豚のひき肉を団子にして入れましたが、豚バラ肉なんてよく合うのではないか?と思っています。

No title

MONTAさんおはようございます。
まあ辛い物が好きといっても程度がありますからね。以前TV東京系の「テレビチャンピオン」でも、辛い物を食べる選手権があったように思います。流石にあそこまで行ってしまうと…。
きしめんはそちらにあるかは分かりませんが、この商品は全国的に販売しているようです。スーパーに行かれたら、探してみるのも良いかと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する