鯛めし

昨日は鯛の粗を使った鯛そうめんでしたが、今日は身の方を使った鯛めしについて書くことにします。
DSCF3006_convert_20160422033948.jpg
三枚に卸して、腹骨をすき取ってあります。
DSCF3007_convert_20160422034005.jpg
骨抜きで血合い骨を抜きます。指で確認しながら残さないようにして、塩を振っておきます。
DSCF3009_convert_20160422034026.jpg
本来なら串を打って下火の炎で焼くのですが、今回は魚焼きグリルを使いました(^^;。
DSCF3010_convert_20160422034043.jpg
昆布を入れてご飯を炊き、炊き上がったらすぐ、焼いた鯛の身を入れてしばらく蒸らします。
DSCF3011_convert_20160422034059.jpg
三つ葉を細かく刻んで加え、鯛の身をほぐして一緒に混ぜます。
DSCF3012_convert_20160422034117.jpg
木の芽を載せて、鯛めしが出来上がりました。本来なら焼いた鯛と一緒に炊き込むのですが、骨を取り除くのが難しいので、切り身にしてみたわけです。酒も進むご飯ですね(笑)。
スポンサーサイト
コメント

No title

最後に鯛飯をいただいたのは
( ̄+ー ̄)いつだったんだろう?
ツマミであり主食であり・・・
そんな幸せな食べ物を
自分ちで 自ら(≧∇≦)

久々に叫ぼう

養子?いりませんか?
年齢など気にせずに!
( ^ ^ )/□

No title

おはようございます
いやぁ、美味しかったなぁ
と、あらためて思いだしております。

骨抜きが大変ですけど、そのあと美味しくいただけると思うとまったく苦になりませんよね。

「三つ葉を細かくきざむ」
なるほど!

お酒もすすむご飯というのが、👍です

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
それは小田原駅で売られていた鯛めしだったかもしれませんね。あれは鯛のおぼろが載っている駅弁で、根強い人気があったのですが、今では売られていないようです。まあ私の方は、鯛を焼いて混ぜただけですから…。
久し振りに出ましたね(笑)。もう少し近くなら、鯛を送ることも出来るのですが。

No title

たろさんおはようございます。
それも小田原の駅弁でしょうか?それとも静岡?自宅で鯛めしをするとなれば、小さ目の鯛を塩焼きにして炊き込む感じになるかと思います。
幾ら鯛とはいえ、魚特有の生臭みがありますから、三つ葉は必需品です。これだけでも十分酒が飲めますね。事実、二杯もお代わりしてしまいました(笑)。

No title

炊き込まないから
香ばしい香りが強そう
これはいい酒が飲めますよ!

No title

へるぞうさん、おはようございます。

鯛飯(≧∇≦)!
小骨もあらかじめとってあるなら
ガツガツかきこめますね☆
…と、最後の画像の上品さに
自分の食い意地を反省しました(^◇^;)
三つ葉に焼いた鯛、香りも抜群な
鯛飯ですね。

No title

 おはようございます。
 鯛めしは、たった一度だけ食べたことがあるのですが、ご飯に鯛の刺身を乗っけてタレをかけるタイプで、身をほぐして混ぜ込むタイプはまだ食べたことがありません。^^; ホカホカのご飯に三つ葉と一緒に混ぜ込んで、木の芽を載せて食べるのですからおいしいこと間違えありませんね。^^

No title

せいパパさんおはようございます。
炊き込みにするのも、鯛の旨みが米に浸み込むので、これはこれで美味だと思います。こちらは塩焼きにした鯛を混ぜ込むわけですから、要は混ぜご飯ですね。旨味の点では劣りますが、こちらの方が断然食べやすくなっています。どちらが良いかは好みですね。

No title

杏さんおはようございます。
子供や年寄りのいる家だと、魚の骨を喉に引っ掛けてしまうことを避けなければなりません。いや、大人もですか(笑)。昔鯛の骨が喉に引っかかって、半日ほど大変な思いをしたことがありました。ですから、骨の心配がない鯛めしにしたかったわけです。
木の芽はなくても構いませんが、三つ葉はあった方が良いですね。鯛とは相性の良い香りです。

No title

kouさんおはようございます。
それは伊予の鯛めしだと思います。あれは鯛の刺身と卵かけごはんを合わせたような郷土料理で、地元の名物となっているようです。ウェブリ時代に一度作ったことがありました。
どちらかというと、こちらの方が万人向けですね。これをおにぎりにして焼いて食べるのも美味いものです。

No title

おはようございます。
鯛飯美味しそうですね、品のいいお味が
しますでしょう、山椒のいい香りとで
お酒も美味しく~

No title

ムームーさんこんにちは。
鯛めしはたまに作りますが、今回のように予め焼いておいて、炊き立てのご飯にまぶすというのは初めてです。卵かけご飯のような伊予の鯛めしもありますし、地方によっていろんな料理法があります。
木の芽は我が家の山椒の木から失敬しました。今年もたくさん茂ってくれることでしょう。

鯛飯・・・♪

こんにちは(*^_^*)

以前、鯛飯を作った時
骨を取るのが大変でした^^
先に処理をしたほうが
楽かもしれませんね。
木の芽が食欲をそそります♪
美味しそぉ~!

No title

確かに、これを肴に酒が飲めそうですねぇ。

鯛の身の上手さも楽しめる鯛めしかと思います。

No title

鯛めしは愛媛の名物です。我が家でもときたま家内が料理してくれますが、タイの骨が刺さって外科のお世話になり、それ以来ご無沙汰です。
煮料理でもあの骨だけは何とかならないもんですかねえ。

こんばんは!

やはり~
塩加減が大事だと思うんですが
どんな感じで
モコミチ風に? (=^・^=)

No title

こんばんわ、我が家の娘も時々

鯛めしを作ってくれますが

骨抜きをしていないので

食べていると骨を注意しないと

いけないのがちょっとNGですね。

へるぞうさんのお料理は

いつ拝見しても、目にも舌でも美味しそうですね    (^-^)

No title

cacocacoさんおはようございます。
京都の仕出し屋は、客の家で料理をすることがあって、鯛めしは骨の処理をしなくても良いようにすると云います。今回私もそれにならって、骨に苦労しないで鯛めしが食べられるようにしてみました。多少風味は劣るかもしれませんが、こちらの方が万人向けと云えそうです。

No title

MONTAさんおはようございます。
一応刺身にも使うことが出来る状態だったのですが、焼いた鯛を食べてみたかったので、鯛めしにしてみたわけです。ヒラメは刺身に特化したような魚ですが、鯛は刺身でも、煮ても、焼いても美味いので、料理人としては存分に腕を振るうことが出来る魚だと云えますね。

No title

nibari1498さんおはようございます。
鯛の刺身を溶き卵にくぐらせてご飯に載せる、伊予の鯛めしではないようですね。同じ県内でも、やはり伊予地方だけで食べられているのでしょうか。
炊き込み風なら、骨を抜いて身だけにしてやった方が無難かと思います。ただし骨から出る出汁がありませんが。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
味付けとしては、鯛に振っておいた塩だけです。ちょっと薄いような気もしますが、こういった場合あまり濃い目にしない方が良いと思いますね。これ以外だと、ご飯を炊く時に薄口醤油や酒を加えて炊くという手法もあります。ちょうど酒が切れていたので、これは出来ませんでした( ;∀;)。

No title

忍舞(しのぶ)さん、この前も言いましたがHNは必ず入れてコメントして下さい。まあ誰が書いているかは分かるのですが。
切り身した鯛を焼いて、それを混ぜる方が骨の心配がありません。お試し下さい。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する