燃えよ!カンフー ファーストシーズン

ネット通販で、以前から欲しかった「燃えよ!カンフー」のDVDを買ってしまいました(笑)。
DSCF2995_convert_20160419160420.jpg
もう三十年以上昔に、地元CBCで日曜の深夜に放送されていたものです。カンフーと名がついていますが、アクションシーンは地味なもので、ジャッキー・チェンのカンフー映画とは全く異なるものです。むしろ仏教の思想的な面がこのドラマのメインらしく、それが面白くて眠気を我慢ながら視ていました。
DSCF2996_convert_20160419160438.jpg
砂漠を歩く主人公のケイン。最初はいったい何者なのか分かりません。
DSCF2997_convert_20160419160453.jpg
立ち寄った酒場で、因縁をつけてきた相手を撃退。
DSCF2998_convert_20160419160514.jpg
頻繁に入る回想シーンによって、ケインが少年時代から少林寺で修行をしていたことが分かります。
DSCF2999_convert_20160419160529.jpg
やがて成長して少林寺の僧となったケインですが、師匠が皇帝の甥に殺されたことで激怒。思わず皇帝の甥を殺してしまい、お尋ね者として追われる身に。父の母国アメリカに渡ったのですが、そこでも賞金稼ぎに命を狙われます。
DSCF3000_convert_20160419160546.jpg
死闘の末、少林寺拳法を使う刺客を倒したケイン。彼の当てのない旅は続くのでした。
主演のデビッド・キャラダインはクエンティン・タランティーノの「キル・ビル」のイメージが強いかもしれませんが、私はこちらの方が印象に残っています。
スポンサーサイト
コメント

No title

懐かしい!
燃えよドラゴン的な世界を期待して
見事に裏切られたコトを
( ̄▽ ̄)思い出すネェ。
おっと!ハーフって設定だったんだ!

今更ながら 謎が少しだけ
とけたらしい( ^ ^ )/□

全くアクションシーンの少なさから
興味を持てなかったわたしでした。

だけどコチラでは
土曜日の深夜?
だったような気がします。

かしこ

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
実は元々、ブルース・リーが原案し、自ら主演するつもりだったようです。しかし、彼がハーフという設定にしてはどうみても中国人そのものだし、英語に訛りがあるということで、デビット・キャラダインに白羽の矢が立ったとか。
CBCで番組を予告していた時「空手アクション」なんてフレーズでしたが、視てみるとアクションシーンはほんの少し。でも思想的な部分が面白かったですね。アメリカ人にウケたのもここだったようです。

No title

おはようございます。
あらら、そっちの方も好きなんですね。
カンフー映画は実はあまり観たことがありません。
ストーリーが大体読めてしまうからなのかも。

No title

おはようございます。
お酒からお料理、そして音楽、そして
映画と幅広いですねぇ~
映画は今でも見たことがありません、もう
いつから見ていないでしょう。

No title

音楽以外の内容は珍しいですね
最近はめっきりと映画を観る事が
無くなってしまいました。
すずちゃんを寝かしつけるのが
私の夜の日課ですが
気が付いたら朝になってます・・・

No title

 おはようございます。
 自分が中学生くらいの頃にジャッキー・チェンを中心にカンフー映画が流行したと記憶していて、この映画もその中の1つかなと思ったのですが、記事を読んでみて、まるで覚えがないので、これは見たことはないと思います。^^; カンフー映画の王道のような映画タイトルで、幅広く見られた作品の印象を受けますが、なかなかマイナーな作品かもしれませんね。^^

No title

たろさんおはようございます。
これは映画ではなく、アメリカABCで放送されたテレビドラマです。以前WOWOWで「サンタバーバラ」というドラマが放送されていましたが、あれはストーリーも役者も滅茶苦茶で、無料放送だったから視ていただけでした(笑い)。これはストーリーが秀逸で、三年も続いたというから、如何に視聴者の支持があったかが分かるというものです。

No title

ムームーさんおはようございます。
私も映画なんて、もう何年も視ていません。これはTVドラマだったので、気楽に視ることが出来ました。
カンフーというよりも、仏教思想に焦点を当てているので、高忠さんのように拍子抜けしたという視聴者も多かったと思います。その代わり、そこにハマってしまう人も多く、私もそんな一人でした。

No title

せいパパさんおはようございます。
以前CSのスーパーチャンネルで放送されていたようですが、残念ながらその時スカパーがありませんでした。また再放送してほしいと強く望む一人です。
昼間たくさん運動していないと、夜なかなか寝付かないと云われています。今のうちから夜型生活にしないよう習慣づけた方が良いでしょう。

No title

kouさんおはようございます。
私の頃はブルース・リーでしたね。それが小学生の頃で、中学だとやっぱりジャッキー・チェンでしたから、大体同世代になりますか。正直ブルース・リーの方が好きで、ジャッキーのカンフーは京劇のような芝居がかっていました。あれと比べると、デビッド・キャラダインはスローモーションを多用していることもあって、とてもカンフーには見えないでしょうね(笑)。

こんにちは

こういう系だと
燃えよドラゴンですが
シリアスなシナリオだったんですね

主人公の遠い目 いいですね (*^_^*) 

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
実は元々ブルース・リーが主演する予定だったのが、デビッド・キャラダインになったそうです。彼はアメリカ人と中国人のハーフという役どころをするために、わざと目を細めるようにしていたとか。それがかえって思索的に見えるという副産物を生んだようですね。

No title

へるぞうさん、おはようございます。
ご無沙汰明けに格闘映画の話題は
滑り込みやすいです(^^)v

私もkouさんと同じく、
ジャッキーチェンの作品が
馴染み深いです。
母がジャッキーのファンだった
からですね、きっと。

久々格闘映画を観て、忙しさに
追われるだけの毎日に喝を与える
のもいいかも(*^^*)
TSUTAYAで探してみます☆

No title

杏さんおはようございます。
TVドラマだと書いているのに、高忠さん以外はみんな映画だと思ってしまうのは何故でしょう?カンフーといえば映画というイメージだからかな?どちらかというと、カンフー+西部劇と言ったほうが正確でしょうね。
店舗にもよるでしょうが、TUTAYAには置いてあると思いますよ。ググったときに出てきましたから。旧作扱いになっていると思うので、まとめて借りて視てみるのも良いかと思います。あまり格闘シーンには期待しないようにして下さい。

No title

ジャッキーチェーンの少林寺木人拳を思い出しました。

木人の不自然さとともに!

No title

MONTAさんおはようございます。
少林寺木人拳、ありましたね。このドラマはたびたび少林寺でケインが修行している風景が出てくるのですが、どうも中国でロケをしていないようです。ですからカンフーらしくないというのは、そんなところにもあるのかもしれません。少林寺で、手裏剣の修行をしているなんて、私は聞いたことがありませんし(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する