芹と鶏モモ肉

少し離れたJA産直所に立ち寄った際、芹があったので買ってみました。
DSCF2986_convert_20160418033243.jpg
以前近所のショッピングセンターにも、豊田の松平芹があったことは去年も書きましたが、これは市内の農家が持ってきた物のようです。松平芹
DSCF2987_convert_20160418033304.jpg
ということで、やはり芹と鶏モモ肉で水炊きになりますね。たまたまこの日は鶏モモ肉の特売という都合の良さもありました。でも本当ならば、鴨肉を使いたいのですよ。芹沢鴨ではありませんが、両者の相性は抜群ですから。
DSCF2988_convert_20160418033320.jpg
いずれにせよ、思ったほど匂いが強くはありませんね。ですから鴨よりもブロイラーで十分だといえます。
DSCF2989_convert_20160418033341.jpg
水炊きにするときには、魚であれ肉であれ、やはり霜降りにして余分な脂を落としておいたほうが良いですね。
DSCF2990_convert_20160418033359.jpg
ちょうどこの日は寒の戻りのような寒さで、鍋で温まることが出来ました。

今回の地震に遭われた方々にお見舞い申し上げます
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます
あいかわらずのイイ仕事
V(^_^)V
イイっすねぇ。
して、お供は
きっと日本酒だと思うけど
何がchoiceだったんでしょう!?
気になりますから。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
芹というと、あの芹沢鴨をすぐに連想してしまう私。元の名前は下村継次(嗣司)だとか。どうしてこんな名前にしたのかは、司馬遼太郎ですら分からないとのこと。
市内にも鴨肉が売っている店もありますが、高くて買えません( ;∀;)。仕方ないので、いつものように鶏モモ肉で代用しています。
実は日本酒ではありません。明日書くことにします。

No title

おはようございます。
セリと鶏肉といえば
比内地鶏とセリをつかったきりたんぽ鍋!
暫く食べていないので、食べたくなりましたよ。

仕事で外出したときに立ち食いそばを食べることが多いのですが、
暑い日でも、温かいそばを注文することが多くなりました。
歳のせいかもね(笑)

せり・・・♪

おはようございます(*^_^*)

こちらで暮らすようになり
食生活がかなり変化してます。
以前は夫が好きなセリを使った
”きりたんぽ鍋”風・・・を、
作ってたことを思い出しました^^
こちらでは、セリを一度も使ってないです(笑)
スーパーに売ってるのかなぁ~♪

No title

 おはようございます。
 水炊き、さっぱりしていて美味しいですよね。芹がさらにさっぱり感を増しているようでとても美味しそうです。^^
 鴨の水炊きは食べたことがありませんが、さぞかし美味しいのでしょうね。機会があったら食べてみたいです。^^
 

No title

おはようございます。
綺麗な仕上がりのお鍋ですね、少し
肌寒い時には鍋は美味しいですね。
あっさりとしてていいお味のようですねぇ。

No title

たろさんおはようございます。
奥様の実家、本場で食べるきりたんぽ鍋は格別でしょうね。〆は稲庭うどんなんて、考えただけでも涎が出てきそうです(笑)。
歳と共に、冷たい物よりも温かい物を体が欲してくるようですね。冷たいと、後で腹を壊したりすることも多くなりました。

No title

cacocacoさんおはようございます。
そちらにも芹はあると思いますが、地域的にあまり好まれていないのでしょうか?まあ、独特の匂いがありますから、好き嫌いが分かれるということはありますね。
芹というときりたんぽ鍋というのは、我が家ではやったことがありません。なかなか目にする機会もないので…。いずれやってみたいと思います。

No title

kouさんおはようございます。
かしわの水炊きは、我が家でもよく食卓に上るメニューです。本来なら、鶏がらで出汁を取ってから、かしわや野菜を煮るのですが、最近はなかなか鶏がらが売られていませんね。粉末の鶏がらスープを使っている人が多いのでしょうか?出来れば、鶏がらぐらい本物を使いたいものです。
鴨肉は、和牛並みの値段です。買うには決断が必要のようですね(笑)。

No title

ムームーさんおはようございます。
このところの天候は、暑くなったり寒くなったりと安定しませんね。ちょうど良い気温になったと思ったら、すぐに暑くなってしまうでしょう。
まだ寒いことも多いので、我が家では鍋をすることも多いのです。まあ、夏場でも鍋をしているぐらいですから、当然とは言えますが。ポン酢を使う機会も、普通の家庭よりも多いと思います。

こんにちは

お~
せりざわかも~
うけました (^^♪

お~い山田君
座布団 (*^_^*)

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
子母澤寛の「新撰組始末記」には、芹沢鴨は粗暴な振る舞いが多く、近藤勇と土方歳三は新選組の将来を危ぶんで、芹沢を暗殺したということになっていますね。ただしこれは近藤たちのクーデターを正当化するために、芹沢を貶しているという面もあるようです。いずれにせよ、新選組という組織は、変わりゆく時代の徒花だったといえそうですね。

No title

水炊き美味しそう
芹は殆ど買わないのですが
こうして食べるといいのですね。

No title

せいパパさんおはようございます。
芹は湯がいてお浸しにするのが一般的なようですが、私はやったことがありません。芹を使う料理はもっぱらこればかりです。鴨に限らず、芹は鶏肉と合わせる料理が良いと思うからです。
余談ですが、芹沢鴨は元は水戸藩士だったとか。剣の腕は相当なものがあったようです。

No title

鶏は鍋にしても美味しいですねぇ。
鴨肉、この辺りでは見た記憶が有りません。

No title

MONTAさんおはようございます。
鴨肉は時々書いている、三河安城駅近くのスーパーには大抵置いています。最近は鮮魚の扱いが悪くなってしまったので、あまり行くことはありませんが。
我が家は鶏肉を使った鍋が本当に多いですね。豚肉も使うことは使うのですが、やはり安価な鶏肉ということに落ち着いてしまいます(笑い)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する