鉄板イタリアンスパ

近所のスーパーで、面白い物を見つけたので買ってきました。
DSCF2899_convert_20160401014855.jpg
寿がきやの鉄板イタリアンスパです。このあたりでイタリアンというと、ステーキ用の鉄板に載ったスパゲッティを指し、喫茶店等ではお馴染みの料理なのです。東京あたりだとナポリタンと呼ばれるようですが、名古屋のそれは際立った特徴があります。
DSCF2900_convert_20160401014924.jpg
材料はこんなものでしょうか。庶民的な物ばかりです。
DSCF2901_convert_20160401014940.jpg
最初に火の通りにくいピーマンの薄切りを炒め、それから細切りの玉ねぎを入れてさらに炒めます。ウィンナーは一番後です。
DSCF2902_convert_20160401015008.jpg
スパゲッティを入れて、ソースをかけてよく混ぜます。
DSCF2903_convert_20160401015025.jpg
名古屋の鉄板イタリアンの特徴は、スパゲッティを溶き卵で閉じていることなのです。ですから脇から溶き卵を流し入れます。
DSCF2904_convert_20160401015044.jpg
上にも書いたように、本来ならステーキ用の鉄板に載ってこれが出てくるのです。名古屋にはステーキ用鉄板がある家庭が多いと聞いたことがありますが、残念ながら我が家にはありません。

次回の更新は来週月曜日になります。宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
コメント

No title

ヘェ〜(^◇^)
コレいいかも!

学生時代にアルバイトしていた
飯屋では
ナポリタンの作り方で
ケッチャプを使わずに
塩胡椒で作るのを
シシリアン!って
呼んでいたなぁ。

今朝のも美味そうだけど
あれも、うまかったなぁ。

と、赤ウインナーに
往時を思い出す朝らしい。
o(^_-)O

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
今でこそ、ケチャップを使わないナポリタンがありますが、昔は必ずケチャップを使った甘い味でした。まあ、日本人の味覚にあっていたのでしょう。その当時から甘くないナポリタンというのは珍しいですね。
名古屋ではこれを何故かイタリアンと呼んでいて、喫茶店の定番メニューです。私も子供の頃は、スパゲッティといえば、これかお子様ランチについていた物のどちらかでしたね。

No title

おはようございます
ナポリタンはケチャップが飛び散るから
仕事中はNGですが、うまいし、満足感もあるから好きですよ。
ちなみに
パンに挟んで食べるとケチャップが飛び散らずに、
美味しくいただけます(笑)

No title

 おはようございます。
 最初のパッケージの画像に「名古屋グルメ」とあるのを見て、ただのナポリタンではないことを期待して、楽しみながら読みました。
 ステーキ用鉄板で出されるところまでなら、名古屋スタイルのナポリタンだと思いましたが、溶き卵で閉じるのですから、やはりこれは「名古屋のイタリアン」なのですね、納得です。^^

No title

くるたんパパさんおはようございます。
この辺りはナポリタンとは呼びません。調べてみると、大阪もそうだとか。うーむ、名古屋は一体関東と関西のどちらに近いのでしょうね?
パンに挟んで食べるというのは聞いたことがありません。これはパパさんのオリジナルでしょうか?ちなみに、これにライスが付いたランチメニューもあります。こういうのは関西の影響でしょうかね?

No title

kouさんおはようございます。
鉄板の上にスパゲッティを載せて提供するのは、名古屋の喫茶店が始めたとか。なんでもスパゲッティが冷えて不味くなるのを何とかしたいという工夫からこれが生まれたそうです。
卵とじにするというのは、鶏肉文化のある名古屋ならではかもしれません。卵でとじない鉄板イタリアンなんて聞いたことがありません。これが大事なのです。

ナポリタン・・・♪

おはようございます(*^_^*)

”ナポリタン”・・・♪
若い頃、鉄板に入ったこれをよく食べました。
凄く懐かしい感じがします。
これは、日本独自の食べ物のようですね。
名古屋人の夫、たまねぎ抜きのこれが好きですが、
最近はほとんど作ったことがありません。
ナポリタンのことをイタリアンと呼ぶのは
初めて知りました・・・^^
ややこしい・・・笑

No title

cacocacoさんおはようございます。
kouさん宛のコメントにも書いたように、これを始めたのは名古屋の喫茶店だそうです。なんでもイタリア旅行で、冷えたスパゲッティが味気なくて、熱いまま出せないものかと試行錯誤したそうです。溶き卵でとじるのも、保温性を高める意味があるようです。
ナポリタンかイタリアンかは、地域によって違うようですね。関東から北はナポリタン、名古屋から西はイタリアンが多いとか。でもイタリア人には通じないでしょう(笑)。日本独特の味ですね。

No title

松山でもこれはナポリタンと呼んでいますが、「名古屋グルメ」とあるから、限定販売でしょうか。
世界で麺が出たのは、中国、日本、イタリヤだけだとか。それが今は世界中に。
麺類、一般的にどんどん味が濃くなっていくような気がするんですが、さて。

こんにちは

名古屋時代
よく食べていたのは
いきつけの喫茶店のインデアンスパ
何のことはない カレー風スパですが (*^_^*)
 

No title

こんにちは。
あら、これ美味しそうですね。
私も玉葱とピーマンにウインナーのスパが
好きですわ、ケチャプ味ですが。

No title

nibari1498さんこんにちは。
私の呼び方も、やはりイタリアンですね。ナポリタンという人はこのあたりにはあまりいないようです。鉄板イタリアンは、名古屋めしの中ではあんかけスパの影に隠れてしまっていますが、それでも喫茶店等ではいまだに根強い人気があります。これをメニューに載せていない店は無いのでは?と思いますね。
麺類に限らず、濃い味の方が印象には残りますね。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
インディアンスパも名古屋にはたまに見かけるスパゲッティですが、鉄板イタリアンと比べると、ちょっとマイナーな印象が拭えません。かくいう私も、鉄板イタリアンは何度も食べたことがあるのですが、インディアンスパを店で食べたことはありません。こちらの方が私には合っているように思えるのですが、何故でしょうね?

No title

ムームーさんこんにちは。
昔はスパゲッティにはミートソースを使うか、ケチャップ味にするかのどちらかでした。今のように、多様な味付けではなかったですね。子供向きだったのが、ケチャップ味の鉄板イタリアンでした。喫茶店での軽食メニューは、サンドウィッチとカレー、それにこの鉄板イタリアンでしたね。さほど美味いとは思いませんが、今食べてみると懐かしい味です。

No title

ナポリタンは日本固有の料理だから
オリジナリティ溢れる調理法が存在するのでしょう。
名古屋の料理は不思議な感じだと言われてるから
食文化の旅がしたいです。

No title

せいパパさんおはようございます。
ナポリタンが考えられた当時、スパゲッティを本場イタリアで食べられていた物と同じにしていたら、これほど一般的な料理となったかどうか…。日本人は外国の料理を自らの口に合うようにアレンジする天才だと思います。逆に今では、それが本場の人間にウケているのですから面白いものです。
名古屋においでになる際には、連絡して頂ければご案内しましょう。

No title

この辺りも、鉄板ナポリタンと称して観光面も含めて何十軒かの店で出されてます。
鉄板に乗っていて玉子が必須だそうです。
食べたくなりました。

No title

MONTAさんおはようございます。
そちらにもあるのですか。昔と違ってスパゲッティナポリタン自体は最近あまり食されることも少なくなり、若い人からすれば逆に新鮮に映るのかもしれませんね。ただこちらではあくまでイタリアン。呼び方にはこだわりがあるようです。
私の場合、ケチャップではなくトマトピューレーを使って、甘くないイタリアンスパゲッティにしてみてはどうか?と思っています。こちらの方が酒には合うでしょうね(笑)。

HNを変えました

ご面倒ですが、
今後はこちらのHNでお願いします(._.)オジギ

No title

たろさんこんにちは。
了解しました。引き続き今後とも宜しくお願い致します<(_ _)>。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する