フルセ(イカナゴ)の釜揚げ

土曜日、少し離れたJA産直所へ行ってみました。ここは花や野菜の苗が沢山あるので、春植えに良い物を探しに行ったわけです。
DSCF2769_convert_20160314023933.jpg
このあたりにはつい最近まで周辺にスーパーがなく、その関係でこのJAがスーパーの代わりとなっていました。その名残りなのか、今でも肉や魚が置いてあります。そうはいっても、私が見たところ肉や魚はお粗末な物しかないという印象でした。但しこの日に関しては、どういうわけかイカナゴの成魚が置いてありました。
DSCF2770_convert_20160314023957.jpg
このようなイカナゴの成魚を、関西では「フルセ」と呼ぶようです。このあたりでは大きさに変わりなく「小女子」と呼んでいるようですが。実は二週間ほど前にも、近所のスーパーで見かけたのですが、腹が破れかかっていました。また市内の西友では、既に茹でてある物しか置いてありません。これは岡山産とありますが、鮮度は悪くなさそうなので買ってみました。
DSCF2771_convert_20160314024014.jpg
塩水でさっと洗います。腹の部分もしっかりしているので、このまま釜揚げにしてみることにしました。
DSCF2772_convert_20160314024043.jpg
たっぷりのお湯に塩と大さじ一杯ほどの酢を加えます。こうすることでフルセ同士がくっつくことがありません。
DSCF2773_convert_20160314024108.jpg
茹で上がったら、うちわであおいで冷まします。
DSCF2774_convert_20160314024137.jpg
卸し生姜で頂きましょう。
DSCF2775_convert_20160314024153.jpg
ポン酢をかけて食べれば、幾らでも食べることが出来ます。日本酒が進みますね。
スポンサーサイト
コメント

No title

昨晩はワインをアケテ
チョット残っている感じな
朝なんだけど
これ(((o(*゚▽゚*)o)))
イイじゃん!
迎え酒?しちゃう!って

( ̄▽ ̄)月曜日
だったのね〜

No title

おはようございます
茹でるだけでいいんですね
これは手軽にできる肴ですね
でも鮮度がよくないとだめかぁ。
まちがいなく日本酒がススムくんでしょうね

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
イカナゴの釘煮というのは、明石の名物ですが、これぐらいになった「フルセ」だと、脂が強すぎて敬遠されるそうです。そこでポン酢を掛けて食べる食べ方が地元でされているとか。これも明石漁港がCookpadに載せていたので、それを参考にしました。日本酒のアテには良いですね。ただし生臭みもあるので、ワインには向かないと思います。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
イカナゴは釘煮になって、近所のスーパーあたりでは見かけると思います。これぐらいのフルセを食べるのは、やはり関西が多いでしょうね。一度一色漁港でも見かけましたが、買おうとしたらすぐに売れてしまいました(涙)。それぐらいの鮮度だったら、刺身でも食べられるそうです。ただ脂が強いので、幾らも食べられないでしょう。釜揚げなら幾らでも食べられます。

No title

 おはようございます。
 先日、イカナゴ漁解禁のニュースを今年も耳にして、釘煮を思い起こしたのですが、成魚なるとここまで大きくなるのですね。
 鮮度がよければ、釜揚げして、生姜とポン酢でシンプルに食べるだけで充分美味しいのでしょうね。この辺りでもフルセ出回るのかなぁ~ 鮮度がいいのを見かけたら試してみたいと思います。^^

イカナゴ・・・♪

おはようございます(*^_^*)

イカナゴのくぎ煮は、何度か頂いたり、
買ったりします・・・^^♪
イカナゴの成魚を”フルセ”と呼ぶのですね。
義母が小女子と言ってた魚、
イカナゴのことだったんだ!
シンプルなかま揚げ、
鮮度が良いと美味しいでしょうね^^♪
色々なことを思い出しながら読ませてもらいました。

No title

kouさんおはようございます。
実はこの地方のイカナゴ漁ですが、全面中止になってしまいました。伊勢湾と三河湾は優良な漁場なのですが、今年は全然獲れていなかったそうです。非常に残念ですが。
フルセは釘煮にもなります。元々こちらの方が本家だったとか。これを送って貰うわけにはいきませんか?

No title

cacocacoさんおはようございます。
そちらでは「イカナゴ」で通っているようですね。こちらでは幼魚も成魚も「小女子」です。時々ゴチャゴチャになって、誤解してしまうことがありますね。
釘煮になるのは小さな方で、成魚になると地元で食べるぐらいのようです。ちょっと脂が強いので、煮たり、釜揚げにしてポン酢で食べるようです。いずれにしても酒の肴ですね(笑)。

No title

こんにちは。
綺麗な姿ですねぇ~
ポン酢や生姜醤油で食べると美味しいでしょうね。
季節のもの、いいですね。

No title

ムームーさんこんにちは。
明石のイカナゴは、関西の人にとってもお馴染みの味ではないでしょうか。このあたりもイカナゴ(呼び方は小女子)の産地ですが、今年は全然獲れずに量が全面的に中止になりました。こんな身近な魚すら全く獲れなくなってしまうとは、この先どうなるのか不安です。

No title

春のこの時期、いかなごの季節でゆがいたものをそのまま食べます。ご飯と一緒に食べますが、私の大好物で、潮の香りがプンプンします。
これを食べるころ「ああ、春が来たな」と感じるのです。

No title

これはある意味究極のアッサリ、素材の味を生かした料理ですねぇ。

ポン酢を付けて日本酒でですか。

呑みすぎに注意が必要です。

こんばんは!

こりゃ~
酒飲みには
たまりませんね! 

呑み過ぎ注意 ②

No title

nibari1498さんおはようございます。
そのイカナゴはちりめんじゃこぐらいの大きさではないですか?釜揚げにするにも、佃煮にするにもちょうど良い大きさでしょうね。これぐらいになると、食べる際に骨が気になります。脂も強くなっているので、そのまま食べると途中で嫌になります。それを緩和するのがポン酢ということなのです。

No title

MONTAさんおはようございます。
あっさりしているようで、味そのものは結構濃いのです。ですから、ポン酢や生姜、大根おろしを添えて食べるのが良いでしょうね。ご飯のおかずというよりも、仰るように酒の肴の方が相応しいと思います。ラベルに書いてあったように、天ぷらにするとか、あるいは蒲焼きにしても美味いでしょう。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
こういった料理だと、やはり日本酒ですね。魚介類に合うのは、つまるところやはり日本酒が一番だと思います。この前書いた、開運のひやづめ純米がよく合いました。でもこればかり飲むわけにはいかないので、ある程度飲んだら安い酒に切り替えなければなりません(涙)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する