開運 ひやづめ純米 山田錦

今日採り上げるのは、静岡県掛川市にある土井酒造場の「開運 ひやづめ純米 山田錦」です。
DSCF2714_convert_20160306024918.jpg
開運は磯自慢と並ぶ静岡を代表する銘酒です。これまでにも何度か純米吟醸等を書いたことがあります。
DSCF2715_convert_20160306024939.jpg
この「ひやづめ」とは、しぼりたての純米生酒をパストクーラー(熱処理機)にて火入れした後すぐに冷やし、瓶貯蔵した製法のことを指します。こうすることで生酒のような風味と味わいを残しながら、それでいて取り扱う際には温度管理も容易という利点があるのです。
DSCF2716_convert_20160306025027.jpg
55%精米なので、本来なら純米吟醸の規格ですが、あえて純米酒として発売されています。
以前ウェブリブログの時に、同じ開運の「純米無濾過生原酒」を書いたことがあります。さすがに生原酒と比べると、いささか平坦な印象ですね。ただしそれはあくまで生原酒と比較すればという話であって、これ単体であればキレも良く、非常に優れた酒だと思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます
「開運:と書かれたお守りがを財布の中にいつも入れています
特にこれまで御利益があったわけではないですが、何事もなくここまでこれたのが御利益なのかもしれません(笑)
このお酒も、そんな御利益があればいいですね(笑)

No title

くるたんパパさんおはようございます。
宝くじを買う前に、これを飲めば大当たり間違いなし!なら良いのですけれど(笑)。なかなか現実は厳しいものがあります(涙)。あと茨城に「来福」という酒がありますが、そちらは試したことがありません。どちらが幸運をもたらすのでしょうか?いずれ飲み比べて実証してみたいと思っています(笑)。

No title

お酒分類は柔道やレスリングの様に
厳密に分かれて居ると思ってたけど
生産者の意図で変えても大丈夫何ですね
初めて知りました。

No title

おはようございます。
磯自慢、懐かしいですわぁ、良く食べていました。
今は色んなものがありますねぇ~
開運なんて名前がついてていいですねぇ。

No title

土井酒造場・・・いい名前だなぁ。
いま HPを拝見してきました。
ええ感じ っすねぇ。

いっつもの国士無双らいく
威勢のいい名前ばっかりじゃなくて

開運とか来福とか
縁起がいいのも
ちょっと 考えてみる!
かなぁ・。・・

No title

せいパパさんおはようございます。
厳密に分かれているのは、特定名称酒の基準である精米歩合であって、それを上回る品質の酒であっても、あえて一ランク下の名称で売るということはよくあります。恐らくは、自分の蔵は吟醸酒に自信があるので、この程度の精米歩合で純米吟醸とは表示したくないという自信の表れだと思います。

No title

ムームーさんおはようございます。
それは海苔の佃煮の方であって、静岡の焼津に磯自慢酒造という酒蔵があるのです。ここの酒は、数年前の洞爺湖サミットでも、乾杯の酒に使用されたほど人気があります。私も磯自慢の酒は大体飲んでみましたが、これまで飲んだ中では外れがないという非常に高品質の酒です。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
開運を飲んで宝くじを買い続けていますが、未だ御利益がありません。もうそろそろあっても良い頃だと思うのですが(笑)。
そうそう旭川の国士無双、時間次第ですが六月には見学出来そうですか?ここの酒を飲むと、国士無双が上がれそうな気がします。今日はこれから麻雀に行ってきます。国士無双が上がれますように。

No title

呑んでみたいお酒ですねぇ。

火入れした直後に冷やすんですか。

最近は、こだわりの製法で酒作りをされる酒蔵が増えた気がします。

ワインなどを有り難がるのも良いですが、日本酒の良さを考え直す事も必要かと感じるこの頃でございます。

No title

MONTAさんこんにちは。
火入れ自体は、日本酒をお燗するような感じですが、これを急冷するというのはどうやるのは私にはよく分かりません。このような方法を採るのは静岡の酒蔵に多いようで、磯自慢や初亀にもあります。
日本酒の国内販売量は年々減少していますが、逆に輸出量は右肩上がりが続いているとか。そのうち、美味い日本酒を国内で飲むのは難しくなるのでは?と懸念しています。

お~

名前もいいですね (^_-)
 
山田錦~100%ですね (=^・^=)
 

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
日本で最高の山田錦の産地というと、兵庫県加東市東条地区と云われています。そこの田んぼは、いわゆる棚田で、機械ではなく手作業で山田錦を育てているとか。しかも山田錦は背が高くて、風が強いとすぐ倒れてしまうそうです。私の知る限り、高い物だと一俵¥60,000はすると聞きます。手間暇かかっているので、それも当然かもしれませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する