里芋田楽

けんちん汁に使った里芋は三つだけでした。残りは別の料理に使うことになります。今回は里芋を使った田楽にしてみました。
DSCF2513_convert_20160210155051.jpg
晩秋から根菜の主役になっている里芋ですが、三月一杯でお終いになりそうです。
DSCF2514_convert_20160210155106.jpg
里芋を蒸して皮を剥き、潰してゆきます。皮を剥いてから蒸すのではないので注意して下さい。つなぎに小麦粉を少々加えます。
DSCF2515_convert_20160210155124.jpg
これを団子状にして割り箸に突き刺します。団子に丸める際、手に水をつけると里芋が手につかずに上手く行くようです。こうして出来た里芋をグリルに入れて、表面を軽く炙ります。
DSCF2517_convert_20160210155141.jpg
それに田楽味噌を塗って再度炙れば出来上がりです。形や大きさが揃っていれば、潰して団子状にしなくても、蒸して皮を剥き、そのまま串に刺して焼けば十分かと思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

里芋を!蒸してツブシテ田楽!
もともと里芋は あまり縁がない生活圏
煮物に登場するくらいなので
完全にアウェイ感(^_-)ミチミチだけど
何故か焦げ目のみえる焼きあがりに
味の想像がつかないんだけど
ソソラレル( ̄+ー ̄)
寝起きでみて 腹が クーっと
なくわいねぇ。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
田楽というと、おでんの原点になった料理だということをご存知でしょうか?使う食材は豆腐か蒟蒻が多いのですが、里芋も悪くなかろうということで使ってみました。仰るように、北海道では里芋が取れないようですね。ジャガイモでも出来ないことはありませんが、その場合四角い型にいれて焼く方が良いでしょう。新じゃがが出回ったら、一度やってみても良さそうです。

No title

これまた美味しそうです
ホクホクしてる感じが
伝わってきます。

No title

せいパパさんおはようございます。
里芋は味噌との相性が良く、この地方のおでんで使われる味噌ダレをかけても美味いものです。里芋を団子にして、味噌を塗って焼いたら美味いだろうなぁ…と思ったのは、そういった背景があります。
あとは五平餅ですね。小判型が多いようですが、団子型の五平餅も場所によってはあるようです。

里芋の田楽・・・♪

おはようございます(*^_^*)

里芋と味噌は相性が良いですよね^^♪
収穫した里芋の小振りなものは
まとめて蒸し、冷蔵庫に常備してます。
それをふきのとう味噌で・・・♪
次回は里芋を焼いてみますね。
この時期、里芋は、
ホワイトシチューやカレーにも使ってます^^♪

No title

おはようございます
田楽といえば、我が家ではきりたんぽ田楽!
秋田の観光地でよく見かけます。あの香りがすれば、
もう買わずにはいられません(笑)
里芋田楽もきっと美味しいでしょうね。
焼きたてはさらに美味しさ倍増でしょう

No title

cacocacoさんおはようございます。
小振りの里芋の場合、我が家では「きぬかつぎ」にして塩だけつけて食べることが多いですね。この前仰っていた「蕗の薹味噌」ですか。これは蕗の薹の香りも加わってより美味いでしょう。ただし近所のJA産直所には、まだ蕗の薹が出てきません。あれば買うのになあ…。ちなみに、私は天ぷらにするのが好きです。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
奥様が秋田出身でしたね。秋田といえばきりたんぽ。地元で食べるきりたんぽは美味いでしょう。比内地鶏なんて入っていたら、もう堪えられません。酒は秋田の新政あたりが良いかも。でも今新政は人気が高くなかなか買うことが出来ないってご存知でしたか?お近くの望月商店は取り扱っているようですよ。

No title

おはようございます。
わぁ~これも美味しそうですね、サトイモいいなぁ。
私は皮をむくのが痒くてできないですが
先に蒸して使うといいのですね。
お団子みたい~
いつもおいしそうなものばかりで素晴らしいなぁ♪

No title

ムームーさんおはようございます。
里芋の皮を剥くと、手がかゆくなることがありますね。あれは里芋に含まれている「シュウ酸カルシウム」が手の皮膚を刺激してかゆくなるそうです。もし里芋の皮を剥いて手がかゆくなったら、酢で手を洗うのが良いとされています。そうならないようにするには、ビニールの手袋をして、皮剥きをすれば良いかと思います。

こんにちは

お団子は結構食べるんですが
こういうのは初めてですね (^^♪
 
アツアツ食べたいですね!
 

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
本来なら、蒸して(あるいは茹でて)皮を剥いた里芋を串に刺して、それを焼いて田楽味噌を付けるような感じですね。大きさが不揃いだったので、潰して団子状にしましたが、手に里芋が貼り付くようで、結構面倒でしたね。がんもどきを作る時に、手に油をつけることを思い出し、油ではなく水をつけてみたらくっつくこともなく丸く形成出来ました。

No title

普通の団子よりヘルシーですねぇ。
里芋が柔らかくて大きさが揃っていれば、確かにそのまま串に刺して焼いても良さそうです。
餡子以外でも合うものが有りそうですねぇ。

No title

MONTAさんこんにちは。
JAの産直所で売られている里芋は、スーパー等より安い分、大きさや形がバラバラです。料理屋で使う物のように、大きさが揃っている方が使い勝手は良いですね。その点は、手間を掛けることでカヴァーします。
流石に餡子を塗ることは出来ないでしょう。余程の甘党ならいざ知らず、私はそれは勘弁して欲しいところです。

No title

昔から芋類は苦手で。
おやつの少ない時代、ふかし芋や虫芋、焼き芋、蒸したのを干しのやら、芋だけは嫌というほど食べた反応で今も芋とミカンは苦手です。
でも変わった里芋の料理ですね。

No title

nibari1498さんおはようございます。
戦時中サツマイモばかり食べたので、もう芋は見るのも嫌だという人はいますね。でもそれは私の親の世代ですから。まあ、サツマイモであれ、食料が足りていたのはまだ良い方だったそうです。都会では、サツマイモすらなく、着物などと交換しに来る人がいたのだと聞きました。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する