水餃子鍋 後編

昨日の続きです
DSCF2412_convert_20160125135616.jpg
寝かせておいた餃子の皮を棒状に伸ばし、1cm程度の厚さに切り分けて切り口に小麦粉をまぶしておきます。
DSCF2413_convert_20160125135631.jpg
これを麺棒を使って丸く形成してゆくのですが、大事なのは形よりも薄く引き伸ばせるかという感じがします。最初に手で押し潰してから縦に伸ばし、その後横に伸ばすようにすれば、割と簡単に丸に近い形になると思います。今一つのやり方は、麺棒の端を真ん中に合わせて、それを回転させるようにして丸く伸ばしていくというものです。ただしこれは慣れないとなかなか上手く行かないようです。
DSCF2414_convert_20160125135647.jpg
さて、伸ばした皮に餡を詰めていきますが、ここでのポイントは口にひだを作らないように閉じることなのです。ひだを作ると、その部分が分厚くなって食感が悪くなってしまうからです。ですから、閉じる部分に水を付けて、ひだを作らないように、しかもきちんと閉じる必要があります。
DSCF2415_convert_20160125135710.jpg
全部で二十個は作りました(笑)。ただし皮と餡を全く余らせなかったのは偶然でしょうか?
DSCF2417_convert_20160125135726.jpg
つけダレですが、辛い物が好きなので、酢醤油に豆板醤、それに練り芥子とラー油を入れています。
DSCF2419_convert_20160125135746.jpg
ここでようやく鍋の登場です。鍋に水を張って、沸騰したら水餃子を入れてゆきます。水餃子以外に鍋の具材はありません。
DSCF2420_convert_20160125135802.jpg
水餃子は多少皮が厚めの方が美味いと云いますが、それも程度問題でしょう。これぐらい薄くしないと、水餃子を手作りしたとはなかなか言い辛いですね。
スポンサーサイト
コメント

No title

きた〜*\(^o^)/*
最後の画像 ありがとーーう

なに!偶然?でしょうか。

ノンノン( ̄▽ ̄)

それを
ゴットハンドの必然という
だってばさ。

うーん 寝起きから
ゴチソウサマっす。

No title

おはようございます

1枚目の画像で、
皮は厚くするの?
と思ってしまいました。
練り辛子って一般的な食べ方でしたか?

最後の写真、
これは間違いなくどんぶり飯だなぁ!

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
今にして思えば、少し餃子が大きかったかな?という感じはありますね。まあこれが水餃子なのでこれでも良いのですが、焼き餃子をするのであれば、もう少し小さ目にした方が焼きやすいでしょう。
普通水餃子はガス台にかけた鍋で湯を沸かし、そこで湯がいてしまうのですが、このところ寒いので、鍋仕立てにしてみました。餃子だけしか入れませんが、これで十分なのはお分かりかと思います(笑)。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
皮は均等になるように、伸ばしてから切り分けます。まさかこのまま使うというわけにはいきませんから、これを薄くのばして丸に形成していくわけです。慣れないと、なかなか丸になりません。
練り芥子はあまり一般的ではないかも?私は辛い方が好きなので、入れているだけです。
水餃子があればご飯は不要かと思ったのですが、それだと「孤独のグルメ」みたいになりますね。

水餃子鍋・・・♪

おはようございます(*^_^*)

流石!
皮とあんがピッタリ・・・^^
なかなかそうはいきませんよ。
手作りの皮、やはり美味しそう♪
我が家も鍋風にします。
具は、ほうれん草を時々箸休めに!
二人暮らしになって久しく作ってないので、
今夜あたり作ろうかなぁ~^^

No title

 おはようございます。
 動画などで紹介されている皮の伸ばし方は回転させながらの方法が多いので、それを真似てやってみるのですが、あの方法で丸く伸ばすのは難しいですね。 皮も分厚くなってしまい、とても餃子とは言い難い小麦粉料理になってしまいます。^^;
 画像の水餃子は皮も餡もおいしそうな出来上がりですね。^^

No title

cacocacoさんおはようございます。
普通どちらかの割合が多くて、残ってしまうのですが、何故か今回はピッタリ!こんなことは初めてです。
台所で湯がくよりも、今の時期だと鍋にして、めいめいが食べる分だけ餃子を入れるようにした方が良いような気がしました。他には何も入れないのですが、これも好みで別の具材を入れても良いですね。

No title

これこれ、これを見たかったのよね。
とガツついて、朝の挨拶を忘れてしまいました。(笑)

おはようさんです。

丸く整った形にするのは思ったより
難しそうですね。
とすると以前に書いた大学の先生がやってた
小さなのし棒で、両手同時にやって、あっと言う間に綺麗な丸い皮を作るってのは凄いことだったんだなと
あらためて思いました。
「中国ではこれができないと男じゃないよ。」
なんて冗談言っておられましたが、ほんとに
お上手でした。

水餃子こそ、手作りの皮だろうなと思いますよ。
トゥルンとした皮の食感、ああ食べたいなぁ。

No title

kouさんおはようございます。
回転させながら伸ばしていく方法は、見ている限り簡単そうですが、実際やってみると、なかなか丸くなりません。丸くさせようと意識しすぎると、今度は皮が分厚くなったままということが多いようです。まあ、これも慣れといえばそれまでですが。
手作りの皮の食感は、独特のものがありますね。病みつきになります。

No title

casa blancaさんおはようございます。
餃子の皮作りは、何回かやっていると、自然とコツのような物が掴めてきます。まあ、これは餃子の皮に限ったものではありませんが。どのあたりを伸ばせば、丸くなるのか?この具合が分かるようになるまで、二十年はかかりましたね(笑)。もしこれが仕事だったなら、こんな悠長なことでは駄目でしょうが。

いや~

美味しそう!! (^^♪

ひだはだめなんですね
なるほどです (*^_^*)
 

おはようさんです〜 さすがです🎵
朝ごはんを食べたのですが
水餃子!食べたいです〜 寒いのでお腹もぬくもるので〜
皮の薄さは大事ですよね〜

No title

こんにちは。
こうして作るのですね、そしてこれだけを
入れて食べる、他に入れると美味しさも
変わるのでしょうね、たれもこういうのを
混ぜる、なるほど~美味しそう!!

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
大抵はひだを作って、餃子を閉じますよね。ただ私が持っている中華料理の本には「茹でた時にその部分が固くなってしまうので、ひだを作らずに閉じる」べきと書かれています。私もそちらに賛同して、このように書いたわけです。これが焼き餃子だと、そこまで食感を重視しないので、ひだを作って閉じて構わないということになります。

No title

へるぞうさん、こんにちは。

先日は誕生日リクエスト、
ありがとうございました(*^^*)
日が経ってしまったので、
こちらへの記事で失礼します。
…が、やや繋がりが☆!
というのも、今餃子の皮を使った
給食スイーツを再現しようと、
市販の餃子の皮が冷蔵庫で
スタンばっていて(^^)
『市販』が手抜きの私らしい(笑)
完成したら記事あげますね。

へるぞうさん、
誕生日覚えていて下さって
ありがとうございました(*^^*)
この場をお借りしますが、
維真尽さんもお祝いコメ
ありがとうございました(*^^*)

No title

テス(nosaman)さんこんにちは。
流石に朝から餃子というのも、よほど好きでないと難しいですね。ただ焼き餃子の場合はちょっとくどい感じですが、水餃子なら、朝から食べても良さそうな気もしないではありません。
私も餃子の皮については、随分失敗もしてきました。以前TVでやっていた大阪の店は、皮の厚さが極薄だったので、いずれそうしてみたいと思っています。

No title

ムームーさんこんにちは。
満州では、餃子は家族全員で作って、その時には水餃子だけを食べるとか。満州のソウルフードなんでしょうね。それに合わせたわけではありませんが、この鍋は水餃子だけ入れることにしました。まあ、水餃子だけで肉と野菜がしっかり入っていますから、これだけで腹が膨れてしまいます。私は酒の肴にして、結局は全部食べてしまいました(笑)。

No title

杏さんこんにちは。
まあ、あれは私が勝手にやったことなので…。それに鳥の巣にはならず、プディングになってしまいました。それでもお気に召してもらえれば、それに越したことはありません。
餃子の皮を使った、給食スィーツとは何でしょうね?楽しみに待つことにしましょう。それから、明日も餃子になるのかな?近所のスーパーで見かけた珍しい物を紹介する予定です。

No title

へる兄さんのブログでいつもどこか出かけるときにはついついトピックになった品物を食べることが多いです。
明日は買い物に出かけるので、帰りに餃子を買って帰ろーっと。

No title

皮を上手く伸ばすには練習が必要ですねぇ。
そして、ひだは作らないんですか。
焼き餃子だとひだ有りと思ってましたが、水餃子だと食感が変わる、なるほどです。
水餃子の皮はやや厚めとばかり思ってましたが、やはり限度ものなんですねぇ。

No title

何だか面白そう
私にも出来そうな気がします。
つるんとした餃子に仕上げるのが斬新でした!

No title

ん?nibari1948 さんですか?
まあ偶然でしょうが、餃子はお好きなようですね。最近では宇都宮や浜松のような地方都市が、我こそが餃子の街だと競い合っていて、御当地の餃子もスーパーでよく見かけるようになりました。一度浜松餃子を買ってみましたが、チルドになっていたのであまり美味くはなかったですね。これが生餃子なら随分印象が違ったかもしれません。

No title

MONTAさんおはようございます。
皮の手作りを始めるようになってから、市販の皮を買わなくなりましたね。市販の物が駄目というわけではなく、これを買うぐらいなら、もっと上達した方が良いという、半ば意地みたいなものです(笑)。
焼き餃子の場合は、焦げ目のパリッとした食感、水餃子の場合はツルッとした食感と喉越し、それぞれ特徴が違いますから、それに合わせる必要がありますね。

No title

せいパパさんおはようございます。
以前仲買の店によく来てくれた人も、名古屋で美容師をしています。美容師の方は仕事柄、器用な人が多いみたいですね。せいパパさんも恐らくはそうでしょう。私のような不器用な人間と違って、少し練習すれば餃子の皮ぐらい、作れるようになると思いますよ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する