水餃子鍋 前編

二回に分けて水餃子鍋について書きます。水餃子は市販の皮ではなく、手作りの皮を使った方が断然美味いと思いますが、何しろ時間がかかるので、休日ぐらいしか作ることが出来ません。
DSCF2406_convert_20160125042536.jpg
強力粉と薄力粉を150gづつ、塩を小さじ一杯、それに水は150ccです。お湯ではなく水を使うのがポイントです。
DSCF2407_convert_20160125042602.jpg
水を少しづつ加えながら、体重をかけてよく練り込みます。
DSCF2408_convert_20160125042617.jpg
これで二十分ぐらい練ったでしょうか。濡れた布巾をかぶせて一時間ほど置きます。
DSCF2409_convert_20160125042633.jpg
餡に入れる野菜は白菜、葱、生姜です。白菜は固い部分と柔らかい部分とに分けて切ります。
DSCF2410_convert_20160125042649.jpg
というのも、白菜を茹でる時に固い部分に時間をかけて茹で、柔らかい葉の部分はさっと湯通しする程度にするためです。
DSCF2411_convert_20160125042708.jpg
白菜の水気をよく搾って細かく刻み、同じく刻んだ葱とおろし生姜、濃口醤油、胡麻油、酒などと共に豚ひき肉によく混ぜて練ります。粘りが出てくるぐらい練れば十分でしょう。

明日は水餃子鍋 後編を書きます
スポンサーサイト
コメント

OHHHHHH!生殺しだあ!!
明日の朝には
食べられるのね!

待ってるよん(^_−)−☆

No title

おはようございます

学生のころ仙台に住んでいた兄のアパートで
ご馳走になったのが水餃子でした。
もう35年も前のことなのに、いまでもあの味は忘れられません。

No title

餃子の皮を手作りする発想自体が無かったです。
へるぞうさんの発想力は
どこまでも素晴らしい!
私にような適当な人間でも
自分で使った方が
美味しい餃子の皮が出来ちゃうんですか
適当に作ってみようかな〜
って
軽い気持ちで作ったらきっと買った方が美味しのかな?

おはようさんです あ〜寒いので温かいものが食べたい〜と思ってたら
明日まで 待てとは!!
皮まで手作りの水餃子! 食べたい〜です

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
別段意地悪をしているわけでもなく、水餃子を作る場合には、細々とした過程を一々書いていかないとどうしようもないので…。
明日は皮を伸ばすところから、鍋に入れるまでを書いていきます。

No title

 おはようございます。
 かなり寒くなってきたので、体が温まってツルンとした食感で皮が美味しい水餃子がいいですね。まだ冬に入る前でしたが、自分も水餃子を作ってみたいと思ったことがあって、皮作りからのレシピを用意まではしたのですが、やはり手間なので、やらずじまいになっています。^^;
 よし、諦めずにやってみよう お手本の後編楽しみです。^^

No title

くるたんパパさんおはようございます。
その話は以前にも聞きましたね。その時思ったのですが、お兄様は料理が上手なのでしょうか?皮から餃子を作るというのは、意外と大変なので、よほど慣れていないと難しいと思います。ひょっとすると、中華料理屋でアルバイトをしていたとか?

No title

せいパパさんおはようございます。
最近は浪漫亭なんかの焼き餃子を買っては焼くことが多かったのですが、久し振りに水餃子を食べてみようと思い、皮から作りました。水餃子は中身よりも、皮の食感が大事なので、市販の皮では難しいと思います。これは手作りに限りますね。

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
満州から引き揚げてきた人達が、日本に餃子を広めたそうですが、それはご承知の通り焼き餃子で、向こうの人からすれば、水餃子の余りを焼き餃子にするとか。一般的に餃子というと、水餃子の方を指すようです。寒い時期にはこれが良いですね。

No title

kouさんおはようございます。
水餃子をする場合には、皮から手作りの方が断然良いと思います。皮作りは、数をこなすほど上手になっていきますが、最初はなかなか丸く形成出来ないのは仕方ありません。私も最初のうちは、三角の皮になったりしていました。こういったコツは、やっているうちに突然身につくような気がします。

No title

餃子の命は皮にあり、と聞いたことがあります。
それをご自分で実施。
明日の出来具合が楽しみです。
ピーの結果を待ってます。

No title

おはようさん。
わぁ、ついに皮まで手作りしちゃったのね。
艶々、もちもり、プルンな画像をと思ったら
完結は明日やん。
高忠さんの言うように”生殺し”や。

明日は、とっておきの水餃子が見れるのね~
楽しみだすぅ。

お~

完全手づくり!
愛情こめて こねて!

次回たべるの図? (*^_^*)
 

No title

nibari1498さんこんにちは。
餃子の皮を自分で作り始めたのは何時だったでしょうか?もう三十年以上昔だったと思います。もちろんなかなか上手く行かず、皮が破れてしまうこともしょっちゅうありました。漸く薄くのばすことが出来るようになったかな?といった感じです。まあとても売り物にはなりませんがね(笑)。

No title

casa blancaさんこんにちは。
以前にも水餃子の皮を作ったことを書いた覚えがあります。焼き餃子の場合は皮を作りませんね。最近では安価で美味い市販の餃子が売られているので、わざわざ手間暇かけて作る気にもならないのです。ただ水餃子の場合は別ですね。これは皮を味わう料理ですから。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
餃子の皮を捏ねるのは、うどんを打つようなものですね。流石に足で踏んだりはしませんが(笑)。それでも結構力を込めて捏ねないと、良い皮になりませんから、二十分も続ければかなり疲れます。
水餃子の場合、油を使わないので物足りない点はありますが、体には良いでしょうね。

No title

こんにちは。
餃子の皮を作り水餃子鍋に、美味しそう
皮は手作りすればお鍋のお味も
違うのですね,売ってる鍋用の餃子は
まずそうですもの。

No title

皮から手作り、本格的ですねぇ。
白菜は細かく切って塩を振り、しばらくして水気を絞って使ってましたが、茹でるという方法も有りですねぇ。
次回は茹でてみたいと思います。

No title

ムームーさんこんばんわ。
普通水餃子は、別に鍋に湯を沸かして、そこで茹でて食べることになります。でもこのところの寒波の影響で、それなら鍋に湯を張っておいて、そこに水餃子を入れた方が食べる側も暖まるのではないか?と思いました。市販の水餃子もありますから、作るのが難しければ、それを使うのも良いかと思います。

No title

MONTAさんこんばんわ。
餃子の餡を作る際には、なるべく水気を入れないのが鉄則です。すると白菜を茹でたとしても、水をきちんと切っておく必要がありますね。仰るように塩を振っておくのも良いと思います。勿論搾って、水気を切るのが大事になりますね。
業務用だと、餡にキャベツを使うことが多いようですが、私は白菜の方が餃子には向いていると思うので、キャベツは使ったことがありません。

水餃子・・・♪

こんばんは(*^_^*)

息子たちが中学生の頃、
息子の友人達が来ると
大量の水餃子をよく作ってました^^
もちろん市販の皮でですが・・・。
皮から手作りすると全然違うでしょうね。
息子はいまだにあの水餃子が好きだそうです(笑)

No title

cacocacoさんこんばんわ。
中学生の頃なら、味よりも量の方が重視されていたと思いますね(笑)。勿論美味ければいうことなしなのですが。
焼き餃子の場合だと、油を使って焼くので、それだけでもボリュームがあります。これに対して水餃子だと、皮の食感が大事になってくるような気がしますね。ツルンとした食感を出すには、なるべく手作りの皮の方が良いかと。まあ我が家の場合は、たまたまあった強力粉と薄力粉を使えたからという側面もあると思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する