黒豆を煮る

道具もそろったので、いよいよ黒豆を煮ることになります。
DSCF2230_convert_20151228185509.jpg
使う黒豆は丹波篠山産の「丹波黒」です。
DSCF2231_convert_20151228185528.jpg
今までは一晩水に浸して戻し、それを煮て途中で砂糖を入れていましたが、今年は最初から砂糖を入れた調味液を作り、そこに黒豆を入れて戻しながら、そのまま煮てしまう方法を採りました。これだと、時間短縮と共に、水で戻した場合と比べて黒豆の皮が破れにくくなるという利点があります。
DSCF2232_convert_20151228185544.jpg
まだ調味液が熱いうちに、黒豆と鉄玉子を入れて一晩置きます。
DSCF2233_convert_20151228185601.jpg
一晩経ったところです。
DSCF2234_convert_20151228185624.jpg
これから煮始めるわけですが、最初はやや強火にして、沸騰する前に出来るだけ弱火にします。さらにクッキングシートを鍋に合わせて切っておき、これを紙の中蓋にします。鍋の蓋は外蓋として、少し開けてかぶせます。
DSCF2235_convert_20151228185641.jpg
しばらくすると灰汁が出てくるので、それを丹念に取り除きます。
DSCF2236_convert_20151228185658.jpg
豆が煮上がったかどうかは、豆を縦につまんで、均等に潰れれば煮上がったということになります。こうなれば火を止めて、自然に冷まします。
DSCF2237_convert_20151229030821.jpg
先ほど取り出してみた黒豆です。煮始めてから火を止めるまで、大体八時間ほど煮ていたでしょうか。
スポンサーサイト
コメント

No title

トレビ杏!!V(^_^)Vって
いきなり 杏さんの決め台詞を
先に使ってしまいますが

すんばらですねぇ。

これに合わせる酒は( ̄▽ ̄)
なんだろうねぇ。

我がハイアールの酒棚
新年に向けて銘柄を更新中
(^_−)−☆

黒豆・・・♪

おはようございます(*^_^*)

まぁ~^^♪
ふっくらと綺麗に煮上がりましたね。
黒豆を水に浸さない方法、初めてです。
お豆が柔らかくなってから砂糖を、
・・・でなくても良いのですね。
私の場合、保温調理器を使うので、
その方法・・・どうでしょうか!
試してみたい気がしてます^^♪

No title

おはようございます

8時間!!!
我が家はガス代ケチるから絶対に無理です(笑)
最後の画像、テカリ具合で美味しさが伝わってきます
グー(^-^)g""

No title

八時間煮てたんですね
確かに実家でもグツグツ煮てました。

No title

へるぞうさん、おはようございます。

トレビ杏!!って二番煎じな
杏です。先越されました(笑)

黒豆、つやっつやですね(≧∇≦)
こんな美味しそうなの
目の前にあったら、つまみ食い
しまくりで、お正月まで
待てません(^◇^;)

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
黒豆に合う酒といえば、やっぱりお屠蘇では?薬局に売られていることもありますし、スーパーでみりんを買うと、ペットボトルの首に吊るされていることがあります。お屠蘇が入手出来たら、前日からみりんに漬けておいて、おちょこで最初の一杯だけ飲みますね。そしてお節の祝い肴をつまむ。これが正しい元旦のあり方でしょう(笑)。

No title

cacocacoさんおはようございます。
このやり方自体は以前から知っていたのですあ、実際にやってみたのは今年が初めてです。まさかこんな簡単に豆に甘みが染みるだろうか?と多少疑問だったのですが、出来上がった黒豆を見ると、それは杞憂だったなぁと思いました。
シャトルシェフで同じように出来るかはよく分かりません。そもそも使ったことがないですし。でも一定の温度に保つことが出来るようなので、多分大丈夫かと思いますが…。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
八時間といっても、本当にごく弱火でいつ消えるかぐらいの火力にしていますから、あまりガス代はかからないかと思います。我が家もなるべくガスを節約するようにしていますが、この時期だけは致し方ないでしょう。いずれにせよ、冬場はガス代がかさみますね。風呂の温度も高くしなければなりませんし。

No title

せいパパさんおはようございます。
我が家では石油ストーブを使っていませんが、本当ならあの上で豆を煮るのが良いようです。火加減が一定で、ガス代がかかりませんから。ただし、私が子供の頃は、母がよくストーブにかけた豆を焦げ付かせていたので、駄目な人がやっても、結局上手くいかないような気がします(笑)。

No title

杏さんおはようございます。
今回の黒豆はトレビ杏な出来栄えでしょうか?そういって貰えると、苦労した甲斐があるというものです。
黒豆自体は、調味液に漬けておけば、作ってから二週間程度冷蔵庫で保管することが出来ます。おせち料理はどうしても大晦日近くに集中して作ることになりますから、まずは黒豆のような時間の掛かる物を先に片づけておくと、後が楽ですね。ただし我が家は二人家族なので、これだけの分量は多いようで、毎年七日過ぎあたりまで残っています。

No title

こちらで黒豆といえば甘い甘露煮みたいなものだけです。甘党好きな私には好物です。

No title

nibari1498さんこんにちは。
近所のスーパーにもこの時期、黒豆を売っていますが、皺だらけの豆なので、とても買う気が起きません。関東ではわざと黒豆に皺を寄せるという話だそうですが、私はやはり、皺のないぶどう豆でなければ!と思っています。
まあ祝い肴とはいえ、甘いことに変わりないですから、あまり食べたいというものではありませんね。栗きんとんも作りますが同様です。

No title

黒豆を煮るのは忍耐が必要ですねぇ。
しかも美味しく綺麗に煮るとなると余計に大変だと思います。
ツヤが有りますねぇ。

No title

MONTAさんこんにちは。
最初に黒豆を煮たときには、皮は破れるわ皺だらけだわと散々な出来でした。何年も上手く煮ることができずに、漸く数年前からまあまあ煮ることができるようになったわけです。一旦煮始めたら、豆を煮汁から出さないように、かつ砂糖を一度に入れてしまわないようにするのがコツのようです。まあこの方法で煮るのであれば、砂糖の問題はクリア出来ますね。

No title

こんばんは。
つやつや、ふっくら、美味しそうですねぇ。
私もこうして作りますわ、最初から砂糖をいれるのですねぇ、
丹波の黒豆は美味しいですねえ~
お豆をけちらずにいいのを買いますね。

いや~

みなさんと同じで
8時間!!
とてもできません (^^ゞ

いい味でるでしょうね (=^・^=)

No title

ムームーさんおはようございます。
以前だと、黒豆が十分柔らかくなってから、砂糖を少しづつ何回も入れて、火を止めて休ませ、また煮るという工程を繰り返していました。完成まで二日はかかったと思います。これだと、豆が戻る段階である程度柔らかくなっているような感じです。そのため、短時間でも砂糖が染み込むのではないでしょうか?
普通の黒豆よりも、丹波黒の方が仕上がりがよくなるように思います。まあ一年に一度のことですから…。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
ムームーさんのコメントにも書いたように、今までなら二日はかかって仕上げていたのですから、これだけでも大幅に時間短縮なのです。それに皮が破れる割合が少なくなりましたね。豆を戻すときには、熱いお湯で戻した方が皮が破れないようです。
昨日皮が破れかかった物を取り出して食べてみましたが、今まで作っていた物と遜色ありませんでした。

No title

子供が小さい間は、
正月は実家に帰っていたので、
おせちも黒豆も作らずでしたが、
今はお重に詰めるほどは作りませんが
煮しめか筑前煮、菊花蕪、田つくり、数の子、
くらいは作るかな。勿論、黒豆は毎年作ります。
へるぞうさんと同じく丹波篠山の黒豆です。

正月明けに半額になるのに出くわすと
ラッキーとばかりに買い込み、後に
黒豆ご飯や黒豆おこわにしたりしてます。

鉄釘や鉄玉を入れると黒々として綺麗なんですが
一度も使ったことがないです。来年は使ってみようかなぁ。

No title

casa blancaさんおはようございます。
私が子供の頃は、黒豆なんて買いもしませんでした。両親が共働きでもあったのですが、元々料理には関心がなかったようで、きちんとした物は作りませんでしたね。私はそれに反発して、何でも自分でしなければ気が済まないようになりました(笑)。
今回の黒豆は、今までで一番良い出来でした。もっと前からこうすれば良かった(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する