牡蠣の柳川風鍋

またまた牡蠣を使った料理です。以前ウェブリブログ時代にも作ったことのある、牡蠣の柳川風鍋です。
DSCF2147_convert_20151214185539.jpg
今日の牡蠣は広島産です。値段はやや高めでした。
DSCF2148_convert_20151214185559.jpg
柳川鍋に使うと言えば牛蒡です。何故かこれは北海道産。青森よりも北で牛蒡が作られているとは知りませんでした。牛蒡は泥を落としてささがきにするのですが、私は水に晒しません。何故なら牛蒡にはポリフェノールが含まれていて、水に晒すとそれが流れ出てしまうからです。
DSCF2149_convert_20151214185623.jpg
昆布出汁に砂糖と薄口醤油、酒を加えて出し汁を作り、ささがきした牛蒡を入れて煮ます。
DSCF2152_convert_20151214185645.jpg
牛蒡に火が通ったら牡蠣を加えますが、あまり煮過ぎると牡蠣が縮んでしまうので注意が必要です。
DSCF2153_convert_20151214185701.jpg
溶き卵を加えて卵とじのようになったら、刻んだ三つ葉を振りかけます。
DSCF2154_convert_20151214185720.jpg
好みで七味を振りかけて頂きます。ちょっと牛蒡を煮る時間が長かったようで、煮汁が黒くなってしまいました。まあこれは出し汁に流れ出したポリフェノールでもあるわけですから、そのまま食べてしまって問題ありません(笑)。
スポンサーサイト
コメント

No title

へるぞうさん、おはようございます。

まだ牡蠣フライを食べるに至って
いないというのに、最近スーパーの
パック詰の牡蠣がやたら気になる
杏です。

トマト煮にしようと買った牛蒡…。
和風もいいなぁ( ^ω^ )

No title

牡蠣おいしそう
本当にしばらく食べてないので
恋しいです。

No title

杏さんおはようございます。
とにかく一度牡蠣フライを食べてみない限り、牡蠣が気になるというのは収まらないと思います(笑)。今は牡蠣の旬で、牡蠣フライは何処でも食べられますから、ハードルは高くないでしょう。あとは実行あるのみですよ。
牛蒡をトマト煮にするというのは、一体どんな料理が出来るのでしょうね?私は和食の食材としてしか見ていませんので、意外な発見がありそうです。

No title

せいパパさんおはようございます。
本来は泥鰌で柳川鍋にするのでしょうが、この時期だと牡蠣を使うのが良いかと思います。ちなみに、夏場であれば、鱧やアナゴになりますね。
以前ウェブリブログでこれを書いたのですが、なかなか好評でした。もう少し工夫する余地があるような気もします。

No title

 おはようございます。
 最近の新聞で、牡蠣など鍋の主役になる具材が例年に比べ割安になっているという記事を見かけました。牡蠣を食べるなら今がチャンスかもしれません。^^
 それはともかく、牛蒡を煮た後に黒くなった汁はポリフェノールが流れ出たものだったのですね。自分はよくたたき牛蒡を作るのですが、ポリフェノールを沢山無駄にしてきたかもしれません。^^;

カキの柳川風・・・♪

おはようございます(*^_^*)

カキとゴボウのコラボですね^^
ゴボウの食感と香りがとても好きです。
そのゴボウとカキの柳川風だなんて、
そそられます・・・^^♪
カキ大好き夫も喜びそう。
いつもアイデアを頂き助かります。
ありがとうございます。

No title

あら 牛蒡は 北海道が主産地!
だと思っていたのに・・・

 なんてね o(^-^)o

それにしても 毎日毎日
口の中が ジュンジュン
だねぇ・・・

いいですね!

毎日
ご馳走でいいですね! (^^♪
 
ごぼうと牡蠣 合うでしょうね (*^_^*)

No title

kouさんこんにちは。
今年は暖冬の影響で、鍋をする家庭が少なく、そのあおりを受けているということでしょうね。でも牡蠣はあまり安くなっていません(涙)。
牡蠣は長野でも入手は容易かと思います。牡蠣の土手鍋や牡蠣フライなど、旬の牡蠣を堪能出来ますね。この柳川鍋も、さほど難しい料理ではないので、もし牡蠣を使うのであれば、一度検討してみて下さい。

No title

毎日工夫されて料理する。その出来上ったものを見て自分も食べた気になる。
変わったものが出てきて、初めての場合一瞬目を凝らします。
ところで、お宅の料理はすべてへる兄さんの担当ですか。

No title

cacocacoさんこんにちは。
牛蒡は我が家でもよく使いますが、どちらかというと牡蠣や鱧と合わせる脇役といった感じでしょうか。でも非常に良い味を出してくれます。
牛蒡を使う時、表面の泥をたわしで落とすだけにして、皮をこそげ取るようなことはしていません。牛蒡にはポリフェノールが豊富で、これを活かすには水に晒さない方が良いそうです。多少色が出るので、気になるようなら水に晒した方が良いかと思います。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
スーパーで見かける牛蒡は、多くが青森産で、他は茨城産でしょうか。青森は牛蒡の一大産地だと分かるのですが、まさか北海道とは…。私も全然知りませんでした。面目ない<(_ _)> 。
これは厚岸の牡蠣でやるには勿体ないでしょうね。スーパーで売られている広島産あたりで十分かな?勿論広島産でも、大粒の牡蠣なら別の食べ方の方が良さそうな気がします。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
みんなからそう言われているのですが…。まあ近くに漁港直営の市場があって、一般人でも買うことが出来るということが大きいでしょうね。まあこの牡蠣は近所のスーパーで買ってきた物なので、関係ないのですが…。
むしろこのあたりだと、夏場のイワガキがよく獲れるので、そちらの方が有名かもしれません。でも今年は結局食べられませんでした(涙)。

No title

nibari1498さんこんにちは。
今まで書いてきた料理というものは、大抵がよくある物ばかりですが、たまにオリジナルの物もあります。いろんな素材を見て、触れて、今度はこうしてみようかと思うことを実践しているわけです。ただ必ずしも成功ばかりとは限りませんね。むしろ失敗している方が多いように思います。ただそれを次に生かすことが出来るともいえそうです。
そうです。不味い物は食べたくありませんから(笑)。

No title

牡蠣のエキスがたくさん出て牛蒡もおいしでしょうね
柳川風鍋ももちろん美味しいでしょうけど、
生牡蠣を生でぺろんと食べたくなりましたよ

No title

こんにちは。
カキは美味しいですよね、このような食べ方は
知らないですわ、柳川鍋風、美味しさが
たっぷりですねぇ~

No title

くるたんパパさんこんばんわ。
考えてみると、我が家では生の牡蠣を食べることはまずないですね。そもそも生食用の牡蠣がなかなか入手出来ないことに加えて、食中毒の恐れがあるからです。ただし夏場のイワガキは別で、生で食べることの方が多いですね。
以前牡蠣に当たって酷い目にあったそうですが、それでも生牡蠣を食べるのは止められませんか?

No title

ムームーさんこんばんわ。
元々鱧で柳川鍋にしたものを、牡蠣に応用してみたのがこれなのです。鱧の場合は夏場に新牛蒡が出回るので、それを使います。冬にも鱧はありますが、痩せてしまって美味くないので、旬の牡蠣で…ということです。
柳川鍋というと、泥鰌が有名ですね。昔一度食べたことがありますが、最近は泥鰌自体全く見なくなりました。あってもほとんどが、中〇からの輸入品だとか。そんな泥鰌は食べたくないものです。

No title

おはようございます。
柿の柳川、これなら私にもできそうだし、
美味しそう。是非やってみたいと思います。

No title

送信する瞬間、「牡蠣」が「柿」になってるのに
気付いたんですが、遅かった。(→o←)ゞ
失礼しました。
柿の柳川 想像しただけでも怖い。(笑)

No title

casa blancaさんこんにちは。
ウェブリブログの時代に書いて、さっそく貴女にも作ってもらったのがこれでしたね。鱧などと違って割と簡単に、しかも牡蠣と牛蒡という組み合わせですから、栄養価の点でも非常に優れていると思います。過去のブログの記事を参照されれば、私のレシピのままではなく、一工夫されていることがお分かりだと思います。是非また食卓に登場させてください。

No title

蠣、水炊きかフライ、天ぷらで食べてましたが、この方法も美味しそうですねぇ。
牛蒡は汚れや土を洗い落とすくらいで止めておかないと、折角の栄養や旨みが逃げてしまうらしいですねぇ。

No title

MONTAさんおはようございます。
この柳川風鍋は、材料の入手も容易ですし、簡単に出来るという点が優れていると思います。今の時期、牡蠣がよく出回っていることもあって、週に一度はこれを作っても良さそうです。
牛蒡は以前だと、皮を包丁でこそげ取っていましたが、栄養価が皮の部分にあるということを知ってかっら、泥を落とすだけにしました。それに水に晒すのも良くないというです。ただどうしても煮汁に色が出てしまうので、水に晒すのも一概に悪いとは言えないでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する