肉豆腐

考えてみると、ありふれた物なのにまだ作っていない料理がかなりあります。肉豆腐もその一つです。
以前CSの旅チャンネルで、太田和彦が日本各地の居酒屋を巡る「居酒屋紀行」をよく視ていました。東京の下町にある居酒屋で出てきたのが肉豆腐だったのですが、我が家には全然馴染みが無い料理だったのです。一見するとすき焼きの肉と豆腐に見えるのですが、我が家のすき焼きは関西風。肉は焼くものであって、煮るという感じではありません。
DSCF2110_convert_20151208183843.jpg
それはさておき、本来なら牛肉を使うのでしょうが、今回は豚肉です。床屋の旦那ではありませんが、私も牛肉の臭いが鼻につくようになってきました。
DSCF2111_convert_20151208183902.jpg
肉豆腐は、豆腐に肉から出る出汁を吸わせながら、なおかつ肉は固くなってはいけないという、相矛盾した料理のように思えます。豆腐に味を染み込ませるのであれば長い時間煮る必要がありますが、そうすれば肉は固くなります。ではこれをどう克服するかという事ですが、まずは出汁の中に肉を入れて、色が変わって来たら取り出しておきます。
DSCF2112_convert_20151208183930.jpg
灰汁を取り除いてから豆腐と玉葱を入れて、落し蓋をしてじっくり煮込みます。ある程度煮込んだら、火を止めて冷まします。
DSCF2119_convert_20151208183947.jpg
冷めたら肉を戻して、しばらく煮て味を調えます。刻んだ青葱を散らせば出来上がりです。本来ならもう少し甘辛くするのでしょうが、酒の肴でもあるので味はあっさり目です。肉豆腐というよりも、肉吸いみたいになりました。
スポンサーサイト
コメント

No title

へるぞうさん、再びの
おはようございます、です。

肉豆腐の定義、私もよく
分かっていませんでした。
なるほど。これならすき焼き
とは違いますね( ^ω^ )b

居酒屋を巡る番組といえば、
私は『吉田類の酒場放浪記』。
飲まない私が…?と思われる
かもしれませんが、面白くて。
飲む方には更に面白い
でしょうね(^_−)−☆

No title

肉豆腐!
我が家の場合、
牛さん 豚さん
時々で使う肉が違うので
一度美和さんに
なぜ?と聞いたら

その時の気分と売り出し価格

ナンテ返事が返ってきたなあ。

私にイメージでは
すき焼きとの違いは
汁け が クリアというか
薄味なのが
肉豆腐かなあ

微妙ではあるらしい。

No title

杏さんおはようございます。
肉豆腐の由来が知りたかったので、調べてみましたがよく分かりませんでした。恐らくは関東地方のすき焼きが元になっているのかな?という感じを受けますね。このあたりではあまり聞いたことがありません。
吉田類の酒場放浪記は以前視たことがあります。名古屋の大須にも彼が紹介した焼き鳥屋があるので、一体どんなところだろうか?と行ってみたくなりますね。時間の折り合いが付かないので、最近は視ることもなくなりましたが。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
美和さんも肉豆腐を作られますか。やはり肉豆腐は東日本の料理のようで、それが西日本にも広まってきたような感じですね。それはともかくその時の気分や値段で、使う肉を決めるというのは私も同じです(笑)。
これは砂糖控えめで、割とさっぱりした味になっています。ですから高忠的定義に当てはめても、やはり肉豆腐になりますね(笑)。


No title

今日は急ぎ足で
ごめんなさい
また遊びに来ます。

No title

 おはようございます。
 肉豆腐、確かにありふれた料理ではありますが、美味しいですよね。へるぞうさんが作ったことがないのはちょっと意外でした。自分はもちろん作ったことはありませんが、^^;
 それはともかく、熱を通しすぎて固くならないようにするだけでなく、味を染みこませるというのは一工夫必要になるのですね。画像では玉ねぎにもしっかり染み込んでいて、甘味も出てとても美味しそうです。^^

No title

せいパパさんおはようございます。
はい、また時間のある時にでも訪問して下さい。

No title

kouさんおはようございます。
kouさんの近くの居酒屋や、食堂なんかだと定番メニューなのでしょうか?このあたりでは見かけたことがありません。やはり発祥の地は関東なのかな?という気がしてなりません。
これは私が考えた方法です。肉から出汁を取るのと、煮込むのは別にしたら良いのではないか?と思ったのです。実際この方法で、出汁に肉のエキスも残っているし、肉も柔らかいままでした。もっとも、脂身の多いバラ肉を使ったことも要因でしょうが。

No title

おはようございます。
美味しそう~
肉豆腐、玉ねぎの感じもいいですね、すき焼きとは
違う、うんうん、なるほど、これで一杯となると
すすみますね~

No title

おはようございます

我が家の肉豆腐は最後に生卵を落とします!
すみません、今日は時間がないので…。

No title

ムームーさんこんにちは。
肉豆腐というものは、昔から関西地方にありましたか?あまり聞いたことがありませんが。むしろ肉吸いの方が馴染みがあるのではないかと思います。
ご飯のおかずにするには良いでしょうね。我が家の場合、酒の肴にすることが大事なので、あまり甘くはしません。ほんの少し辛めの味付けになっています。

No title

くるたんパパさんこんにちは。
パパさんちでも肉豆腐をすることがありますか。作る方からすれば、肉じゃがよりも簡単かもしれませんね。これに卵を落とせば、すき焼きみたいになるような気がします。
師走になって、何かとお忙しいことと思います。お気になさらないで下さい。

あら~

これまた
美味しそうです! (^^♪
肉と豆腐
本当合いますよね 
日本人の発明? (*^_^*)

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
これは私の考えですが、関東風のすき焼きは割り下を使って、焼くというよりも煮るという感じになりますね。肉豆腐はこれを元にして、甘辛い出し汁で肉と豆腐を煮込むのが始まりなのでは?と思います。鍋に牛脂を引き、肉を焼いて味付けをする関西風のすき焼きからは、こういった発想は生まれないような気がするのですが。

No title

牛肉には特有の臭いが有りますねぇ。
時折僕も気になることが有ります。
豚肉の方がすっきりとしてますねぇ。
この辺りでも肉と言えば牛なんですが、このところは豚の方が良くなってきました。
豚の肉豆腐、美味しそうです。

No title

MONTAさんおはようございます。
若い頃は牛肉が好きだったのですが、最近はあの臭いがどうも気になるようになりました。ですから本来なら牛肉を使うところ、豚肉にしたのですが、こちらの方が良いように思います。
肉豆腐というのは、MONTAさんには馴染みの料理でしょうか?料理そのものはともかく、わざわざ作ったのはこれが初めてです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する