玉乃光 純米吟醸 酒魂 

ヒラメの刺身にウィスキーというのも何なので、市内の西友に行った際に買ってきたのが「玉乃光 純米吟醸 酒魂」です。
DSCF1974_convert_20151115005808.jpg
玉乃光酒造は京都の酒どころ伏見にある老舗の酒蔵です。もっとも創業当時は和歌山に酒蔵があったのですが、戦後になって伏見に移転してきたとのことです。かつては普通の酒蔵だったのですが、添加物を入れない酒造りを目指すようになり、現在では純米吟醸と純米大吟醸のみを醸しています。
DSCF1975_convert_20151115005824.jpg
この酒魂は玉乃光の主力商品です。精米歩合60%で、表示にはありませんが、麹米に山田錦、掛米に美山錦と日本晴を使用しているようです。
DSCF1976_convert_20151115005841.jpg
つい先日、名古屋駅の前にある「大名古屋ビルヂング」という駅ビルの建て替え工事が完成したのですが、以前の大名古屋ビルヂングの地下に玉乃光の直営店がありました。そういえば数年前に私も一度行きましたね。その店はビルの建て替えによって閉店したのですが、東京、京都、大阪にはまだ玉乃光の直営店があります。山形の住吉や石川の菊姫のように、有名な酒蔵は大都市に直営店を設けて、自社製品のアンテナショップとしていることがあります。玉乃光もそうだったのでしょう。
この酒は純米吟醸ですが、吟醸香はほとんどなく、味もどちらかというと平坦な感じです。吟醸を前面に押し出すというよりも、食中酒として飲むべき酒なのでしょうね。ヒラメの刺身にはよく合いました。
スポンサーサイト
コメント

No title

かわうそ君みたいに
どんどん派手になっていく蔵もあれば
こうやって地に足つけて
そんな印象の蔵もあるんだねぇ。

酒魂

ええ名前やんσ(゚ー^*)

No title

おはようございます。
瓶についてるラベル?って素敵なイラストですね。
こういうのはとっておきたくなりますわ。
ひらめの刺身にあう、好きな方には
たまらないのですね。
父が嬉しそうにしてたのが思い出されますわぁ。

No title

おはようございます
コクのある辛口のいう表現は何となくわかりますが、
「重い甘口」というのはピンときません。甘すぎるということですよね?

創業1673年とは、驚きますねぇ。

No title

こだわりの製法を続けて
多くのファンを獲得している酒蔵
食事に合う酒だから愛されてるのでしょう。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
獺祭は人気が出たのを良いことに、ちょっと調子に乗りすぎている感じもありますね。十四代もそうですが、味以外で人気が出ている酒蔵の酒は強いて飲もうとは思いません。
玉乃光は早い時点で純米蔵になっていますから、そういった点では評価できるかと思います。私は純米主義者ではありませんが、出来れば純米の方が良いとは思いますね。

No title

ムームーさんおはようございます。
昔の酒造りの様子をラベルにしたのでしょうね。今では機械化が進んでいるとはいえ、やはり手作りの部分があるというのが酒造りの良い点でもあります。
あまり香りが強い酒は白身の刺身などには向きませんが、これは吟醸香もほとんど無いので、料理には合わせやすいと思います。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
スーパーで売られているパックの酒だと、原料に糖類と表示されていることがあります。味の足りない分を糖で補っているのですが、その味を重い甘口と考えて差し支えないでしょう。なるべくそういった酒は飲みたくありません。
確かに古い酒蔵ですが、茨城には室町時代に創業した須藤本家という酒蔵があります。ここが多分、日本最古の酒蔵でしょう。

No title

せいパパさんおはようございます。
玉乃光は全国的にも早く純米蔵に転換したので、そういった意味で固定ファンは多いと思います。ただそれ以上に、大手スーパーに置いてあるところからしても、営業活動の方もかなり熱心に行っていると思われます。いくら良い酒を醸しても、ユーザーに知られなければ何もなりませんからね。

No title

吟醸香を際立たせるために醸造用アルコールを入れるケースもありますねぇ。
そういった酒からすると良心的な酒かも分かりません。

No title

MONTAさんこんにちは。
先代の社長がかなりの飲ん兵衛だったそうですが、中年になってどうも胃もたれするようになり、混ぜ物のない日本酒を作ろうということになったそうです。私からすれば、ちょっと身につまされる話ですね(笑)。
玉乃光は、西友やイトーヨーカドーにはあると思います。このエピソードに興味を持たれたら、一度お試し下さい。悪い酒ではありません。

No title

随分と趣のあるラベルですね。
こんなのはあまり見かけませんが。
でもへるさんの文からはいかにもうまそうな
響きがします。機会があれば探してみます。

No title

nibari1498さんおはようございます。
昔は色々と凝ったラベルがありましたが、最近では墨で書いただけの物とか、逆にけばけばしい色彩のラベルとかが目立って、なかなか趣のあるラベルというのは少ないですね。探せばまだあるような気はしますが…。
これに近いラベルもあります。愛知の銘酒「義侠」の純粋という酒です。ちょっと見にくいかもしれませんが、一応リンクを貼っておきます。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~heruzo/gikyou.html

やはり~

蔵の存続
どうすべきか
悩むところですよね

海外では日本酒ブームのようですが

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
少し前の焼酎ブームから、今は日本酒ブームだと云われています。でも売り上げを伸ばしているのはごく僅かの人気のある酒蔵で、大半の酒蔵は廃業する寸前でしょうね。国内における日本酒の消費量も減っていますから、思い切って販路を海外に求めるというのも分かる気がします。ただしそう簡単ではないようです。

No title

おはようさんです。
へるぞうさんがお好きな山田錦ではないのかなと
思ったら、ちゃんと入っているんですね。

プルミエ・ルージュ、飲む機会があるかどうかは
わかりませんが、めっちゃ高級なお酒ですね。

婿殿が買ってきてくれたお酒、どちらも
飲みやすいお酒でしたが、ちと淡白過ぎる
ような気がしなくもないですが、辛口は
そういうもんなのかなぁ。
今まで飲んだ福井の酒、美味しいんだけど
何だかちと物足りない感じがしてます。
上品な酒より、ちょっとクセがあるような酒
の方が印象に残り易いのかな。

そうそう、若い頃ナナハンに乗ってらしたとは
びっくりぽんでしたから~(@_@)

No title

casa blancaさんこんにちは。
楽天市場にプルミエ・ルージュがありますね。黒龍の石田屋や二左衛門よりも本数的には少ないので、本当に貴重な酒だと言えるでしょう。初孫の誕生祝いということで、思い切って一本如何でしょうか?勿論成人するまで日本酒用の冷蔵庫に入れて取っておくのです。良い記念になりますよ。
以前も書きましたが、三方五湖近くにある早瀬浦あたりは如何でしょうか?以前武生の酒屋で聞いたのですが、そこは漁師町なので濃い目の酒が好まれるとか。お婿さんにお願いしてみては?
以前ホンダのナナハンに乗っていたと、パパさんのブログで書いたのですが、覚えておられませんか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

再コメ届いてなかったようで、
内容は忘れちゃったんですが、もう一度

孫の成人までって、あと20年
生存が危ういかも。
で、20年も保存しても大丈夫なんでしょうか?

漁師町の「早瀬浦」気になります、飲んでみたいなぁ。

てなことを書いたかと思うのですが、今夜娘とLINEしていると、一本義はあまり飲まないとか。黒龍、梵、早瀬浦、常山を飲んでるらしいです。 これは、来月行った時には、婿殿に早瀬浦をリクエストしましょうかね。(*^ ^* )V

No title

casa blancaさんおはようございます。
まだお若いのですから、今からそんな事を言われていては困りますね。勿論二十年冷蔵庫で保管しても大丈夫ですよ。私も二十年以上低温熟成された大吟醸を飲んだことがあります。LINEに出てくる「アレ」です。
早瀬浦はいろんな種類がありますが、山田錦の純米吟醸あたりから始められるのが良いかと思います。是非ともお婿さんにおねだりして下さい(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する