トマトおでん

昨日書いた味噌煮込みおでんですが、二日かけて何とか片付けました。八丁味噌で煮込むと、大根やこんにゃく、それに卵は普通の関東炊きおでんよりも味が染み込んで美味いのですが、二日も続けると流石に飽きがきます。それに練り物とはあまり相性が良くないので、買っておいた烏賊天などが残ってしまいました。さて、どうしたものやら…。
DSCF1962_convert_20151113025657.jpg
味噌煮込みおでんを作る際、少し多めに出汁を取っておきました。これを使って、もっとさっぱりとしたおでんにしてみようというのが今回の目的なのです。
DSCF1963_convert_20151113025714.jpg
ちょっと前に高忠さんとのLINEのやり取りで、トマトの味噌汁を見た印象が強く残っていたこともあって、トマトおでんなる物をしてみることにしました。それ以来、トマトと出汁というのは結構相性が良いのでは?と思っていたのです。出汁の中にトマトピューレ―を加え、塩胡椒や、ガラムマサラを加えて味を調えてみました。
DSCF1964_convert_20151113025729.jpg
入れる具材は鶏ひき肉の団子やジャガイモなどです。ジャガイモは茹でて皮を剥き、肉団子はお湯に落として入れるばかりになっています。
DSCF1965_convert_20151113025747.jpg
トマト出汁の中にこれらを入れて煮込み、烏賊天や生姜天、それにちくわを入れてしばらく煮ます。
DSCF1966_convert_20151113025804.jpg
少し緑が欲しかったので、ほうれん草を入れて出来上がりました。昨日の濃厚さとは一転、トマトの酸味でさっぱりした味になりました。鰹出汁の香りも残っていて、意外とこれは良いですね。
DSCF1967_convert_20151113025820.jpg
〆はやはりうどんです。スパゲッティの方が良いかな?とも思いましたが、やはりうどんで正解でした。
スポンサーサイト
コメント

No title

デショウ!V(^_^)V
洋ノヨウデ 和!テイストだろうなあ!
私のなんちゃってが、料理人へるぞうさんの
印象に残っていたなんて
なんか
光栄(^_−)−☆だネェ。

うーん!ちょっと味が想像つくだけに
その赤と緑のコントラストに
ご一緒したくなる 朝だこと。

(^O^)……

No title

おはようございます

赤と緑のコントラスト
ほうれん草ではなくて、バジルとかにすれば
完璧なイタリアン!!!

う~ん、食べてみたいけど、
酸味の加減によるなぁ。

ほうれん草のかわりをパクチーにすれば
エスニック料理に大変身かもね(笑)

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
トマトを味噌汁に入れるというのは以前から聴いたことはありましたが、実際に高忠さんがやっているのを目にして、これはやってみる価値があるなと思ったわけです。味噌汁ではありませんでしたが、鰹出汁を活かしたおでんというのは、前々から考えていたことなのです。これだとトマトの酸味が利いていて、くどいということがありませんね。洋のようで和ですか。言い得て妙です。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
たまたま、近所のスーパーでほうれん草が特売だったので…。バジルのようなハーブを入れればなお良いとは思いますが、あまり香りの強い物だと、かえって鰹出汁の香りが感じられなくなることも考えられます。
私もあまり酸っぱい物は好きではありませんが、これぐらいならマイルドなので十分対応できます。エスニックにするというのもアリですか。意外と応用が利くかもしれませんね。

No title

これは海外に料理のように感じるほどですが
日本の伝統料理なのでしょうか?
美味しいだろうな〜
この時間はお腹が空きます。

No title

せいパパさんおはようございます。
日本料理の伝統とは何でしょうか?素材を指すとも思えますが、私は出汁に尽きるかな?と思っています。西洋料理でも「フォン」という出汁を使いますが、日本料理には鰹節と昆布を中心とした出汁専用の素材があり、それらの旨みを引き出す技術は、日本独特の物があるからです。
この時間帯は朝食前ですか。ご飯が待ち遠しいですね。

No title

おはようさんです。
トマトが丸ごと入ったおでんは食べたことが
ありますが、トマト出汁のおでんは食べた
ことがないです。

トマト鍋が流行ったことがありましたが、
あれと似ている味かな?

No title

いつもいtも目を大きく開かせる内容です。
食べたことのない料理が陳列され、胃の弱い私も食指が動くのです。
家内に見て頂ければ嬉しいのですが、なにせ自尊心の強い人なので、時間をおいて話します。
すると、ある日突然…そのためにへるさんのレシピを書き留めておきます。
塩分の濃い目はだめです。

No title

とまと味いいでしょうね、出しがまた美味しい~
食べたことがありませんけど試してみたいですわぁ。
いろいろな美味しいものがありますね。

No title

美味しそう〜( ^ω^ )
同じ時に取った出汁から
違うおでんが☆
一粒で二度おいしい、
的なコピーはへるぞうさんの
お料理にも使えますね。

出汁とトマト、本当に合うから
不思議なんですよね。
うどんでしめるおでん、
超前のめりです(^^)

No title

casa blancaさんおはようございます。
今回は鰹と昆布の出汁に、トマトピューレ―を合わせることで酸味を出して、出汁の風味を生かしつつさっぱりした口当たりにするのが目的でした。まあその点はクリアできたかな?というように思います。
仰る通り、トマト鍋といっても通じるかもしれません。もっとも、出汁を取るのにそれなりに時間をかけていますから、その点は違うのですが。

No title

nibari1498さんおはようございます。
それほど大した事をやっているつもりはないのですが…。まあマンネリにならないように、思いついたことをいろいろと試しているといった方が正確でしょうか。ですからあまり参考にはならないと思います。
これは出汁とトマトの旨みを活かしてみたわけですから、あまり塩は使っていません。減塩には旨みを活かすというのが鉄則ですね。

No title

ムームーさんおはようございます。
今の若い人はあまりしつこい味が苦手かな?という気もするし、逆に濃い目の味付けを好むような点もあるので何とも言えませんが、正直これは若い人向けだと思います。まああまり若くない私がこういうのも何ですが(笑)。私ぐらいからでしょうか、料理にトマトを入れることに抵抗が無くなった世代というのは。それにトマトケチャップを使い出したのもこの頃ですね。

No title

杏さんおはようございます。
やはり杏さんぐらいの世代には、何となく受けるような気がしていました。小さな子供がいる世帯だと、これにウィンナーを入れたりするのも良さそうです。
出汁とトマトの相性というのはどうやって説明したら良いのでしょうね?トマトにはグルタミン酸が豊富に含まれているので、その点から出汁との共通点があるということになるのでしょうか?

No title

トマトおでんというので、通常の出汁でトマトを煮たものかと思いましたが、出汁にトマトが入ってるんですねぇ。
イタリア風のおでんとも言うべきでしょうか。
〆はうどんの他にも、チーズリゾットなども美味しいような気がします。

No title

MONTAさんこんにちは。
一応出汁を元にした和食のつもり!だったのですが、見た目は洋風にしか見えませんね。洋風にするのであれば、鶏ガラで出汁を取った方が良いでしょうね。
リゾットですか。正直食べたのは一度だけですが、ああいう米の使い方もあるのかとちょっと感心しましたね。若い人向けにはそれも十分アリだと思います。

どんな~

感じの味なんだろう (^^♪
 
ちょっと
すっぱいでしょうか?

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
確かに少し酸っぱい感じはありますね。前日までの味噌煮込みおでんが濃厚だったので、それとは正反対にさっぱりした味わいです。毎日同じような味付けではなく、変化を持たせるというのは大事な事だと思います。味噌煮込みおでんに練り物を入れて食べる気にはならなかったので、こうして使うことが出来ました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する