オコゼ

そげ(小ヒラメ)と一緒に買ってきたのがオコゼ三匹です。
DSCF1934_convert_20151110033232.jpg
オコゼはまとまって獲れると高値が付くのですが、他の魚に混じって一匹だけ入っている場合だと途端に安くなります。これも一匹づつ入っていたのを三匹まとめて売っていました。おかげで安く買うことが出来ました。
DSCF1935_convert_20151110033250.jpg
オコゼといえば危険極まりない背ビレがあります。この背ビレには猛毒があって、刺されると死ぬということはありませんが、腫れて非常に痛むということです。オコゼを扱うようになって十年近く、幸いにして未だ刺されたことはありません。
DSCF1936_convert_20151110033306.jpg
ですからオコゼを捌く際には、とにかくこの背ビレを外すことが重要なのです。
DSCF1940_convert_20151110033430.jpg
オコゼの皮は二層構造になっています。外側の皮は指で引っ張れば剥がれてしまいますが、内側のそれは包丁で削ぎ取るしかありません。フグで言うところの「身皮」に相当しますね。
DSCF1941_convert_20151110033447.jpg
フグのように薄く切りつけて、皮や肝は湯がいて刺身に添えます。オコゼの身は旨みが非常に強く、ひょっとするとフグよりも美味いかも知れません。
スポンサーサイト
コメント

No title

釣り場で子供が大声で泣いてる時は
見に行くとオコゼを釣って
触ってしまって泣いてる子がほとんどでした。
怖い魚です・・・
私は釣っても触るのが怖いから
器具を使って針から外してポイと
海に帰してました。

No title

 おはようございます。
 オコゼ、まだ食べたことはありませんが、背ビレに毒が有ること、それにも関わらずとても美味しい魚であることは聞いたことがあります。
 見た目からして、歩留まりが悪いのではないかしらと思ったのですが、画像からは沢山のお刺身が取れていて、肝や皮まで余すところなく食べれるようですから、これが安く入手できるのは羨ましい限りです。^^

No title

せいパパさんおはようございます。
もしオコゼを釣り上げたりしたら、うっかり触ってしまいそうですね。オコゼだけでなく、ゴンズイやアイゴにも毒棘がありますし、スズキなんかの鰓蓋は刃物のように鋭くなっています。魚も食べられないように必死ですから、その点は注意する必要がありますね。

No title

kouさんおはようございます。
オコゼはまとまって獲れる場合、この値段ではとても買えません。また買い付ける仲買も決まっているようで、売るにしても客に触れさせないようにしている場合がほとんどです。
お察しの通り、歩留りは非常に悪いです。フグ同様、なるべく薄く切りつける必要がありますね。

No title

おはようございます
安くて美味しいのなら最高ですね
でも捌けないとダメですね(笑)
背びれが刺さってからでは遅いですから…。

No title

へるぞうさん、おはようございます。

オコゼが3匹並んだ姿は
まな板の上で戦艦が進むよう
に見えました☆

フグより美味しいオコゼ
のお刺身かぁ(*^^*)いいなぁ。
でも美味しいものには
トゲや毒が(怖)
バラと同じですね。
オコゼにはやられませんが、
よく飾るバラのトゲには
しょっちゅう…な私でした(^◇^;)

No title

こいつら 
どうしても 調理後の お味が
脳裏に残っていて

 いやあ 日本酒ね!!
  こんばんも^-^y

No title

おはようございます。
おこぜは見るからに痛そうですね。
ふぐより美味しいとは素晴らしい魚ですね。
こうして刺身にして食べたいです~

No title

くるたんパパさんこんにちは。
本来なら、こんな安値で買える魚ではありません。以前名古屋のJR高島屋の鮮魚売り場で見た時、一匹¥1,800でした。こういった安価に買うことが出来るのが市場で物を買う醍醐味でしょうね。
多分、普通の人だとうっかり…だと思います。高島屋にあった物は、既に背ビレが取り除かれていました。危ないですから、当然でしょう。

No title

杏さんこんにちは。
オコゼを戦艦に例えるとは、感受性豊かな杏さんらしいですね。確かにそう言われると、そんな感じです。
人によっては、フグの方が美味いという人も多いと思いますが、オコゼの方が入手し易いので食べる機会は多いと思います。
オコゼの棘に比べれば、バラは大したことありませんよ。オコゼに刺されると、手がグローブほど大きく腫れてしまうそうですから。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
オコゼの薄造りなら吟醸酒、唐揚げならウィスキーが良いかな?という感じがします。きたしずくで醸したこの前の国士無双なんか、非常に合うような気がしますね。そうやって書いていると、だんだん飲みたくなってきますね(笑)。残念ながら、今我が家には月桂冠の「月」しかありません(涙)。

No title

ムームーさんこんにちは。
市場でも、オコゼを買う人間は限られています。大抵はプロですね。素人には売らない!といっている仲買もいるぐらいですから。
扱いは難しいのですが、オコゼの薄造りを食べるとそんな苦労も大したことないと思えてしまいます。スーパーに並ぶ魚ではないので、食べる機会は滅多にないと思いますが、機会があれば是非。

オコゼ・・・♪

こんにちは(*^_^*)

オコゼといえば、唐揚げかと思ってました。
・・・っていうか、ほとんど食べたことがありません(笑)
かなりの高級魚ですよね♪
それをお刺身でなんて・・・良いなぁ~^^
比較的安く手に入れて、捌ける人の特権ですね。
フグよりおいしいなんて、
1度で良いから食べて見たいです^^♪

No title

オコゼのヒレもご自分で取るんですねぇ。
流石です。
オコゼの身は刺身、皮は湯引きが美味しいです。
残った骨や頭は唐揚げにしたのでしょうか?

No title

cacocacoさんおはようございます。
活け物のオコゼであれば、よほど小さくない限り刺身にします。唐揚げは野締め(既に死んでいる物)で十分かと思いますが、活けならそれに越したことがありません。やはり鮮度が良い方が美味いのは間違いないところです。
本文にも書いたように、背ビレに猛毒があるので漁師には嫌われている魚ですが、一度食べると病みつきになるほど美味でもあります。

No title

MONTAさんおはようございます。
背ビレ自体はキッチンバサミでも切り取ることが出来ますが、棘がバラバラになって飛び散るのが怖いので、私は包丁で根本から取り除きます。以前は客の要望で、背ビレを取っていました。
粗は味噌汁にすることが多いですね。唐揚げも美味ですが、頭が結構固くて閉口します。

No title

おはようございます~ オコゼの唐揚げは食べたことありますが
刺身は食べたことないですね
母がよくオコゼの刺身が美味しいって言ってましたからね 本当なんでしょうね
機会があれば食べたいですが・・あまり見かけないです

No title

テス(nosaman)さんこんにちは。
元々オコゼという魚はあまり大きくなりませんから、刺身で…というイメージが湧かないような気がします。これも大きくて300gぐらいでしょうか。普通なら唐揚げにされることが多いのですが、刺身にしてみました。白身の刺身としてはかなり好きな魚の一つですね。時々しか買うことが出来ないのが残念です。

お~

グロテスク!
でも~美味しいですよね (=^・^=)

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
見た目が悪い魚は、食べてみると美味いとよく云われます。このオコゼがその代表格といえそうです。他には鬼カサゴ(イズカサゴ)ですか。オコゼもカサゴ科ですから、似たような物だと言えますね。
扱いは確かに大変ですが、食べると美味いのであれば買ってきたい魚ですね。これだけで¥600というのは、都会では信じられないほど安いと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する