フグ雑炊

だんだんと秋も深まってきました。鍋物をする家庭も多くなったのではないでしょうか。
DSCF1857_convert_20151026035458.jpg
鍋というとやはりフグ(トラフグ)ですね。夏場からフグを扱っていますが、そろそろ本格的にシーズン突入といった感じです。
DSCF1858_convert_20151026035516.jpg
これで1kg弱です。やはりこれぐらいはないと物足りませんね。
DSCF1861_convert_20151026035535.jpg
フグ料理といえは、まずはてっさ(フグ刺し)でしょう。
DSCF1862_convert_20151026035554.jpg
それにてっちり(ふぐちり)です。
DSCF1863_convert_20151026035612.jpg
我が家では普段〆にはうどんなのですが、昨日は雑炊にしました。雑炊は鍋の中身を片付けないと出来ないので、途中でも投入できるうどんの方が便利なのです。それはともかく、残った汁に冷やご飯を入れて、薄口醤油とみりんで味を調え、卵を入れてよくかき混ぜます。
DSCF1864_convert_20151026035628.jpg
フグのエキスをご飯が吸っているので、不味かろう筈がありません。
スポンサーサイト
コメント

No title

下関出身なのに
フグを食べた記憶が無いんです。
フグ食べたい〜

No title

せいパパさんおはようございます。
下関はフグの集積地ではありますが、産地としてはどうなんでしょうかね?むしろトラフグの漁場としては愛媛沖が良いと聞いたことがあります。三河湾から伊勢湾あたりも、全国的に有名なフグの漁場だそうです。ですから、私みたいな者でもフグを買って料理することが出来るのですね。

No title

 おはようございます。
 お腹がでっぷりしていて立派なトラフグですね。
 これくらい大きくなると刺身と鍋も楽しめるのですね。美味しいのは言うまでもありませんが、〆に雑炊までいただけるとなると、ボリュームのほうも満足だったのではないでしょうか。^^

No title

確かに鍋の頻度が高まりまくりで
おかずは全部食べる方針の
わたし的に体重の増加が
低減的努力系プレイを
うわまわるんだけど
例年のこととは言いながら
家庭で本格的( ̄▽ ̄)フグ!

再びミタビ 数えきれないか?

年上の養子?いらないと!

一応、書いておこう
*\(^o^)/*

No title

kouさんおはようございます。
フグも獲れる時期とサイズによって、値段が随分違いますね。だんだん高くなってきましたが、まだ何とか買える範囲です。
フグの場合、買った当日に食べることはしません。最低でも一日寝かせないと、刺身を引くのが出来ないからなのです。これももう一日寝かしても良かったような気はしますね。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
このフグを買った仲買は、免許を持たない客に対しても、除毒をして捌いて渡しています。以前は違ったのですが、二月頃市場でマフグを買った客がフグ中毒になって以来、免許を持たない客には除毒処理をするよう厳しくなったのです。ですからここでフグを買っておけば、家庭で気軽にフグを愉しめます。
民法793条があるので無理だと何度も行った筈ですが。むしろ私を養子にすることを考えてみては如何でしょうか?もっともこちらに引っ越してくることが条件になりますが(笑)。

No title

ふぐと言えばフグ刺し。
やや乾燥させた白身の肉の煮つけ。
ふぐ鍋は食べた記憶ないなあー。
食べてみたいです―――。

No title

ふぐ料理、いいですねぇ~
刺身で食べて鍋でもいいお味に満足で
最後は雑炊だなんて最高ですねぇ~
これからは鍋が美味しくていいですわぁ。

No title

nibari1498さんこんにちは。
casa blancaさんに教えて貰ったのですが、香川では「讃岐でんぷく」というブランドでナシフグを売りだしているとか。食べたことがおありでしょうか?
ところが、愛知県ではナシフグは不可食フグとして食用が禁止されているのです。どういうわけだか、香川県と岡山県、それに長崎県は適正に処理されていれば食用が認められているのです。

No title

ムームーさんこんにちは。
外食しない我が家では、たまに贅沢しようとなるとフグということになりますね。今週は家の者の誕生日なので、もう少し大きめの物を買ってくる予定ですが、その後は年明けしてしばらくは高くなるので買うことが出来ないでしょうね。三月あたりになると、雄の白子目当てに買うことがありますが、これが雌だったらガッカリしてしまいます。

フグ・・・♪

こんばんは(*^_^*)

うわぁ~^^♪
これは、お料理屋さんの料理ですね。
フグちりの後の雑炊、堪りませんね♪
亡き父が”ふぐちり”が大好きでした。
子供の頃によく食べた記憶がありますが、
大人になってからは・・・いつ食べたかなぁ~笑

うわ~~

豪華!
いいなぁ (=^・^=)

どこでもドア はやく開発しにゃきゃ (=^・^=)


 

No title

cacocacoさんおはようございます。
以前出入りしていた仲買は、フグは注文がない限りかいませんでしたが、今のところは大抵フグを買ってきます。ただこれから冬に向けて値段が上がってくるので、そういつも買うわけにはいきませんが。
昔はふぐちりといっても粗ばかりだと思っていましたが、フグは意外と歩留りが良くないので、粗しかちり鍋にすることが出来ないわけです。これはフグを扱うようになって、実感として分かったことではありますが。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
フグはあまり日本海側では獲れないような印象ですが、実際のところは如何でしょう?フグでなくても、この時期松葉蟹が獲れるから、そちらの漁が忙しいような気がしますね。
このあたりはフグの産地としては結構有名ですが、下関の知名度には敵いません。その分、割安にフグを買うことが出来るともいえそうですね。

No title

フグは自分には贅沢なので、
最後のシメのうどんを食べさせてください(笑)

No title

おはようございます。
本格的なふぐちりを自宅で味わうことができるって
凄いことですよね。
讃岐でんぶくを入れた鍋のあとの雑炊
足元にも及びませんがそれなりに美味しいです。

おはようございます〜 ふぐの季節でふよね🎵
18歳の時に初めて食べてそれほど美味しくないと思ってましたが
食べるにつれてあの味がたまらなく美味しいとわかってきました(笑)
そのころは 一人前800円で てっさも800円くらいでした
最近は年に一度か二度くらいしか食べてないですね

No title

くるたんパパさんおはようございます。
我が家では鍋の〆にはうどんをすることがほとんどです。理由は本文にも書きましたが、鍋の中身を片付けなくても、うどんは投入出来るからです。
うどんといえば、七月に行った高松のことを思い出しますね。私は一軒しか行けなかったのが心残りではあります。あのようなうどんを鍋に入れられたら良いのに…。

No title

casa blancaさんおはようございます。
讃岐でんぷくと呼ばれるナシフグですが、nibari1498さんのコメントに書いたように、この地方では不可食フグとされています。こういったフグは以前、各地で中毒事故が発生したのでしょう。それに一色漁港では見たことがありません。まあトラフグ以外のフグは二束三文といったこともありますね。

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
以前仲買の親父さんが「あまり若いうちからフグの味を覚えるな」と言っていたことを思い出しました。まあそろそろ五十になろうとしているのですから、もういいとは思いますが(笑)。
それはともかく、フグの味が分かるのは、味覚が完全に大人になっていないと駄目ですね。ハンバーガーや牛丼ばかり食べているようでは、いつまでたってもフグの繊細な味は分からないでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する