万願寺唐辛子

冷蔵庫の野菜室に、先週買っておいた万願寺唐辛子を入れたままでした。
DSCF1849_convert_20151024031229.jpg
万願寺唐辛子というと京都の伝統野菜ですが、このあたりでも作られているようです。
DSCF1850_convert_20151024031246.jpg
旬は夏ということになっていますが、どういうわけか夏場に出てくるのは同系統の「甘とう美人」や「福耳」といった唐辛子ばかりで、正式名称の「万願寺」はなぜかこの時期に出回ってくるのです。
DSCF1851_convert_20151024031301.jpg
さて料理ですが、まずは縦に二つ割りにして種とワタを取り除きます。
DSCF1852_convert_20151024031316.jpg
それを半分ぐらいに切り分けたら、フライパンにごま油を引き、焦げ付かない程度に炒めます。その後、ちりめんじゃこを加えてさらに炒めます。
DSCF1853_convert_20151024031332.jpg
鰹出汁と塩、薄口醤油、みりんを加えて、煮汁を煮切ってしまいます。
DSCF1854_convert_20151024031349.jpg
ちりめんじゃこと万願寺の炒め煮です。京都風にいうならば「じゃこと万願寺の炊いたん」ですね。
DSCF1855_convert_20151024031408.jpg
それ以外だと天ぷらでしょうか。小麦粉をつける前に、一旦衣をまぶしてから小麦粉をつけ、さらに衣をまぶすと剥がれることがありません。
DSCF1856_convert_20151024031424.jpg
辛くない唐辛子なので、誰でも食べられると思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

唐辛子もあまり食べることが無いので
育てた事も料理に使うことも無かったので
今度買って食べてみようかな!

早朝の乗客すくない電車から
おはようございます

我が家はゴマ油でさっと炒めただけで
食べることがおおいです
うまいよねぇ

我が家には
というか、こちらでは
見たことない輩だけど
ナンカ使ってみたくなる
そのフォルム!
( ̄▽ ̄)

それにしても
今年はトマトとならんで
ピーマン食べまくったなあ

No title

おはようさんです~ そう言えば満願寺唐辛子はこの時期でしたか?
天ぷら! 良いですね~ 美味しいです
居酒屋さんでは 普通に炒めてカツオブシを載せておしまいです お醤油をかけて食べるだけ(笑)

じゃこと万願寺の炊いたん・・・はい大阪でも言います~ なんでも タイタンと言うのです(笑)

No title

せいパパさんおはようございます。
家庭菜園でししとうを育てたことはありませんか?焼肉や天ぷらには欠かせない野菜だと思うのですが。せい君やママさんがあまり好きではないのかも?
育てるのは割と簡単ですが、アブラムシが付きやすいですね。その対策さえきちんとしておけば、十分収穫が望める野菜だと思います。。

No title

くるたんパパさんおはようございます。休日出勤ご苦労様です。
仰るように油で炒めて、塩胡椒だけでも美味いですね。ビールのつまみにも良いと思います。ただそういった使い方となると、やはり夏場なのかな?という気がしますね。この炒め煮だと、季節を問わずご飯や酒の肴になると思います。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
どちらかというと、関西周辺でしか作られていないと思います。北海道ではピーマンは作られているのですね。ピーマンの仲間ではありますが、使う地方が限られているようです。
こうやって炒め煮にするか、天ぷらにするのが一般的ですが、単に炭火で焼くだけでも結構美味かったりします。以前、黄桜のCMでありませんでしたか?あれは生だったか。

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
本来なら夏の野菜でしょう。でもこのあたりだと、同系統の「甘とう美人」や「福耳」しか出回りません。そう考えると、これはハウスで栽培しているのかもしれません。露地物だと、もっと形が崩れていますから。
関西では煮ることを「炊く」と言いますね。そんなこともあってこう呼ばれているのかもしれませんね。

No title

おはようございます。
緑色鮮やかに綺麗に揚っていますわぁ~
さくさくと食べたい~
じゃこと煮るのは大好きです、お弁当にも
入れますの、朝ご飯食べたのに見たら
食べたくなりましたわぁ~

No title

へるぞうさん、
おはようございます。

辛くない唐辛子なら
恐れることないですね(^^)v
ししとうもちょっと辛い私
ですが、大丈夫ですか(^◇^;)?

天ぷらにそそられます☆

No title

ムームーさんこんにちは。
じゃこと万願寺は今日のおばんざいとしても有名ですね。万願寺を買ってきたら、これは必ず作ります。ご飯のおかずには非常に好評で、すぐに無くなってしまうほどなのです。
あとは菜っ葉と揚げの炊いたんですか。葉付きの大根を買ってきたら、これも必ず作ります。

No title

杏さんこんにちは。
万願寺唐辛子は辛くないので、京都では色んな料理に使われているようです。ししとうはたまに辛い物がありますが、万願寺でそういった辛い物に当たったことはありません。ですから安心して食べて貰えそうです。
天ぷらにししとうがあった場合、杏さんなら食べますか?私はこれが大好きで、残したことがありません。魚介類の天ぷらを食べた合間には、これなんかちょうど良いと思いますね。

No title

松山ではたしか「アマトウガラシ」とか言ってるようで、
夏場にはよく食べます。
焼いて味噌をつけたり、小さく切ってソーメンの
上に乗せたり。
でもあまり好きじゃないです。

万願寺唐辛子・・・♪

こんにちは(*^_^*)

先日ピーマンがたくさん収穫出来たので、
似たような”ピーマンの炊いたん”を作りました。
意外と美味しかったです。
万願寺唐辛子、次回作って貰おうかなぁ~^^
 ↓ 有難うございました。
今度そういう機会があれば、試してみますね^^

No title

こんばんは。
おやまぁ、似たようなものを作りましたよ。
ピーマンとちりめんじゃこのきんぴらです。
見た目同じかも。(^~^*)

そうですね

ピーマンかと (^^♪
 
唐辛子~
新陳代謝が促進できる賀茂 (=^・^=)

No title

こんばんわ、青唐辛子は我が家も

義父が大好きで、甘めに味付けをして

煮ますが、万願寺唐辛子は
此方ではあまり見かけませんね。

道の駅なら解りませんが

スーパーにはないかと^^;

No title

nibari1498さんおはようございます。
万願寺の系統に「甘とう美人」という唐辛子があります。全国各地で栽培されているので、恐らくはそれではないかと思いますね。
まあピーマンが嫌いな方だと、これもあまり好きではないでしょうね。私はピーマンが嫌いではない、というか割と好きな方なので、唐辛子があれば買ってしまいます。

No title

cacocacoさんおはようございます。
万願寺がない場合、ピーマンでも代用できますね。緑黄色野菜とちりめんじゃこの取り合わせというのは、詳しくは分かりませんが栄養的には申し分ないのではと思います。京都の人の知恵でしょうね。
包丁の背で皮を引くというのは、文字で説明するのが難しいと思います。いずれ動画などを使って説明するつもりです。

No title

casa blancaさんおはようございます。
ピーマンなら手軽に作れますね。私の場合、ピーマンは焼肉や天ぷら、それから定番の青椒肉絲に使うことが多いように思います。でもピーマンが嫌いという人が意外に多くて、それを知らずに使って顰蹙を買った覚えがありました(笑)。
昔のピーマンはもっと青臭かったような気がするので、それからすれば随分食べやすくなった筈ですが…。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
ピーマンは作られているような気がしますが、万願寺はどうでしょうか?地方によっては、京都よりも生産量が多いところもあるようですね。感じとしては、割と育てやすいのかな?と思っています。
今年はプランターでししとうを栽培していましたが、アブラムシにやられてほとんど収穫出来ませんでした(涙)。

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
万願寺でない青唐辛子というと、甘とう美人か伏見唐辛子でしょうか?あれもそれほど辛いという感じではないので、甘辛く煮るというのも良いでしょうね。
西友には置いてありますよ。多分イトーヨーカドーにもあるでしょう。JAと比べると高いので買わないだけなのです(笑)。

No title

へるぞうさん、おはようございます。

ご質問の、ししとうですが。
正確には『齧ってみます』
で、食べられない辛さなら…
ごめんなさいします。。。

ししとうには口直しの
効果があるのですね。
なるほど☆
邪険にしちゃいけませんね(汗)

No title

杏さんおはようございます。こちらのコメントをうっかり見過ごしてしまいました。申し訳ありません。
辛くて食べられないししとうというのを、JA産直所で一度買った覚えがあります。確か袋に「激辛」と書いてあったのですが、大したことないだろうと食べてみると、これが飛びあがるほど辛い!!!世の中には私が食べられないほど辛い物があるということを知りました。
元々天ぷらは「江戸前」というぐらい、東京湾で獲れた魚介だけを使う料理だったのです。今でこそ野菜も当たり前のように出てきますが、昔はそういったこともあって口直しの意味しかなかったようです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する