𩺊(アラ)

一色漁港へ行ったところ、久し振りに𩺊(アラ)がありました。値段も手頃だったので買ったのは言うまでもありません。
DSCF1836_convert_20151023043516.jpg
ウェブリブログの時代には何度か書いたことがありますが、最近は一色漁港へ行く機会も減ってしまったので、見ることも少なくなりました。まあ、元々滅多にお目にかかれない魚ではあったのですが。
DSCF1837_convert_20151023043533.jpg
30㎝オーバーというのは最近では珍しいですね。見かけるのは大抵が20cm程度しかない若魚ばかりです。以前は1kgほどの物も水揚げされたのですが…。
DSCF1838_convert_20151023043552.jpg
三枚に卸して腹骨をすき取りました。
DSCF1846_convert_20151023043613.jpg
皮を引いたところです。実はスズキによく付いている寄生虫、粘液胞子虫が付いていたので、皮を引いて取り除く必要があったのです。数そのものは少なかったのですが、アラは深場にいるようなので、粘液胞子虫が付いていたのは意外でした。
DSCF1847_convert_20151023043632.jpg
アラは刺身にしても非常に美味ですが、頭が大きく歩留りが悪いので、鍋にするのが一番でしょう。これならアラの粗(アラ)まで使うことが出来ます。
DSCF1848_convert_20151023043647.jpg
身の部分は薄く削ぎ切りにして、しゃぶしゃぶです。鍋と刺身の両方を味わうことが出来ました。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。

この時期になると仕事から帰ってきてからの
鍋料理にホッとしますよね
大好きなお酒で、仕事の疲れも取れます。

来週半ばには一時的に仕事も一段落するので、
鍋料理でノンビリ一杯やりたいと思っています。

No title

一色漁港ネタは久し振りですね
寄生虫が居るとか
私には分からないから
食べちゃいそうですよ。

No title

 おはようございます。
 3枚に卸した後に鍋とはどんな食べ方をするのだろうと思ったのですが、しゃぶしゃぶにして、しかも刺身と両方味わうとは、なるほど自分には思いつきませんでした。^^;

No title

くるたんパパさんおはようございます。
そろそろ本格的な鍋のシーズンですね。鍋の良い点は、あまり調理に時間が掛からないことと、家族揃って鍋を囲むことが出来る点でしょう。冬場の鍋は一家団欒の象徴ですよね。
我が家ではちり鍋が多いのですが、そちらは確か湯豆腐でしたね。我が家もたまには湯豆腐をしてみましょうか?

No title

せいパパさんおはようございます。
アラは小さい物ならたまに見かけますが、これぐらいというのは本当に久し振りですね。以前は五キロぐらいある大物を見たことがありますが、最近ではまず見られません。値段も高いのですが、これは割と安く買うことが出来ました。
寄生虫自体はどんな魚にも付いていると思った方が良いのですが、粘液胞子虫とは思いませんでした。

No title

kouさんおはようございます。
最初は刺身にでもしようかと思いましたが、粘液胞子虫が付いていたので、一応加熱した方が良いかと思いちり鍋としゃぶしゃぶです。まあこうやって食べることも当然想定していたわけですが。
刺身はそのまま食べるよりも、ちょっと湯に通すと旨みが増すことがあります。アラのようなハタ科の魚はどちらかというとそんな感じですね。

No title

昨晩は 大根おろしハンバーグと
キムチ風味の湯豆腐!

 が、しかし 久しぶりに 休肝日
  達成o(^-^)o 

でも あら な 鍋が 目の前に鎮座したら

  うーん きっと 完敗だろうなぁ・・・

No title

こんにちは。
お鍋いいですねぇ~
毎晩でもたべたいですわぁ~
白菜は高いかしら、キャベツは高かったですわぁ。

あら~

あらのあら汁も
これまた美味しいんでしょうね (*^_^*)
 

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
大根おろしハンバークはともかく、キムチ風味の湯豆腐というのは初めて聞きました。ひょっとすると私が知らないだけで、湯豆腐好きのくるたんパパさんちでもやっているかもしれませんね。
ご飯のおかずだけだと、酒を飲まなくても何とか行けますが、酒の肴っぽいおかずだと、休肝日を守るのは結構難しいかもしれません。特にちり鍋なんかそんな感じですね。

No title

ムームーさんこんにちは。
アラはよくクエと間違えられる魚ですが、こちらの方が本家本元のアラです。博多名産のアラ鍋は、クエの方を指しているようですから、これとは違うようです。
一般には出回ることがない魚なので、食べたことがある人はごくわずかだと思います。私は市場に出入りする関係で、年に何度か食べる機会はあります。非常に美味い魚であるのは間違いありません。

No title

維真尽 (^^♪さんこんにちは。
アラは地方によっては「沖すずき」と呼ばれているように、スズキによく似ています。以前はスズキに近い魚とされていましたが、近年ハタ科に分類されるようになりました。ハタと同じく、滅多に水揚げされない魚で、非常に貴重だといえますね。高い物だとキロ¥3,500以上することがあります。

No title

刺身とシャブシャブ、贅沢な食べ方が出来ましたねぇ。
日本酒とともに食したいです。

No title

素朴単純な疑問です。
へるさんは肉は嫌いなんでしょうか。
一色さかなセンターでたびたび魚を求めていらっしゃいますか。

皮・・・!

こんばんは(*^_^*)

先日、大きめの鯵を夫が釣ってきました。
お刺身にしたくて、
3枚におろし、はら骨をすき取り、
皮を引こうとしたのですが、失敗!
結局、鯵フライに・・・笑
皮の引き方にコツはありますか!
よろしく^^

No title

MONTAさんおはようございます。
アラはハタ科の魚ということで、食べ方も刺身というよりも鍋物が一番だと思います。この種の魚は非常に味が良いのですが、頭でっかちで歩留りが良くないのです。全て使うとなると、刺身よりも鍋の方が無駄がありませんからね。しゃぶしゃぶにすれば、湯引きの刺身も愉しめるということになります。

No title

nibari1498さんおはようございます。
別段肉が嫌いということはありませんが、歳と共に脂が駄目になってきました。若い頃は肉を一キロぐらい平気で食べられたのですが。
むしろ肉であれば、内臓の方が良いですね。焼肉に行っても、ホルモンやレバーばかり食べていて、友人に「あんたは根っからの酒飲みやね」と呆れられるぐらいなのです(笑)。

No title

cacocacoさんおはようございます。
鯵の場合だと、尻尾の方ではなく、頭の方から挽いた方がやり易いと思います。その場合、ゼンゴ(ゼイゴ)を取っておく必要がありません。
それから包丁は刃の部分ではなく、背の部分を使った方が失敗しないように思います。もっともこれは柳刃を使っていることを前提にしているので、家庭用の三徳包丁をお使いなら、包丁ではなく指で剥がした方が良いかもしれません。

No title

おはようございます~ これから鍋の季節ですね~

アラは食べたことないような? ハタの仲間なんですね
美味しそうです~ 刺身で食べたいですが 虫が・・

それにしても・・肉を1キロも食べるなんて ビックリです~ あまり食べ過ぎないように♬

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
沖合い釣りの大物として、かつては人気があったようですが、最近では滅多に釣れないようです。こちらは底引き網漁なので、深場にいる物を獲りますが、年々小さい物ばかりになってしまいましたね。
ハタの仲間なので、身の持ちが抜群に良いのです。三日ぐらいは十分刺身になります。
肉の一キロというのはもう三十年以上昔の話です。今では半分でも無理でしょう。

No title

こんばんは。
あら、アラですか。
ん... 見たこと無いかも。
沖スズキということは、白身の魚
臭みもないんでしょうか?

うちは、サンマにも飽きてきたので、
金目鯛の煮付けでした。

No title

casa blancaさんおはようございます。
アラを見たことは多分ないと思います。ご主人が釣りをなさっていたので断言は出来ませんが、瀬戸内海のような所にはまず居ないでしょう。太平洋か日本海の深場に棲息していると思われます。白身としては、最高級の一つといえるでしょうね。
サンマが幾ら身体に良い成分があるといっても、たまには白身魚を食べたいというのはよく分かりますよ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する