碧南大浜の小羽イワシ

昨日一色漁港へ行ってみると、高橋カンパニーの向かいにある魚兼にイワシがありました。
DSCF8887_convert_20140830021417.jpg
ちょうど魚兼の次男坊がいたので話を聞くと、やはり碧南市の大浜漁港で獲れた物だとのことでした。もう少し詳しく聞いてみると、大浜漁港は巻き網漁でイワシを獲っているのだが、いつもイワシが獲れるというわけではなく、これがハマチだったりするとか。イワシの群れを追ってハマチが網にかかるのでしょう。なかなか興味深い話を聞きました。
DSCF8888_convert_20140830021443.jpg
この前のイワシと同じくサイズは「小羽」です。ただし魚兼の息子が「刺身でイケます」と言ったように、身が硬くてしっかりしています。こうでなくては生食は無理です。手開きしようにも、簡単に指が通らないほど弾力があるのです。
DSCF8889_convert_20140830021503.jpg
全部手開きにしたわけではありませんが、半分以上は開いておきました。いろんな使い道があって楽しみです。
DSCF8893_convert_20140830021530.jpg
生で食べるには、イワシの薄皮を剥く必要があります。ただし5㎝程度なので、大羽や中羽に比べると非常に大変です。
DSCF8895_convert_20140830021613.jpg
それでも刺身で賞味すると、大きなイワシにはない柔らかさがあって、捌く苦労が報われます。
DSCF8894_convert_20140830021549.jpg
イワシのてっぱい、俗にいうところの「ぬた」です。この前イワシを買った時に、実はこれをやりたかったのですが…。西京味噌と千鳥酢を使った芥子酢味噌が味を引き立てます。
DSCF8896_convert_20140830021631.jpg
山椒の佃煮を使った「有馬煮」にしてみました。やはり煮魚も鮮度が重要で、これまた非常に美味でした。
スポンサーサイト
コメント

No title

子供の頃はイワシは苦手でしたが、
お酒を飲むようになってからは、大好きになりました。

何より安く買えて、美味しい魚ですからね。

なるほど!
ぬたですかぁ。これは酒の肴には最高かも。

昨晩、新鮮なキビナゴを炙りながら一杯やってきました。
これも美味しかったです

No title

おんや 連日!わたしの 大好きが!!

続きますねえ。

でも、愛方が いまいちなんで

イワシさんは 朝メシで
焼けないんですねえ。
無念の日々を送るワタシ
  ┐( ̄ヘ ̄)┌

No title

仙台から、おはようございます。
 さすが一色漁港ですね。こんなに新鮮なイワシが手に入るのですか・・・
 そして、これまた、さすがまめなへるぞうさん。大変だったでしょう、山盛りのイワシをさばくのは。
 イワシのぬたと言うのは初めてです。美味しそうですね。いいなあ、これは食べてみたい。
 この山椒の実は以前出た「有馬山椒」ですね。我が家ではイワシといえば生姜や梅干を入れて煮るぐらいですから、この2品は憧れです。

 ところで、全国版のニュースでも報道されたでしょうか?昨日(29日)、岩手県の大船渡港に初サンマが水揚げされたそうです。初水揚げなので、20tほどと少ないのですが、形は良いそうです。キロ当たり1200~1300円の値がつきました。初物なので、少し高値です。漁場は根室沖200Kmと、やや遠いので、漁師さんたちは高値が付くのを願っているようです。
 まもなく、気仙沼港や石巻港にも入荷するようになるでしょう。秋はもうすぐです。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
昔は鮮度の良いイワシなんて、なかなか入手出来ませんでしたから、あまり料理の幅も広くはなかったと思います。今では刺身で食べられるイワシも珍しくありませんからね。
新鮮なイワシが手に入ったら、一度てっぱい(ぬた)をやってみたかったのです。これは日本酒にはよく合いますよ。まだ早いですが、燗酒ならなお良しです。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
高忠さんはイワシが大好きでも、奥方が駄目というと、あの紫式部とは逆ですか。サプリメントで有名なDHAも豊富なだけにちょっと残念ですね。
今年は北海道でもイワシが豊漁だと聞きます。その分、秋刀魚がなかなか獲れないとか。やはり今年は海がどうもおかしいようです。北海道の水産業に影響があまりなければ良いのですが…。

No title

あきあかねさんおはようございます。
一色漁港では巻き網漁がないので、残念ですがイワシは滅多に揚がりません。魚兼は碧南の大浜漁港の仲買もしているので、そこで獲れたイワシを一色に持って来るのです。
てっぱいは京都で食べられている料理のようです。京都では、ひょっとするとイワシは酢締めにしてあるかもしれませんね。
秋刀魚漁は今年は不漁だと聞きます。漁場が沖合遠くだと、漁師は原油高もあって、漁に行きたくても行けないでしょう。もう少し近海に秋刀魚の群れがやって来ると良いのですが。

No title

おはようございます。
小さなイワシ、マメですねぇ。
主夫の鏡、いや、主婦の敵かな?
イワシを生で食べたことはありませんが、
美味しそうですね。

生姜、梅と煮ることが多いですが、
山椒の佃煮と煮ると「有馬煮」と言うんですね。

はじめまして!

おはようございます!
せいパパさんの所から 参りました!
魚の捌き方・・・お上手ですが プロですか?v(^^)
私がやると 出刃包丁は切れない上に 手先が不器用ですから・・・魚がグチャ グチャになります(>_<)
へるぞう さんのブログで 旬の魚が何か・・・判りますね!(^^)♪

No title

casa blancaさんこんにちは。
文では簡単に書いていますが、実際は5㎝程度のイワシの皮を剥くのは大変で、爪の中がまっ黒に汚れてしまいました。それでもこれぐらいのサイズだと、腹骨を取らなくても骨が気にならないということは言えます。瀬戸内では小イワシ(カタクチイワシ)でしょうか。鮮度の良いイワシは生で食べてみると、イワシに対する見方が変わるように思います。
実山椒を使った煮物を有馬煮と呼びます。実山椒を梅雨前に作ったことは、ウェブリブログの方に書いていました。

No title

白雲さんはじめまして。わざわざ当ブログにお越し下さりありがとうございます。
私はプロの料理人ではありません。ブログをご覧になればお分かりでしょうが、とても金の取れる料理は作ることが出来ません。ただ魚に関しては、一色漁港の仲買に手伝いに行っているので、スーパーには並ばない旬の魚を入手することが出来るわけです。その点は恵まれた環境にあると言えます。
なるべく旬の食材を採り上げるようにしているブログですので、宜しければまたお越し下さい。

No title

新鮮な鰯は、刺身で食べるのが良いですねぇ。
生姜醤油で食べると笑顔になります。
確かに捌くのは手間ですが、その手間を裏切りませんねぇ。
以前、午前中に大量に釣った鰯を刺身で食べました。
美味しかった記憶が有ります。

No title

MONTAさんこんにちは。
やはり瀬戸内は小イワシでしょうか。あれはカタクチですが、鮮度の良い物は美味いでしょうね。一色漁港でも冬になるとカタクチイワシが揚がります。でも網でボロボロになっている物ばかりで、とても美味そうに思えません。
釣りで獲ってきたイワシなら、間違いなく美味い筈です。でも釣りで獲れるイワシなら、かなり大型でしょうね。ウルメかも知れません。

No title

 こんにちは、
 小羽イワシ、たくさん手に入りましたねぇ
 これだけあると全部を開くだけでも大変な作業だったのではないでしょうか。^^
 それはともかく、刺身に出来るほど新鮮なのは羨ましいです、小さくても薄皮を剥く必要はあるんですね。柚子味噌でいただく「ぬた」、とても美味しそうですね。^^

No title

kouさんこんにちは。
小羽イワシだったためか、値段は¥400でしたが、全部で七十匹近くありました。帰宅してから数の多さには改めて驚きました。
手開き自体はさほど時間はかからないのですが、問題は皮引きでした。時々皮だけでなく身もついてしまうことも度々です。
今回は西京味噌と芥子を入れてみましたが、柚子を加えても良いでしょうね。ただそれは冬まで待たないと柚子が入手出来ません。

No title

再びです。

ゴールデンウィーク頃、岸壁までイリコサイズの鰯の群れが回遊してきます。
故にカタクチ鰯だと思います。
それをサビキで釣り上げます。
僕が釣った時は、周辺でオキアミを撒いてくれたので、餌無しサビキ釣りで100匹以上釣り上げました。
群れが来たときは入れ食い状態で、一度に何匹もかかるので釣ってはバケツに入れの連続でした。
その頃には、その鰯を追って別の魚も近寄ってくるらしいです。
最近は行ってないんですけどねぇ~。

No title

この小さなイワシの皮を
剥くなんて根気のいる作業ですね。
その結果美味しい刺身になるなら
私も頑張るだろうな〜

No title

MONTAさんおはようございます。
サビキ釣りですか。聞いたことはありますが、自分がやったことはありません。それにしても、餌もなしに百匹とは凄いですね。カタクチイワシは人間様だけでなく、大きな魚の餌にもなりますから、ひょっとしたらそれを狙ってきたハマチなんかが釣れたりするかもしれませんね。一度やってみたいものです。

No title

せいパパさんおはようございます。
大羽や中羽は皮を引くのも楽ですが、5㎝ほどの小羽になると、皮を引こうにもとっかかりが掴みにくいので大変です。でも刺身にする場合、皮を引かないといけませんから、これは仕方ないところです。今朝も魚兼が大浜からイワシを持って来たようですが、既に売り切れていました。

No title

イワシを追ってハマチ…海老で鯛を釣る
イメージでしょうか。大きさ比的にも。
ほんの2ヶ月前、初めて生のイワシを
築地にてお寿司でいただきました。
こんなに美味しいものが!という位、
脂がのっていて、最後の1貫リクエストは
イワシに。

小さい魚を沢山開くのは手間でしょうが、
生よし煮てよしで、へるぞうさんの
腕がなりますね。
イワシも幸せです(*^^*)

No title

杏さんこんにちは。
築地なら、千葉や神奈川あたりから新鮮なイワシが送られてくるでしょうね。初めて生のイワシを食べられて如何でしたか?煮魚やフライとは違った、イワシの美味しさが分かったのではないかと思います。
今日はイワシではなく、それを食べようとするブリ…の幼魚を貰ってきました。数日中にブログの記事にする予定です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する