シーズンには早いけれど…。

先週の土曜日、一色漁港さかな村に行ってきました。行く前から雨が降っていて、途中土砂降りになったりと散々でした。この日は鱧三匹とトラフグを購入。600g程度しかない小振りのフグですが、冬までに勘を取り戻しておこうかということで買ってみました。
DSCF1493_convert_20150902033455.jpg
一色漁港では今年になってフグの売買が面倒になりました。以前も書いたのですが、阿呆な客がマフグの肝を食べて病院送りになったのが要因なのです。それ以降、一般客には有毒部位を取り除いた「みがき」の状態でしか売ってはくれません。まあある意味当然でしょうね。勿論私は顔パスです。
DSCF1516_convert_20150902033521.jpg
一応フグの捌き方は動画にしてありますが、ほとんどの人は必要ないでしょう。視たい方は過去のアーカイブから探してみて下さい。
それはともかく、トラフグは皮も可食部位なので、当然使います。フグの皮は三層構造になっていて、真皮、とうとうみ、身皮に分かれます。左から白皮のとうとうみ、黒皮のとうとうみ、身皮、黒皮の真皮、白皮の真皮です。このうち真皮については、大部分が棘に覆われていますから、それを包丁で漉き取ってやらなければなりません。これが一番難しい作業なのです。
DSCF1517_convert_20150902033539.jpg
フグは身の部分が少ないので、皮も使って刺身に添えるのが一般的です。
DSCF1515_convert_20150902033557.jpg
アラはちり鍋ですね。一度霜降りにしておくのが鉄則です。
DSCF1519_convert_20150902033615.jpg
フグのアラよりも豆腐の方が目立ってしまいました(笑)。
スポンサーサイト
コメント

オッハー(^_−)−☆

朝から、ナンカ
ありがたいモノを
拝んだ気分ですネェ。

自宅で本格的な
フグがいただける!

やっぱり、再び
そっちの近所への
引っ越しを妄想する
朝らしい_φ( ̄ー ̄ )

No title

おはようございます

へるぞうさんのご近所に住んでいたら、
毎晩、酒盛りですねぇ

自分は焼き魚、煮魚、大好きなのですが、
我が家は魚を食べる機会が少ないです。

生ゴミが増えるとか、
レンジを洗うのが大変とか
そんな理由です。

自分で調理するしかないようです(笑)

No title

おはようございます。
こういうものを捌いて食べさせて貰いたい~
いつも旬の野菜にお魚などいいなぁ。
私もご近所に~

No title

 おはようございます。
 先日の鱧の記事でチラッと写っていたフグですね。愛嬌のある顔だと思ってました。^^
 それにしても、今回もお見事な大皿の刺身ですねぇ。 皮は3層あるとのことですが、さらに白と黒とで5種類に分かれるとなると、その扱いも難しそうですね。充分勘を取り戻されたのではないでしょうか ^^

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
大きい物だと一匹一万以上しますが、これぐらいなら¥1,000ちょっとですから買うのは問題ありません。それに大きい物はやはり冬場に味わいたいものです。今の時期は痩せて美味くありません。
そのうち焼肉ならぬフグオフ会というのをやってみたいものです(笑)。

No title

くるたんパパさんおはようございます。
魚が好きな方は多いでしょうが、下処理や生ごみが出るのが嫌だから家ではしないという場合が多いでしょうね。勿体無いことです。
パパさんなら、魚の三枚卸しぐらい出来るでしょう。この前、秋刀魚を三枚卸しにしてくれと、スーパーで頼んでいた人がいました。これぐらい自分でやれませんかね?

No title

ムームーさんおはようございます。
流石にフグとなると、普通では無理ですね。スーパーでも刺身をパック詰めにして売っていますが、風味は著しく落ちています。やはり刺身は引いてすぐに食べる必要がありますね。
これからフグのシーズンです。出入りしていた仲買が止めてしまい、去年とは状況が違うのでどうなることやら…。ちょっと心配です。

No title

kouさんおはようございます。
その通りです。同じ店で買いました。店によればフグの免許証を見せる必要があるみたいですが、私は一度見せているのでその必要はありません。
それはともかく、この前捌いた時からしばらく経っているので、手順をすっかり忘れていました。今試験を受けても、恐らく受からないでしょう(笑)。

No title

おはようございます。
ツクツクボウシの鳴き声を聞きながら
読みました。

お安く手に入れてると言っても
魚はやはり高いでしょう。
毎日のように美味しいお魚を
召し上がってるへるぞうさんちの
エンゲル係数は高めかな?

それにしても見事なフグ三昧
朝からヨダレが出ます。
ご近所ならなぁ。

No title

こんちは~ 先日の写真の横にフグがあったので・・
待ってました~って感じです♪

捌きかた見事です~ね てっさも美味しいですが
アラが美味しいんですよね~
後の雑炊も美味しくて・・たまりませんね

いつも行く居酒屋でフグの会を20年くらいしてましたが
オヤジさんが年なので 最近は食べられないのが残念です~
あ~今年は美味しいてっちり!を食べるぞ~!(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そういえば長い間ふぐ刺し、ふぐちり食べてないなー。ここらだと下関のフグが有名なんですが。
今度料理店へ行って食べてこよーっと。

No title

河豚免許がないと出来ない技ですねぇ。

河豚の皮、この辺りは湯引きして細く切り、ポン酢で食べたりします。

河豚ザクと呼んでます。

お~

おもわず
合掌 (^^♪
神々しいですね (=^・^=)

No title

フグは知識が乏しいと
痛い目に会いますね。
でも、そのおかげて
捌いて売ることになったから
一般客は買いやすくなったのかな?

No title

casa blancaさんおはようございます。
仲買の親父さんが店をやっていた頃は、貰ってきた魚があったので買う必要がありませんでしたが、今は当たり前ですが全部自腹ですね。ただあまり買いたい魚がないので、何も買わずに帰ることもよくあります。なので毎日魚というわけでもありません。
フグだけは中毒が心配なので、送って差し上げることは出来ません。申し訳ありませんが。

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
大阪と兵庫は、フグの取扱いに試験がないそうです。知り合いにも大阪で免許を取った人がいますが、講習に参加して、その中で審査があるとのことでした。勿論東京のような難しい試験ではないので、それだけフグ料理が広まっていったのでしょうね。ただし、大阪や兵庫の免許(修了証)は、東京や愛知では使うことが出来ません。あくまで都道府県単位の資格なのです。

No title

nibari1498さんおはようございます。
下関の南風泊漁港は、フグの水揚げというよりも集積地といった感じでしょうか。ここに全国からフグが集まってくるとのことです。むしろ愛媛近海は良質なフグの漁場だと聞いたことがあります。ひょっとすると、下関のフグは愛媛で獲れた物かもしれませんよ。

No title

MONTAさんおはようございます。
都道府県でも違いがありますが、私が受けたフグの試験には皮引きがありました。実際これが一番大変で、何度も皮に穴を開けてしまったことがあります。皮を引かないと、棘が口に当たって食べられたものではありませんから。
多分食べ方は同じだと思います。刺身よりもこちらの方を好む人もいます。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
フグは冬の魚だと思われていますが、一色漁港では一年を通じてコンスタントに獲れています。水揚げが一番多いのは五月か六月頃でしょうか。その頃はちょうどフグの産卵期で、それから夏場は痩せて美味くありません。ただこれぐらいの大きさだと、まだ生殖腺が発達していないので、一年中味が変わらないといえそうです。

No title

せいパパさんおはようございます。
フグは買う方も免許が要りますが、売る方も同様で、店にフグを解体する場所がないといけないそうです。このフグを買った店も、今年になって大慌てで設えた場所でフグを捌いているようです。
仰る通りで、今までは余程自信のある素人しか買いませんでしたが、捌いて「みがき」にしてくれるので、買う人は増えているように思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する