養殖マハタ 前編

土曜日、近所のショッピングセンターに行ってみると、何やら見慣れない魚が…。どうもハタの仲間のようですが、遠くからではよく見えません。近づいて見てみるとマハタのようです。店の店員は「ハタマス」と呼んでいました。マスというのは、三重県の辺りでハタ科の魚をそう呼んでいるので、恐らく三重県産なのでしょう。値段はかなり高めでしたが、今年の夏は鰻も食べなかったので思い切って買ってみることにしました。
DSCF1454_convert_20150824032329.jpg
まだ仲買の親父さんが営業していた時には、何度も食べたマハタですが、最近ではずっとご無沙汰になっています。それにしても、マハタのイメージからすれば、ちょっと色が黒いような…。
DSCF1455_convert_20150824032346.jpg
鰓蓋を開けてみても、鮮度は非常に良いのが分かります。それに加えて表面が粘液で覆われているので、恐らくは活け締めしてから一日と経っていないのでしょう。
DSCF1456_convert_20150824032403.jpg
42㎝、1.3kgありました。
DSCF1458_convert_20150824032421.jpg
ハタのウロコは細かくてウロコ引きでは取り切れないので、プロは柳刃を使い皮の間に包丁を入れてすき取ります。所謂「すき引き」ですね。
DSCF1459_convert_20150824032440.jpg
内臓を取り出すと、大きな脂の塊がこびりついていました。ここにきてようやく、このマハタが養殖されたものなのだと確信しました。今まで天然物しか食べてこなかったので、どことなく外見上の違和感が拭いきれなかった訳です。最近は三重の尾鷲あたりでマハタの養殖をしていると聞いたことがあります。養殖というと天然よりも味が落ちると云われますが、最近では養殖技術も発達して天然と遜色ない物も多いとか。一体どんな味なのでしょうか。
DSCF1460_convert_20150824032501.jpg
三枚に卸して身質を見てみると、天然物が白いのに対して、ピンク色になっています。かなり脂が載っているような感じでした。

養殖マハタ 後編に続きます
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます

脂がのっていて、旨そうですね。
もちろん初めて見た魚ですが、さてどのように調理をするのでしょう。
煮ても美味しそうですが、今回はそれはないですね(笑)

No title

くるたんパパさんおはようございます。
普通に買うことが出来る魚のうち、ハタ科の魚は最高級魚といっても過言ではないでしょう。滅多に獲れない魚なので、養殖魚の方が多くなっているようです。鯛やヒラメの養殖魚は何度も食べていますが、ハタだけは食べたことがありませんでした。その味は…明日もお付き合い下さい。

No title

 おはようございます。
 マハタが養殖されているとは初めて知りました。自分も最近の養殖は天然に遜色ないと耳にしたことがあります。記事を読んでいて栄養が過多気味な印象を受けますが、どうなるか結果が興味あります。後編が楽しみです。^^

No title

kouさんおはようございます。
養殖魚というと鯛やハマチですが、餌などのコストを考えると、出荷する魚の値段が安くて業者は大変だとか。それならいっそ、もっと単価的に高い魚を養殖した方が…ということのようです。
養殖魚は狭い生け簀の中で育つので、どうしても脂肪過多になってしまいますね。そんなことも併せて、明日書く予定にしています。

No title

松山のほうでは「はたはた」と言ってるようで、ほとんど見かけない魚です。食べた記憶がありません。
こちらでは「ハマチ」「タイ」が顔をきかしています。
多分両方とも養殖でしょうが、丼物で頼むとてんこ盛りです。胃の調子が悪くなります。

No title

こんにちは。
養殖魚はやっぱり違うのでしょうね。
何気に買っています。
明日を楽しみにしています。

No title

こんちは~
見たことあるような気はするんですが、
マハタという名前には記憶がないから
やっぱり見たこと無いのかなぁ~
ってっどっちやねん。(笑)

これは養殖もののようですが、
検索すると、幻の高級魚と出てきました。
機会あらば食べてみたいです。

No title

nibari1498さんこんにちは。
このマハタは知らなくても、アコウ(キジハタ)はご存知だと思います。瀬戸内海はアコウの良い漁場なので。ただし値段はとても高いですね。これも最近養殖がなされているようです。
愛媛では、特産のミカンを餌にしてブランド化している鯛もいるらしいのです。下手な天然物よりも高値で取引されているとか。地元なので食べたことがおありかもしれません。

No title

ムームーさんこんにちは。
今や流通している高級魚の大部分が養殖ですから、その現実は受け入れないと駄目でしょうね。養殖は平目、鰤、鯛、河豚などが知られていますが、最近ではクロマグロも…。一番癖のないのがクルマエビというのはあまり知られていません。魚と違い脂がないので、餌の臭いがしないのです。

No title

casa blancaさんこんにちは。
以前ウェブリブログで何回か採り上げましたから、それで見たことがあるのかもしれません。一色漁港でも一キロを超えるサイズは一年に一度あるかないかという滅多に獲れない魚なのです。
確かにクエと並んで幻の魚扱いされています。ただ養殖物であれば、入手することは出来るかと。鰻を食べに行くことを我慢すれば、何とか…。

No title

ああ・・・ いけず!!!

そんなところで 終わるなんて…

 いや まて こやつが育ったのは

 いけす!  

そっか 洒落たのか 

 と 勝手に 納得♪( ´θ`)ノ

マハタ・・・♪

こんばんは(*^_^*)

マハタ・・・
全く馴染みのない魚です。
3枚におろして、何になるのでしょう^^
期待が膨らみます♪

No title

マハタと言えば高級魚の印象が有りますが、養殖もされてるんですねぇ。

何時ものごとく見事な三枚おろし。

刺身で食されたのでしょうか???

No title

そうなんですか
高級魚~なんですね (^^♪
どんな味がするんでしょうね (=^・^=)

No title

流石ですね
最初から違和感を感じていて
捌いてみて養殖物だと分かったなんて
プロですね。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんおはようございます。
久し振りのマハタなので、丁寧に捌いていたら写真が増えて一回で収まらなくなりました。ということですから、料理としては今朝の記事に書いてあるのでご覧ください。とはいえ、素材が良ければ良いほど、あまり手を加えない方が良いですね。何事もシンプルイズベストです。

No title

cacocacoさんおはようございます。
スーパーに並んでいる魚かというと「NO!」でしょうね。料理屋向けの魚なので、見る機会もほとんどないように思います。実際これを買ったショッピングセンターは対面販売で、いろんな魚を置いていますが、マハタは年に数回あるかないか…。私も見たのは二度しかありません。漁港でもこれは滅多に見ない魚なのです。

No title

MONTAさんおはようございます。
これは恐らく尾鷲産のようですが、調べてみると、愛媛でもマハタの養殖が行われているようです。真鯛と同じく、餌に特産のミカンを練り込んでいるとのこと。ひょっとすると、近所で食べられるかもしれませんね。
刺身も美味いのですが、ハタの一族は鍋に止めを刺します。ということで鍋になります。

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
マハタはあまり見かけないかもしれませんが、仲間のキジハタ(アコウ)は日本海側、山陰の方でもよく水揚げされているようです。ネットで鮮魚を販売しているところは、島根の益田港で買い付けをしているようですが、キジハタやクエが結構水揚げされているようで、私も買ったことがあります。

No title

せいパパさんおはようございます。
これまで天然物ばかりを扱ってきましたから、同じ魚でも違和感を感じていました。それに天然物であればこの値段は安すぎるなという感じだったのです。
店員に聞いたわけではありませんが、間違いなく養殖物です。身質や脂の多さ、外見の色などは、いくら養殖技術が発達したといっても、どうしても天然とは異なる物になってしまうのです。

No title

こんばんわ、此方ではあまり見かけない

お魚のようですが。。。

鯛のような淡白なお味でしょうか?

No title

忍舞(しのぶ)さんおはようございます。
ハタ科の魚は市場から料理屋に行くことがほとんどなので、一般に買うことは困難だと思います。私は市場に出入りしていたので、何度か食べたことがあるわけです。
鯛は淡泊とは言い切れません。旨みと脂のバランスが非常に良く、それが為に魚の王様と称されているわけです。ハタはその上を行くでしょうね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する