金刀比羅宮(こんぴらさん)参拝 その二

昨日の続きです。なお正確を期すために、名称を金刀比羅宮に変更しました。
DSCF0111_convert_20150707040430.jpg
大門を抜けると、坂道ではなく平坦な道がしばらく続きます。写真を撮るのは控えたのですが、このあたりに加美代飴を売っている人が五人いて「五人百姓」と呼ばれています。神社の境内は商売が禁止されているのですが、この人達だけは例外として認められているとか。
DSCF0112_convert_20150707040529.jpg
さらに階段を登っていくと、何やら大きな建築物が。残念ながらこれは御本宮ではなく「旭社」と呼ばれる建物です。あわて者の石松はここが御本宮だと勘違いして、次郎長から預かった刀をここに奉納したと云われています。
DSCF0113_convert_20150707040602.jpg
旭社を過ぎると御本宮まであとわずか。ただしきつい階段が連続するので登りきるのが大変です。
DSCF0114_convert_20150707040639.jpg
とうとう御本宮へ到着しました。琴電琴平駅からの所要時間は、大体三十分ぐらいでしょうか。
DSCF0115_convert_20150707040703.jpg
ここから讃岐平野を一望することが出来ます。あれが讃岐富士と呼ばれる飯野山のようです。
DSCF0116_convert_20150707040733.jpg
御本宮に参拝してこれで終わり、といきたいところですが、実はまだその先があったのです。

金刀比羅宮(こんぴらさん)参拝 その三に続きます

スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
自分も行きたかったです。
早朝の飛行機で高松入れすればよかったかなぁと
ちょっと後悔しています。
金比羅山は、へるぞうさんの記事をみて
行った気分になろうと思っています。
明日以降もよろしくお願いします(*^^)/

No title

 おはようございます。
 自分が以前、香川県を旅行した際に行ってみたいと思った金刀比羅宮。滞在予定時間の関係でうどん巡りを優先してしまいましたが、土産話をした相手からは、香川に行ったのになぜ行かなかったのかと責められました。^^; こうやって画像を見ると、山自体が祀られているような壮大な神社なのですね。^^

No title

くるたんパパさんおはようございます。
せっかく四国へ行くのだから、こんぴらさんには是非とも行っておきたかったのです。むしろこちらの方を、自分としては優先していたと思います(笑)。実はこの後が大変でしたね。それについてはまた明日書くことにしますので、よろしくお願いします。

No title

kouさんおはようございます。
もう三年ほど前でしょうか、kouさんが香川のうどん巡りをしたのは。関心がなかったわけではありませんが、コメントに書くような話題がなかったので、非常に残念に思っていました。ただ別段こんぴらさんに行かなくても、当初の予定通りうどん屋を訪ねて行ったのですから、それで良かったのではないでしょうか。次に訪れる際には、参拝する方をメインにして、ついでにうどん屋もはしごすれば良いと思いますよ。

No title

おはようございます。
長い階段をのぼって見た景色にほっと
しますね、讃岐富士綺麗です~
金毘羅さんは立派ですね。

No title

へるぞうさん、
おはようございます。

地元出身者としては、見慣れた
懐かしい風景なのですが、
コメントを見ると、他県の方の
関心の高さが伺えます。
そして、讃岐富士が飯野山だと
いうことを、今ここで思い出した
自分の無関心さを猛省…(´Д` )

No title

ムームーさんおはようございます。
どうも金刀比羅宮の階段は、建物の近くになると、急に傾斜が厳しく、しかも長くなっているように思いました。その分、登り切った後の達成感は増しますね。
あいにくの天候でしたが、讃岐富士はしっかり見ることができました。

No title

杏さんおはようございます。
江戸時代、一生に一度はこんぴらさんに参拝するのが庶民の夢でしたから、地元以外の人間が高い関心を寄せるというのも当然でしょう。私も長い間の念願が叶ったという感じなのです。
讃岐富士がそれだけ身近であるという証拠でしょう。でも正式名称は覚えておかないと、他県の人間から呆れられるかもしれませんよ(笑)。

No title

仙台から、おはようございます。

ながっ!!
琴電琴平駅から御本宮までの所要時間が30分!
ほとんどが階段なんでしょう?
噂には聞いていましたが・・・
私なら、「死にそう!」・・・

山形に「山寺(立石寺)」と言う所が有るのですが、そこの階段も急で長くって、国道からその階段を見上げて、「・・・・、うん、やめよう!」と呟いてスルーパスした私ですので・・・

ところで、「加美代飴」に、「五人百姓」ですと?!
ふ~ん、おもしろそうですねぇ・・・
「加美代」とは、「神代」に掛けたネーミングなんでしょうね。ふ~ん、いわくありげだ。

No title

長年の思いが叶って良かったですね。
こんぴらさん、ちゃんとポイントを押さえてる
のは流石です。

さぬき平野にぽっこり浮かぶ飯野山
ええ感じに撮れてますね。

No title

あらためて 旅に予習は 必須事項なんだと
お教えいただいている わたしですから・・
我が家 成行旅だからなぁ・・・
でも、あの瞬間 わたしと へるぞうさん
そして テスさんが
打合せなしで そばにいたんだねぇ。

 流石は 雨の日は 御利益三倍!!

No title

広い境内の神社ですね
どこまで行けば良いのか
惑わせるつくりは意図的なのかな?
面白いスポットですね。

No title

あきあかねさんこんにちは。
琴電琴平から金刀比羅宮の入り口までは平たんな道です。大体私の足で7~8分といったところでしょうか。それから登りに入るわけです。ということで全部階段ではありませんよ。
ご指摘のように、加美代は神代に由来していると思います。ただ五人百姓というのは分かりませんね。字が違いますが、市内に「伍人百姓」という居酒屋があります。経営者が香川出身なのでしょうか?

No title

casa blancaさんこんにちは。
それでも意外と見逃しているスポットがあります。例えばこんぴら狗ですね。どこにあるのか見逃してしまいました。それと一段だけ下りの階段があるようですが、一体どこにあったのかさっぱり分かりませんでした。とにかく上への一念でしたから。さらには宝物館と書院です。これは有料だったので止めました(笑)。

No title

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さんこんにちは。
昔家族で京都旅行に行って、死んだ親父に任せていたら名所を巡ることすら出来ませんでした。親父は元々計画性のない男で、いつも行き当たりばったりの旅行になってしまうのです。ああいう男にはなるまいといつも思っていましたが、ちょっと薬が効きすぎましたか(笑)。ただ善通寺に行った際、ふと乃木大将の記念館に行きたくなったので、全てが計画に沿っていたわけでもないのですよ。結局、足が痛くなって止めましたが。

No title

せいパパさんこんにちは。
参拝する経路はちゃんと示してありますから、迷うようなことはありません。御本宮と、奥社というのは祀られている祭神が違いますから、扱いとしては別になりますね。大部分の人は御本宮に参拝して降りていきます。奥社を目指すのは一割いるかどうかのようです。

奥宮~

20代のころいってますが
奥宮まではいってないなぁ

明日も楽しみ (=^・^=)

No title

維真尽(^^♪さんおはようございます。
大部分の人は、御本宮で参拝して、御守りやお札を買って帰ると思います。ただその上があるのに行かないなんて勿体ない…ということで、来る前から奥社まで登るつもりでいました。ただいろいろと予想外な事が…続きは今日の記事をご覧ください(笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する