バイ貝

いつも通っている近所のスーパーですが、少し離れたところに系列店があります。初めのうちは同じ会社なので品揃えもあまり変わらないように思っていましたが、どうやら少し違うようで、近くの店にはないものがあったりします。
DSCF1134_convert_20150702023446.jpg
この日はバイ貝がありました。近所の店では見かけたことがありません。
DSCF1135_convert_20150702023505.jpg
しかも非常に活きが良く、ラップを突き破っていました。
DSCF1136_convert_20150702023522.jpg
取り出してみましたが、全部活きていました。
DSCF1139_convert_20150702023540.jpg
バイ貝は酒と醤油で煮付けるのが定番です。
DSCF1140_convert_20150702023607.jpg
これは酒の肴にはもってこいですね。
DSCF1141_convert_20150702023623.jpg
爪楊枝を突き刺して、注意しながら引っ張ると肝先までつるりと取れます。
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
バイ貝に限りませんが、
爪楊枝でスルッと取り出す感じが、大好きですよ。

今回の高松オフ会では、皆さんがアルコールをたんまり準備していただいたので、こっちは釜石から旬の活ホタテを送る手配をしました。焼いてもいいし、刺身でもいただけると思います。調理はへるぞうさんにお任せできるしね(^_-)-☆よろしくお願いします。
よろしくお願いし

No title

 おはようございます。
 貝の種類はあまり詳しくなく、あさり以外の貝を料理したことがありませんが、いつか料理してみたいと思っているジャンルです。バイ貝は酒と醤油で煮付けるのですね。火の通し加減に気をつければ自分にもなんとか出来そうです。^^
 casa-blancaさんのお宅で高松オフ会が開かれるのですね。へるぞうさんも料理を腕を振るうとなれば、みなさんで賑やかに盛り上がりそうですね。^^

No title

くるたんパパさんおはようございます。
バイ貝は爪楊枝で簡単に出せるから良いのですが、中には殻を割らないと取り出せない物もあるので、正直巻貝はあまり好きではありませんね。
了解しました。それなりの用意はしていきますが、包丁だけは持っていくことが出来ません。casa blancaさんちの物を使うしかないようです。

No title

kouさんおはようございます。
バイ貝を煮るのは非常に簡単です。バイ貝を入れて出し汁に酒と濃口醤油を加え、落し蓋をして五分ほど煮れば十分です。酒の肴には非常に良いですね。
最初は軽い気持ちで参加するといったことが現実になりつつあります。まさに瓢箪から駒ですね。ということで週末出かけます。

No title

おはようざいます~
バイ貝! いつも行く居酒屋で良く食べましたね
お習字の先生が大好きで 横から食べるほうが多いですが(笑)
台湾料理でしじみの醤油付け!を思い出しました
生のままお醤油とニンニクでつけてるんですが・・クセがあったけど 美味しかったですね
包丁はキャンプ用のを持って行きますので 使ってくださいね 

No title

テス(nosaman)さんおはようございます。
バイ貝の煮た物は安いこともあって、居酒屋のメニューにありそうですね。残念ながら、私は見たことがありません。
シジミの醤油漬けですか。近くを流れている矢作川の河口付近で、シジミ漁がおこなわれていますが、あの辺りは漁労権が必要ないそうです。ですから、定年になった人が小遣い稼ぎでシジミを獲っています。

No title

仙台から、おはようございます。

あれ?
包丁って、調理師免許を持っていないと持ち運びできないんでしたっけ?
たしか、目的がはっきりしていて、移動中に他を傷つけないようにして運べばよかったんじゃないですか?私も時々持ち運びしていましたよ。
(ちなみに、調理師免許状は、賞状のように大きい物で、携帯には不便です。)

で、バイガイは見たことはあるのですが、食べたことはありません。つぶ貝のような味なのですか?

で、これは余計な話なのですが、昨日読んだ江戸時代の戯作本に、「貝打ち」という遊びが出ていました。地面に置いた貝に、手に持った貝を打ち当ててひっくり返す遊びなのですが、「面子(めんこ)」の起源ですね。これにバイガイが使わていた、と注が入っていました。
バイガイは「ベーゴマ」に起源ではありますが、「面子」の起源でも使われいたのか、とちょっとした発見でした。

No title

おはようございます。
食べたことがありませんが、美味しそう~
爪楊枝でひっぱりだすのは楽しそう。
サザエを思い出しました。

No title

一巻貝はサザエなどしか(もともと貝類があまり好きでない)食べたことがなく、はじめてこの貝を見ました。
スーパーなどでは貝を置いている場所はほとんど耳気もせずに素通りが多い。一度食してみる値打ちがありますか。

No title

あきあかねさんこんにちは。
調理師云々というよりも、銃刀法に引っかかる場合があるのです。勿論正当な理由があれば良いのですが、昨日もJR高山線内でトラブルがあったばかりなので、余計な揉め事に巻き込まれないようにしようと思っています。
バイ貝がベーゴマの起源というのは知られていますが、面子とも関係があったとは…。全然知りませんでした。勉強になりますね。

No title

ムームーさんこんにちは。
バイ貝の場合、サザエなんかよりも簡単ですよ。サザエは時々、肝先が千切れてしまうことがあって、あまり使いたいとは思いませんね。今の時期は、二枚貝は貝毒が心配なので、巻き貝ということになります。例外としてはイワガキでしょうか。いずれ書くつもりです。

No title

nibari1498さんこんにちは。
アサリやシジミを除くと、貝はスーパーによっては置いていないところもあるようですね。特に巻き貝ですが、これは少ないです。対面販売をしているようなスーパーだと扱っていることありますが。そうそう、あのアワビも巻き貝なんですね。以前はアワビを天ぷらにするといった、罰当たりな事もしていましたが、もう無理のようです。

No title

おはようございます。
バイ貝、5分煮ただけでできるとは、
酒の肴に1品添えられますね。
見掛けたら買いですが、置いてあるかなぁ。
それが問題ですね。

No title

casa blancaさんこんにちは。
バイ貝は日本海側でよく獲れるようです。意外と簡単に煮付けることが出来るので、酒の肴には良いでしょうね。ただし燗酒向きのような気がします。
詳しくは分かりませんが、高松の市場だと、瀬戸内の魚が多いように思うので、送り(他の市場から送ってくる魚)に期待するぐらいでしょうね。

No title

間違いなくお酒とともに食したい一品です。
とは言え、貝を上手に煮るのは難しいと思うのですが。

No title

MONTAさんこんばんわ。
アワビを煮る場合だと、どのくらい煮るのかが難しいと思いますが、バイ貝はさっと煮る感じで十分なので、さほど難しくないと思います。
これは日本酒でしょうね。甘辛く煮た物は日本酒によく合います。出来れば燗酒にしたいところですが…。

No title

今は貝をあまり食べませんが
以前はよく食べてました。
海に貝を採りに行ってたので
楽しさと美味しさの
両方を味わってました。
タニシみたいな巻貝たち
名前が分からないので
今度採りに行く機会があったら
アップしますね。

No title

せいパパさんおはようございます。
鹿島灘はハマグリの産地として有名ですね。ハマグリと言っても本ハマグリではなくチョウセンハマグリになるようですが。今年は三河湾でもアサリが不漁でした。年々魚介類が獲れなくなっているようです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する